腸管造血理論                         斉藤 一治


食べものが腸の中で、血液となり、 その血液が細胞となり、 細胞が私たちの身体(組織細胞・体細胞の集合体)となります。

このような基本的なことを現在の医学は認めていません。

 

「医学」は「血液は骨髄で造られている」を前提としていて、これに基づき「医療」が行われています。 

ここに現代医療の致命的な欠陥があります。

「食べものが腸の中で、血液となる」という「腸造血理論」を唱えているのは、千島喜久男博士と森下敬一博士です。 

ここに、森下博士の著書「浄血すればガンは治る!」から「腸造血理論」を紹介したします。

 

「腸の粘膜は、消化された食物を積極的に自分の組織に取り込み、この取り組まれた食物はーアメーバーである腸の粘膜の中でーだんだん同化されていって、遂には赤血球に変わっていく」 まさしく、”食は血になる”のだ。

 

「腸でつくられた赤血球は、われわれの体内の隅から隅まで循環し、そして、すべての組織細胞に変化していっている。 

肝臓の細胞も、筋肉の細胞も、そして脳の細胞までも、実は、この赤血球から作られているのである。」

 

「生理学的には、いくつかの赤血球が寄り集まって一つの肝臓の細胞となったり、また一つの脳の細胞に変わっていったりしている。 

まさしく”血は肉になる”のである。」

 

「このように、赤血球の材料は食物である。

また、赤血球は体内のすべての組織細胞に変わっていくのであるから、われわれの体質や思考様式というものは、食物の如何によって左右される、ということになる。

”食は命なり”である。」

 

「消化された食物がー食物は一応、有機物と理解してよいわけだがー赤血球という非常に単純で幼稚な生命体につくり変えられ、次いで、それがより高次の生命体、すなわち体細胞に変わっていく。

従って、われわれの体内において、食物(有機物)から赤血球(原始的生命)、そして体細胞(高次元の生命)へ、という生命発展の過程が大急ぎで進行していくことになるのである。」

 

「かつて、この地球上において無機物から有機物へ、有機物から蛋白質へ、そして蛋白質がいろいろと組み合わされて、非常に幼稚な生命体の登場を見るに至った。

引き続いて、このアメーバのような低い次元の生命体が漸進的な発展を遂げ、ついに人間という段階に到達した。

 

それとまったく同じような変化が、われわれの体の中で、非常に短い時間の間で、驚くほどすみやかに進行しているのである。

 

すなわち、消化という名の”物質発展”と”細胞新生”の過程、それに低次元(赤血球)から高次生命(体細胞)への融合化成、すなわち分化が見出されるのである。

これは実をいうと、大変な出来事である。

 

この地球上では、数十億年もかけて引き起こされた現象が、われわれの体内では、わずか1日か2日の間でーその数十億年を要した細胞への発展の歴史がー繰り返されるということになる。

 

そういう意味では、われわれの体というものは、まったく霊妙不可思議な存在であるといえよう。

 

それはともかく、腹具合を悪くしたり、下痢をしたり、断食をしたりして、腸の造血が行われなくなると、今度は逆に、体内の各組織細胞から、もとの赤血球に逆戻りをしはじめる。

 

例えば、下痢が何日か続いて体重が減り、痩せてくるというのは、それは皮下脂肪が赤血球に逆戻りしていくからである。

痩せるという現象は、生化学的には皮下脂肪の燃焼と理解されいるが、これを新しい生理学的な立場からいうと、皮下脂肪の赤血球への逆戻り現象なのである。

 

なぜ、赤血球への逆戻りが行われるのであろうか

そもそも、われわれの血液中にある赤血球は、ある一定量以下に下げるわけにはいかない事情がある。

体内の生理機能を円滑ならしめるためには、常に血液中の赤血球数を一定のレベルに保っていなければならないである。

われわれの体内の赤血球の数は、1ミリ立法当たり500万個前後であるが、この500万の赤血球は、めったなことで300万以下には下がらない。

 

それは、脳や腎臓などさかんに酸素を要求する臓器組織に、酸素を運搬しなければならないからである。

300万以下に下がってしまうと、酸素の供給が十分ではなくなるので、それらの大事な働きもストップしてしまうのだ。

こういう事情で、赤血球を下げるわけにはいかないのである。

 

当然、断食や胃腸の障害によって、赤血球の生産は極度に減弱する。

腸での生理的な赤血球の生産がストップすると、今度は体の組織細胞が応急的に赤血球の生産をはじめる。

まず最初に、赤血球に戻るのが皮下脂肪で、そのために痩せるという現象が引き起こされるのである。」

 

