自然免疫を活性化して免疫力をあげる                吉冨 信長


「善玉菌の宝庫である発酵食品を食べても胃酸で殺菌されるし、加熱すれば菌は死んでしまうからあまり意味がないのでは。」

 

こういう声が多いのも無理がありませんが、腸内環境を整えていき免疫力をあげる効果は実はこの「死菌」こそが大きいのです。

確かに私たち現代人の腸内環境を健康的に整えていくには菌の多様性が大事であり、さらに善玉菌といわれる腸内を守る微生物を増やしていくことが鍵になりますので、どうしても「生きた菌」に焦点をあててしまいますが、実はそれよりも大事なものがあるのです。

 

免疫には機能的に2つの仕組みがあります。

自然免疫と獲得免疫です。

簡単に言うと、自然免疫は生まれた時から自然に備わっている免疫のことです。

また、獲得免疫とは生まれた後に経験しながら獲得していく免疫のことです。

 

たとえば私たちが傷を負ったり、腐敗したものを口にした場合に、そこから病原菌が侵入したとします。

そうすると、自然免疫のセンサーが反応し、まずは最初の免疫が活性されます。

マクロファージや顆粒球といった免疫細胞(白血球)が侵入してきた病原菌や化学物質などを食べていきます。

しかし、これらの防御では手に負えなくなると獲得免疫が作動し、病原体に向かって目印をつけます。

これが抗体といわれるものです。

抗体は目印という役割だけでなく、同時に病原体を無害化する働きもあります。

こういった一連の流れが免疫にはあります。

 

しかし、獲得免疫の働きはそもそも万能ではありません。

なぜなら、抗体の製造には5~7日ほどかかるといわれており、さらに同じタイプの病原体でもほんの少しでも変異していれば識別できなくなるために、また新たな抗体を作る必要があるからです。

 

アレルギーは、獲得免疫の過剰反応によって起きるものです。

アレルギーになる人は、免疫細胞(白血球)がなぜか通常の型とは異なる抗体を作ってしまうことに起因しています。

通常の型とは異なる抗体を作ってしまうことで、この抗体がアレルゲン(食べ物、花粉など)とくっついて肥満細胞を刺激し、炎症物質を放出してしまうのです。

 

アレルギーなどを発症しない健常な人は、獲得免疫より自然免疫の方を活性していることにより、アレルギーが起こりにくい状態になっています。

免疫を正常に機能させていくには、最初の段階である自然免疫の働きが重要です。

自然免疫を簡単に突破され獲得免疫ばかりを頼りにしていると、病原体と病原体ではない正常なものの区別が機能しにくくなるからです。

 

自然免疫を活性化していくには、自然免疫のセンサーを作動させることが大事です。

自然免疫のセンサーは菌やウィルスそのものではなく、実は菌の菌体成分や菌の分泌物に反応しています。

土壌ではなくコンクリート上で生活する近代人は特に乳酸菌の菌体成分が重要となってきます。

 

自然免疫のセンサーは乳酸菌そのものではなく、乳酸菌の菌体成分に反応しているため、生きた菌にこだわる必要はなく、どちらかというと菌の数が大事です。

あるマウス実験では、乳酸菌をまぜたエサのグループと、加熱殺菌した乳酸菌をまぜたエサのグループを比較したところ、後者のほうが良い結果になりました。

これは生きた菌そのものではなく、乳酸菌の菌体成分や分泌物に腸を正常化する要因があるからです。

 

また、あるマウス実験では通常のエサ、ミルクをまぜたエサ、殺菌した酸乳をまぜたエサを生涯投与したところ、殺菌酸乳したエサのグループが有意に寿命が長く、腸内フローラの善玉菌数が他のグループよりも10倍多かったそうです。

殺菌酸乳とは乳酸菌を7日以上培養したのちに殺菌したものです。

死菌も多く含まれるため菌数も多いようです。

生きた菌では培養が2・3日しか続かず菌体成分や菌数は増えず、活性の効果も期待できません。

 

このように、自然免疫のセンサーを反応させることが目的のため、生きた菌を腸に届けること自体は重要ではなく、菌体成分や菌の分泌物そして何より菌の数こそが大事になってきます。

包括すれば、死んだ菌こそが大事になるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放