自然医学                            工藤清敏


西洋医学、東洋医学、そして自然医学

 

心は切り離して、臓器、固体を科学的に処置 西洋医学さん

 

東洋医学 陰陽も考えて 血液や意識にも働きかける 東洋医学さん

 

自然のバランスや生命の歴史をベースにおおらかに自然医学さん

 

どこもきちっと理論化されていませんが、つい誰かに学んでしまうと、知らない人に知ったかぶりする場合があります。

 

また、師匠の考えを鵜呑みにして、相手を上から目線で切る場合もあります。

 

ほとんどが仮説です。

 

野菜が体を冷やす

果物が体を冷やす

糖がガンのエサだから、、、。

 

こういう考え方になっている専門家もいます。

 

僕はそうではなくて、哺乳類の食の歴史から、理論やその教えにとらわれずに実行しています。

 

タンパク質とか脂質とかの分離発想学問は 参考程度にします。

 

リコピンがいいとか、そんなことにはとらわれません。

 

トマト一個にたくさんのビタミン、ミネラル、他たくさんの物質があり、その全体の働きという視点を忘れません。

 

ニンニクはアリシンがとか、そういう差別化も気にしません。

 

人類の歴史で、病院や医師がいたのは0.00001%の時間もありません。

その間に、草や果物や肉や魚を生中心で食べてきました。

そうやって命をつないできた!

そのことを気にします。

 

仲間の哺乳類達が具合が悪くなるとどうするか

そのことは気にしています。

 

僕が言いたいのは、学にとらわれないことです。

先人の学は学び参考にするものです。

 

全体で摂取すれば、野菜も果物も玄米もサツマイモも僕らのいいエネルギーになるそう思っています。

 

野菜や果物は、とってくださいね?。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放