「赤血球と体細胞との相互関係は有機的で、絶えず可逆的な変化を反復している。

調子の良いときには赤血球は体細胞に変わり、また調子が悪くなると、今度は体細胞が赤血球に逆戻りするというように、両者の間においては、常に可逆的な変化が行われている。」

 

「現代の医学・生理学では、血がつくられる場所を骨の中の骨髄組織に求めている。 

すなわち”骨髄造血説”である。

 

1925年のことだ。 

イギリスの病理学者であるドーン・カニンガムおよびジョルダンらは、ニワトリやハトを用い、これらを2週間断食させてみた。

2週間、餌を与えないで、その後、体内を検討してみたところ、骨髄から赤血球がつくられている状態を認めた。

それが、今日の骨髄造血説を成立せしめる決定的な実験上の裏付けとなった。

 

この辺の事情は、いま述べた私たちの学説から考えれば、よくわかる。

何日も餌を与えずに、断食させておけば当然、骨髄細胞からも皮下脂肪からも、筋肉からも、肝臓からも赤血球が生成されるようになる。

それも、一定の順序に従って起こる。 

そういう現象のうちの最初の反応として、骨髄の脂肪が赤血球に逆戻りしていく現象を捉えたに過ぎない。

従って、それを生理的な造血現象と見なすわけにはいかない。 

 

生理的な現象は、飽くまでも”腸造血”である。」

「例えば、ある組織細胞のかたわらで、いくつかの赤血球が寄り集まって融合し合い、それがひとかたまりの細胞前段階の状態ー組織球や白血球(リンパ球)という姿ーを経て、すぐ側の細胞とまったく同じ細胞に発展してゆく。

この融合化成現象を、私どもは”赤血球の分化”と呼んでいる。

引用終了

 

つまり、「医学」は非常時の緊急対応として、細胞が赤血球に逆戻りしている状態を観察して「骨髄造血」を主張しているに過ぎません。

 

一方、「千島・森下説」では、観察の結果、通常の、生理的な造血は「腸内」で行われている、との主張です。

 

その上、「千島・森下説」では、細胞が細菌となり、更にはバクテリアやウイルスにもなるという「可逆的な関係」にあるとの観察事実を写真で認めています。

 

そうしますと、 バクテリアはバクテリアからしか、 細菌は細菌からしか、 細胞は細胞からしか作られないとする「パスツールの細菌学原則」を基にしている「医学」は、その根本から崩れていくことになります。

 

今日の「医学・医療の崩壊」は、その出発点から始まっていたと言えます。

 

次に同書から「国会での私の陳述」を紹介したします。

 

昭和41年(1966年)4月7日、第51回、衆議院科学技術新興対策特別委員会で「対ガン科学の関する問題」が取り上げられ、吉田富三(がん研究所所長)ら4名の参考人の一人として同博士が証言しております。(以下は国会議事録からの引用です)

 

「私たちの新しい血液理論というものは、われわれの体の中を流れている赤血球という細胞が中でつくられ、腸でつくられたこの赤血球が、体の中のすべての組織細胞に変わっていくということであります。

 

皮下脂肪組織も、それから肝臓の細胞も、あるいは骨髄の細胞も、全部赤血球からつくられております。

 

この腸でつくられる赤血球の素材は食べ物でありまして、簡単に俗っぽい表現の仕方をしますと、”食は血になり、血は肉になる”という考え方であります。

 

この”食は血になり、血は肉になっていく”という考え方が、いまの医学理念の中に存在しておらないことこそ、現代医学をして一つの壁にぶつからしめている大きな原因であると、と考えております。」

 

「ガン細胞というものは分裂増殖するというのが、いまのガン学者たちの信じている定説でございますけれども、われわれの体内のガン組織というものは、これは決して分裂増殖をしておらない。

 

では、なぜガン組織が増殖し、大きくなっていくのかといいますと、これは体の中のすべての組織細胞が赤血球からつくられているのとまったく同じように、赤血球がガン細胞に変わっていっております。

 

赤血球もしくは白血球がガン細胞に変化をしまして、そうしてガンが増殖していく、こういう大変大事な基礎知識がいまのガン研究の中に存在しておらない、ということこそ、ガン研究を本筋に乗っけておらない真の理由である、という考え方を持っているわけです。

 

私たちは新しい血液理論をすでに10年ほど前から提唱しておりますが、ガン細胞は赤血球からできているという理論は、私自身が5年前に書きました「血球の起源」という本の中でハッキリ明記しております。」

 

