自然の摂理に従って取り組む                   中山栄基


近代文明社会で生じている種々の現代病は自然の摂理に従って取り組めば、アーユルベーダー、ガストネサンのソマチッドしかり、又、植物マグマしかり、70~80%は良化の方向へと向かっており、この手法をあらゆる生活の場で利用すれば、図り知れない利点をもたらすと痛感している昨今である。

 

この1年間を振り返って、私は前文に書いたように我々の生活全体を自然の摂理に従って実践していったら、概ね健康で、穏やかな人生を過ごせるものと感じています。

 

昔はお天道様が昇る前の明るくなった頃から起き、ご飯を食べ、仕事をして、暗くなったら体を休める、ところが、電力、ガス、石油、石炭、原子力などの開発、使用等によって人間の生活状況は一変してしまいました。

我々はその恩恵の真っ只中で、人生を歩んでいます。

日本人は江戸時代までと明治、大正、昭和20年まで、そして第2次大戦以降とそれぞれで大きく変わりました。

1億人以上の人間が狭い日本列島の中で生活しているのですから、江戸や明治、大正時代の暮らしと一変するのは当たり前ですが、人間の体とは都合良く生活環境に適応して丈夫にはならないのですね。

確かに寿命は延び、便利な世の中を横臥できてはいるのですが、兎も角、病気になる人が多すぎるのです。

それも酷い痛みなどを伴う病気が多いので、長生きしても苦痛の連続で死ねないのです。

これとは逆に認知症の場合は当人はわからないのかも知れませんが、周りの人がその世話で大変です。

 

又、脳、神経系の障害になると、運動・言語・知的障害など日常生活が困難になるので、これも大変です。

第2次大戦以降、驚異の復活を遂げてきた日本のこの70年間で、文明は大変な進歩を遂げたにも拘わらず、健康面では不安材料が一杯です。

一体、何が起こって、こうなったのかと一言で言えば、化学物質の台頭ではないかと考えます。

 

私たちの体に、それまで地球上に存在していなかった未知の物質が侵入してきたことで、体は対応に大変な労力を使っているものと考えます。

つまり、私たち現代人は自分達が開発した化学物質など文明の力によって生命活動に異常が生じて現代病なる病が多発してしまったと考えられます。

 

こうした現代病の治療に化学物質の薬剤を用いるのは理論が成り立たないと私は思います。

現代人の生活の場は今や自然界から人工界へと変わり、人工物質の中で暮らしていると言ってもいいと考えます。

つまり、現代病の原因は自然界のバランスとエネルギーなどの決定的な欠如が私たちを襲っていることに原因があるのではと考えれば、現代病の改善は出来ない話ではないと思います。

そこで、私は現代病に立ち向かう武器として野生生物ことに海藻、野草、樹木葉などの野生植物にターゲットをしぼり、これらを熔融マグマ化して有毒性を限りなく除去し、酸素を滅容させるた超還元無機元素体「植物マグマ」を開発しました。

 

私はこの植物マグマを様々な病気の方に摂取していただいたところ、血液・生化学検査データ生体とはとてつもなく、優れた性能を持って生命活動を展開していることが推理されました。

現在、医療は体を隅々まで近代器機を駆使して調べる技術が進んでおりますが、最終的な判断は病理学的な所見でないと判定出来ないのが現実と思われます。

しかし、血液・生化学・尿検査、糞便検査等を多項目、克明に更に、定期的に検査することで体内の情報をかなり正確に得ることができます。

 

生体は一つ一つの部位がそれぞれ勝手に行動しているのではなく、司令塔なる部門が体のすべての部門を見守り、すべての行動に、司令を与え、円滑な生命活動ができる最大限の運用をしている。

その為に、活動に優先順位をつけて、体に最も大切、重要なことから生命活動を行っているのではないでしょうか。

例えば、体に悪い影響を与えるものが入ってきた場合、最も大切な部位にはその悪影響が及ばないようなことをして、体を防衛するとか、良いものが入ってきた場合には最も必要なことに、それを使用するなど、行うべきことに常に優先順位をつけて、体を防衛しているのだと思います。

それが、植物マグマを摂取することによって、血液・生化学検査データにその証しが示されていることから確信した次第です。

 

勿論、これは私の推理によるものでありますが、植物マグマという、野生のエネルギーと生命バランスを兼ね備えたものを連続的に体内に取り入れることで、現代人があまりにも人工的な物質の摂取によって生じていた野生本能の著しい劣化を甦らせることで、体の司令塔が本来の機能を取り戻して、体を守る力を得ることで、生体は病気を少しづつ克服していくことが可能になると考える。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放