自分を許せるようになった10のサイン                長根 明


1.過去をくよくよ考えない!

自分を許すということは、過去をくよくよ考えるよりも、それはそれで受け流し、今後どうするかにフォーカスできるようになることです。

 

2.自分のゴールの達成に忙しくなる

あなたが自分のゴールを達成したいと思っているなら、過去に囚われなくなった証拠です。

自分とその力を信じられるようになることで、あなたは劇的に進歩します。

 

3.新しい出会いにわくわくできる

新しい出会いや経験に心を開けるようになるのは、自分に満足し、これまで自分を閉じ込めていた檻から解放したからだと言えます。

 

4.自分が何をしたいか分かる

今いる自分の満足のために生きようと思えるのは、素晴らしいことです。

誰かの期待に応えられなかったり、追い求めるものが手に入らなかったことで、自分を責める必要はないからです。

 

5.ためにならない関係を切り離すことができる

ためにならない関係に時間を費やしても無益だと思えるようになります。

 

6.自分の感情に注意するようになる

感情を否定したり、自分の弱さだと隠すことなく、上手に付き合っていくことを考えるようになります。

 

7.より寛容になる

誰もが自分の痛みを抱えていて、それにより様々な行動が生まれていることが分かると、誰に対しても寛容な気持ちで接することが出来ます。

 

8.間違いを恐れなくなる

完璧さに囚われなくなり、人生をより柔軟な尺度で考え、小さなことに満足できるようになります。

 

9.他人の人生と自分の人生を比較しなくなる

これまでのすべての経験が今ある自分を作ったことが分かります。

あなたにはあなただけのテーマがあり、それは誰かと比べられることではないのです。

 

10.失敗から学べる

失敗をただ責めることなく、それはナチュラルに起きるものとし、そこから学べるようになると、過去の自分の思い違いも客観的に見えるようになります。

そのようなサイクルを繰り返していくことも、人生のうちだと理解するのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放