自前の名医                             mana


「自前の名医」たちに十分に働いてもらうための環境作りも大切です。

 

①体内修復以外の余分なエネルギー消費を抑えるために、夜の食事は軽く少なめにして、消化にかかるエネルギーを少なくする。

ただし、一日の栄養量としては、偏りがないよう、少なすぎないようにし、免疫力が高まるような良質のエネルギー補給を心がける。

 

②寝るときには、湯たんぽを活用して、足の付け根とお腹をしっかり温める。

足の付け根を温めることは、滞りやすい足の血流ポンプを正常にすることになり、それによって体内の血流全体をスムーズにできるので、老廃物や栄養の運搬、免疫細胞の速やかな移動などをサポートできる。

お腹を温めることは、小腸の働きをサポートすることになり、新しい細胞や免疫細胞の誕生を促したり、消化吸収を助けたり、排泄のためのサポートを行うことにもなる。

速やかで深い睡眠のためにも、お腹を温めることは効果がある。

 

③散歩など、日中に適度な運動を継続的に行い、筋肉や臓器そのものの働きを助けるサポートを心がける。

 

最低限でも、体内のインフラで大動脈であるも血管やリンパの流れをよくしなければいけません。

ドロドロし老廃物が滞るような血液では、健康体にはなれないでしょう。

食べ物や運動、寝るときの湯たんぽでの体の温めなどの全ては、体内インフラを整えて自前の名医が働きやすくするためです。

 

これは「体」だけのためです。

それに加えて「心」を健康にしないと名医たちはその能力を発揮してくれません。

病気の不安や、生活のストレスなどに押しつぶされそうになってしまうと、免疫力も活性を失います。

ストレスこそが、がんが大好きな環境です。

 

さまざまなストレスが消えないとには、割り箸を口にはさんで「笑顔もどき表情」を強制的に作ることも一案です。

口角が上がる表情を続けるだけで、脳は楽しい状態だと理解し、体内修復に必要なホルモンを分泌してくれますから。

 

自前の名医に働いてもらうことで、どんな高価なサプリメントや漢方薬よりも、より現時的・実質的な治癒が行われると、私は感じています。

古今東西のさまざまな療法も、突き詰めれば、体内環境を整えて免疫力を高める手段だと思うからです。

その先にあるものは、自前の名医=免疫力の働きによる治癒効果です。

 

せめてこのくらいのことは意識し、日常生活のリズムを作り直さないと、いくらお金をかけて民間療法をしても、成果は少ないと感じます。

がんになる前の生活習慣=がんになる環境が整った生活習慣…であることに気づいて、そこから正していかないと、せっかくの自前の名医たちの働き場を奪うことになります。

 

その昔、いろいろな人から教えられ、本を読み倒し、ネット情報の洪水に溺れそうになりながら得た知識でした。

 

「知っていて当たり前」と、いつのまにか思ってしまっていた「治癒の基礎知識」の再発信の大切さを感じています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放