「ガンの治療対策としまして最も基本的なことは、先ほど申し上げましたように、ガン細胞は赤血球からつくられているわけでありますから、分裂増殖する細胞を撲滅するのではなくてー 

ガン細胞を撲滅しようという思想で作られた治療法は全部ダメであります。

 

ガン細胞をつぶそうという考え方ではーガン細胞というものは、決してわれわれの体の中で遊離している状態ではありません。

 

ほかの体の部分と完全に交通をしているわけでございますから、ガン細胞をつぶそうという考え方でつくられた化学薬品もしくは放射線というものは、必ず他の部分にも同じような打撃を与えるということを考えなければいけないわけです。

 

従いまして、こういう考え方のもとでつくられた療法というものは本筋ではない、ということになります。

 

残念ながら、現在行われている療法の大部分はそれでございまして、そういうことではなく、 ガンを治すためにはガン細胞を赤血球に逆戻りさせればよろしいということになります。

 

赤血球とそれから体細胞、ガン細胞もそうでありますが、すべて可逆的な関係がございます。

 

体のコンディションいかんによって赤血球がガン細胞、体細胞に変わっていったり、あるいは体細胞が赤血球に逆戻りしたりする可逆的な関係があるわけですから、ガン細胞を赤血球に逆戻りさせる方法を試みればよろしい、ということになります。

 

そのためには、一つの方法としまして、やはり断食あるいは食事療法ー現在の栄養概念というのは大変混乱をいたしておりまして、先ほど申し上げましたように、食べ物が血になり、血がわれわれの体細胞に変わっていくわけですから、われわれは何を食べてもいい、ということでは決してございません。

 

われわれの体質を決定するものは食べ物の質であるわけですから、食べ物の質は厳に吟味しなければならない。

にもかかわらず、何を食べてもよろしいという考え方が現在一般に広げられているわけでございますが、そういうことではなく、人間本来の食べ物に切り換えるべきである。

 

人間というのはもともと草食動物でございまして、植物を食べる動物でありますから、植物性のものに食べ物を切り換える必要がある。

それから断食療法を試みるというようなことで、ガン細胞を赤血球に逆戻りさせることは、理論的にもそして実際的にも可能であります。」

 

「ガンだけではなくて、現在文明病といたしまして、たくさんの病気が多発しておりますけれども、こういう諸々の病気をなくするためには、先ほどから再三申し上げておりますように、食べ物が血になり、血が体細胞に変わっていく、そういう考え方を土台にして血液を浄化していくということが非常に大事である、これがガン対策にも通じる基本的なものの考え方であらねばならないということでございます。」 

 

引用終了

 

この国会証言は、1966年4月です。 

これに遅れること、約24年経った1990年12月。 

 

OTA(アメリカ議会技術評価局)は、NCI(アメリカ国立ガン研究所)からの公式文書を受け取りました。

「当NCIが勧めている療法を含め、ガン治療に”証明された療法”などは存在しない」と。

残念至極!としか言えません。 

 

結果として、この国会証言は、アメリカ合衆国(議会)の公式意見でもあったのです。

 

しかしながら「現代医学・医療」はいまだ「不滅」です。

それだけではなく、新しい病気を創り出しては「医師が足りない」とマスコミを巻き込み「販売拡大」に意気軒昂としています。

 

一方、がん患者は「国会証言」から40年以上も経過しているのに「証明されていない、本筋ではないガン治療」で殺されています。

 

さて、森下博士は「森下自然医学」2009年7月号の鼎談の中で下記のように話されています。

もし、本当に病氣を治したいのなら、無限の自然エネルギー、つまり「氣」の体内導入を高められる必要がある。

自然が治してくれるんだから自然に対して手を合わせる、自然と一体化する、自然に「有り難う」と感謝の意を捧げる。

そういう生活に切り替えないといけない。 (中略)

 

先程お話したように、三次元世界の人間よりも四次元世界の植物のほうが一次元高い生活をしている。

人間の寿命100年に対し、屋久島の杉は数千年生きる程の凄いパワーを持っている。

植物が人間の生殺与奪の権を握っている。

 

食物も、病氣治しの生薬も、植物から与えられています。

それは、植物が絶えず宇宙と交信しその無限の生命エネルギーを操作しながら生活しているーという高次元生命体だからこそ、そのような芸当が出来るのです。

 

樹木や草花に最大の敬意を表し、彼らに親愛の情を持つ事が出来る人には、いざ!というとき植物が力を貸してくれる筈です。

以上 引用終了

 

ここで改めて「本筋」を書き留めます。

 

 

食は命なり

 

腸様は小宇宙

 

自分の自然治癒力を信じます

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放