腸活                                eo健康


人間の脳には約150億個の神経細胞が存在し、最重要器官として人の行動を司っています。この脳に匹敵するほどの数の神経細胞があるのが、実は「腸」。腸は、食物の消化をはじめ、栄養素の吸収、老廃物の排出、解毒、ビタミンの合成、造血、免疫機能など生命に関わるさまざまな働きを担っています。

このため、腸内環境が悪化するとこれらの働きが阻害され、肌荒れや免疫力の低下、ひいては生活習慣病や大腸がんのリスクを高めることになるのです。

 

体調と腸内環境は、切っても切り離せない関係。心身の健康と若さを保つためにも、今こそ腸を整え働きを高める、「腸活」を始めましょう!

大腸には1000種類、100兆個を超える腸内細菌が棲んでおり、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3つのタイプに分かれます。

 

<善玉菌>

プロバイオティクスとも呼ばれ、健康に役立つ菌のこと。

乳酸菌やその一種のビフィズス菌に代表される細菌です。

 

<悪玉菌>

健康を害する作用がある菌。腐敗物を作り、有害物質を発生させるもので大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌などが知られています。

 

<日和見菌>

その名の通りどちらにもなりえる菌のこと。善玉菌が優勢な腸の中では日和見菌も健康に役立つように働いてくれますが、腸内に悪玉菌が増えると悪玉菌の味方をします。

 

整った腸内環境の菌の比率は「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」。善玉菌が2割存在している腸は、悪玉菌の働きが抑制されます。とはいえ、善玉菌と悪玉菌を合わせても30%ほど。残りの70%はどちらの味方に付こうか常に様子をうかがっている日和見菌です。

この日和見菌が悪玉菌に変貌しないように、善玉菌を増やして量を保ち、悪玉菌の勢力を抑える必要があると言えるのです。

 

腸内環境が悪化すると

 

☆太りやすい体質になる

代謝機能が低下して体に必要な栄養素がうまく消化・吸収されず、老廃物や脂肪を溜め込みやすい体質になります。不要物が体内に吸収されると、血液もドロドロに。生活習慣病にもつながります。

病気にかかりやすくなる

人の免疫力の70%を腸内細菌が担っていると言われています。腸内細菌のバランスが崩れると免疫力が低下し、風邪などの感染症やアレルギーなどにかかりやすくなります。

 

☆大腸がんのリスクが高まる

悪玉菌が優勢だと、発がん成分が活性化しやすく、大腸にポリープやがんができやすい環境に。善玉菌のビフィズス菌には発がん性物質の産生を抑える働きがありますが、加齢とともに数が減少します。

 

☆肌が荒れる

体を作る栄養素が吸収されにくくなり、毒素や老廃物の排出が滞ります。毒素は大腸から血液中に吸収され、最終的に皮膚から排出されるため、皮膚はダメージを受けます。いわゆる吹き出物は、便で排泄されなかった毒素や老廃物の現れと言えます。

 

☆脳の疲労やうつ状態を招く

腸内細菌は、幸福感ややる気などポジティブな感情を起こすセロトニンやドーパミンの体内合成に深く関わっています。腸内環境が悪化すると、これらの物質がうまく合成・分泌できなくなり脳に不足するため、感情が不安定な状態になったり、うつ状態になったり、自己否定などネガティブな思考で脳が疲労しやすくなったりします。

 

☆口臭や体臭、便のニオイがきつくなる

食物のカスを大腸内の細菌が分解し発酵させることで、便特有の臭気が発生します。排便がスムーズであれば、この臭いが悪化することもありませんが、悪玉菌の多い腸内は、内容物を肛門へと移動させる蠕動(ぜんどう)運動も弱く便秘になりがち。便が腸に停滞する時間が長くなればなるほど腐敗と悪臭の発生は進み、それらが口臭や体臭の原因になることがあります。

 

 

・便秘

一度便秘になるとガスが腸内に溜まりやすい傾向に。溜まった毒性のガスが腸の働きを悪化させ、さらに便秘がひどくなります。便秘→便の腐敗進行→悪玉菌増加→便秘という悪循環に陥ってしまうのです。

