腸活で汚腸から美腸へ                     幸せの扉


 

体調不良の元凶は腸にあり!

「 小腸マッサージ 」で汚腸から美腸へ   腸の働きを改善して辛い痛みにさようなら

毎日適度な運動、バランスのとれた食事、質の高い睡眠を心がけて規則正しい生活を送っているにもかかわらず、様々な体調不良に悩まされているケースが少なくありません。 

そういった悩みを抱えている方に多く見られるのが、「腸」に何らかしらの問題を抱えていることです。

腸は第二の脳といわれるほど我々人間が生きていく上で重要な臓器でして、単なる排便だけを行なう器官ではありません。 

 

自律神経を通じて体の各動作や体内の臓器の働きを管理し、幸せホルモンとしておなじみの「セロトニン」などの脳内物質の分泌にまで大きな影響力を持っています。

それゆえに腸は心と体の健康や美容に深く関わっているので、腸の働きが悪化してしまうと様々な体調不良の原因となるリスクがあります。 

 

もし症状が改善されない場合は腸の状態が悪化していることを疑ってみて下さい。

胃痛が長引いている場合は、長い腸管の内側に食べ物のカスや老廃物、便などが溜まってしまうと、便秘以外にも色々な症状に苦しめられることになるので、生活習慣を見直す必要があります。 

 

腸の働きを改善するにはいくつか方法がありますが、マッサージはかなり効果が高いです。  

腸からのSOS。腸のそうじからみる体質改善と美しくなる為のメソッド

 

■ 原因は腸の硬さと冷え 

 

 ・高価なスキンケアやフェイシャルエステをしても肌荒れが改善されない 

 ・冷え取り靴下や腹巻をしているのに温かくならない 

 ・サプリを摂るものの体調に変化なし 

 ・疲れが取れにくく、風邪をひきやすい 

 ・生理痛がひどく鎮痛剤が欠かせない 

 ・ストレス解消に食べたり飲んだりする 

 ・理由もなく滅入ったり鬱々とする 

 ・毎年花粉症で悩まされている 

 ・アレルギーやアトピーがある 

 ・お腹に触れるとつめたい 

 ・肩こりや腰痛がある 

 ・猫背気味で呼吸が浅い 

 

腸が固い人の生活習慣とは

 ・発酵食品が少ない、またはほとんど食べない 

 ・パンや麺類の割合が多い 

 ・コンビニ食やできあいのおかずで済ませることが多い 

 ・コーヒーやお茶、清涼飲料水は飲んでも水をあまり飲まない 

 ・野菜をあまり食べない 

 ・お腹が空いていなくても食べてしまう 

 ・運動らしい運動をしていない 

 ・他人の言動が気になる 

 ・移動中はもとより寝る直前までスマホなどを使用している 

 ・過ぎたことや明日以降のことをよく考える 

 ・人間関係をはじめとするストレスが強い  などが挙げられます。 

 

 

それを続けるのは、自分で自分の腸を虐待しているようなものです。

残念な仕打ちを受けた小腸は、どんどん硬く冷えて動きが鈍くなり、くたびれ老化してゆきます。

これは私たちが目指すべき理想の腸、若々しい腸と真逆の状態です。 

 

試しに自分のおへその横や下(2~3センチ離れた場所)を指の腹で息を吐きながらグーっと押してみてください。 

軽い刺激でも硬い、痛いと感じたら、腸年齢が実年齢をオーバー気味、小腸をケアする小腸マッサージで腸の若返りを目指しましょう。 

 

■ 小腸マッサージの方法 

【ステップ1】 両手を重ねた状態でおへその上あたりに置く 

 

【ステップ2】 自然な呼吸のまま、手を置いた位置を変えずに手首を使って時計回りにクルクルと回転させる 

         10~20周を1セット、クルクルと回転する速度は、首をゆっくり回す早さが目安です。 

         ソファにダラリともたれかかる姿勢がやりやすく、仰向けに寝て行うときはヒザを立てます。

         食後1時間くらいを外せば、起床時や就寝前、お風呂の湯船の中などケアしやすい場所や時間を選びながら1日1回~何回でも行えます。

  

柔らかく温かい腸になるほど腸年齢は若返りますので、腸のケアに手遅れなし!です。 

「小腸マッサージ+便通ケアのマッサージ」のダブルマッサージは、言わば「腸のそうじ」です。お部屋のそうじ同様、毎日ちょっとずつすれば手間も時間もかけずにキレイが保てます。 

 

腸のキレイと全身のキレイは常に表裏一体。  毎日の「腸そうじ」で不調知らずの腸美人になりましょう!

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放