 

・肉類や脂質(飽和脂肪酸)の摂り過ぎ

過剰に摂取すると消化が十分にされないまま大腸に運ばれ、悪玉菌の恰好のエサとなってしまいます。

 

・スナック菓子や甘い物の食べ過ぎ

作られてから時間が経ったスナック菓子や甘い菓子は、体内で酸化・糖化しやすく、たんぱく質が消化できない形に変性する可能性が。消化ができなかったたんぱく質は大腸で悪玉菌のエサになります。

 

善玉菌の主な働きは、大腸が元気になる有機酸を作り出すこと。

この働きがよくなると、排便や水分吸収が促進されるようになります。また、善玉菌が増えると悪玉菌の増殖は抑制。有害物質の発生や病原性細菌の繁殖が抑えられ、免疫力もアップします。風邪の予防やアレルギー症状の緩和、肌荒れ改善、肥満予防など、全身の健康につながる大切なカギを「善玉菌」が握っているのです。

 

☆腸活1 腸が喜ぶ食材を食べる

乳酸菌には腸内で多量の有機酸を生成する働きがあります。これらの有機酸が悪玉菌の増殖を抑制するほか、病原菌やウイルスが棲みにくい環境を作ります。

納豆菌には腸内の乳酸菌を増やして安定させる働きがあります。手軽に食生活に取り入れ、毎日継続しましょう。

善玉菌のエサとなる、食物繊維やオリゴ糖。これらは野菜、果物、穀類、豆類、海藻、きのこにたくさん含まれています。

オリゴ糖は糖質の一種で、体内で消化がしにくいため、そのまま大腸に届いてビフィズス菌のエサとなり増加を促します。

食物繊維には、水に溶けやすく便を柔らかくして排出しやすくする「水溶性食物繊維」と、水に溶けずに腸内で水を吸い込み、かさを増して老廃物を押し出す「不溶性食物繊維」の2種類があり、それぞれ腸内環境を整える役割があります。いずれも、毎日摂ることが大切なので、日々の食習慣に無理のないように取り入れましょう。

 

☆腸活2 よく噛んで食べる

食事をする時には、最低でも1口30回は噛むのがいいとされています。噛むことで消化酵素の分泌も促され、胃や腸への負担が減って、消化・吸収・排出の流れがスムーズに行なわれます。また、脳の満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

 

☆腸活3 水分をたっぷり摂る

朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲みましょう。冷水より常温の水がおすすめです。常温の水を飲むことで、腸を穏やかに目覚めさせることができます。そして、1日1.5Lを目安に、毎日たっぷりの水分を摂取することを習慣付けましょう。便の硬さは水分量で決まります。水分を十分に摂れば、便が柔らかくなって排便もスムーズ。喉が渇きを感じる前に摂取するのがポイントです。

 

☆腸活4 簡単なセルフマッサージを行う

仰向けに寝転び、心身をリラックスさせて簡単なお腹のマッサージを行ないましょう。体を温めながら行なうとより効果的です。

 

1.白湯をコップ1杯分、ゆっくりと飲む。

2.仰向けに寝転び、目を閉じる。寒さを少しでも感じる場合は毛布などをかける。

3.お腹に両手を当て、自然な呼吸で心身をリラックスさせる。約10分。

  ※アロマを焚いたり、ヒーリング音楽をかけたりするのも効果的

4.両手を重ね、おへそを中心に時計回り円を描くようにゆっくりお腹をマッサージする

  (優しく圧をかけるように)。5~10周ほど行う。

 

☆腸活5 カラダを動かす

体を動かすことで、腸の蠕動運動が活発になり、お通じがよくなります。通勤などで歩く時にも、歩幅を少し広げて骨盤や腸を動かすようなイメージで歩くといいでしょう。普段の生活で、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を昇降したり、家事を一生懸命に行なうだけでもいい運動になりますので、毎日「体を動かす」ことを心掛けてみましょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放