腸内細菌を味方につけて!                                                           菌トレ!


ご自分の腸の温度は、何℃くらいかご存じですか。

私たちの身体は、体温が36.5℃くらいで、腸は、体温を利用して体温より1~2℃くらい高い温度を保っています。

ということは、腸の中は夏の猛暑日の気温と同じくらいの温度です。

 

もし、うだるように暑い日に生ごみを放置して出かけたら、おうちの中は、どのようになってしまうでしょう。

玄関のドアを開けた途端に、もわぁ~と漂ってくる悪臭を、思い描くことができるのではないでしょうか。

腸内で良い状態を保っていないということは、これと同じことが、ご自身の体内でおきているということ。

 

私たちは日々発酵食品を食べ、一方で、ときには食品を腐らせてしまうことがあります。

ここで少し疑問がある方も多いはずなので、一度、腐敗と発酵という現象をもう一度整理しておきましょう。

 

生活の場では人間だけでなく、あらゆる動植物が共存しています。

これは、微生物についても同様で、この微生物の多くは、我々人間とちょうど同じくらいの環境で程よく増殖し、生存しています。

そして、生存過程で酵素を産生し、この酵素によって食べ物は分解されます。

そしてこの分解の結果、悪臭が漂う有害物質に変化させてしまうと「腐敗」となり、人間にとって有用なものを作り出せば「発酵」となります。

 

つまり腐敗と発酵は同じ現象で、その結果作り出されるものが我々にとって有害か有用かで勝手に呼び分けているだけなのです。

海外の方など、「納豆なんて臭くて食べられないよ!」と言う方が、納豆を「腐っている」と表現することがあります。

これは、納豆が受け入れられない彼らにとって納豆は有用ではない(好みとして受け入れられない)ということなので、腐っているという主張はある意味正しいのかもしれません。

 

そして微生物が生存し、そこに微生物にとっての栄養分が存在するという点では、腸の中も同じなのです。

つまり腸内で、腐敗も発酵も起こるとしたら……  腐敗ではなく、発酵してもらいたいですよね。

 

腸で起こる現象が発酵か腐敗かを決める、大きな要素が腸内細菌です。

発酵が進んでいるときの腸内細菌のバランスは、有用菌が優勢! 

たとえば乳酸菌のように、乳糖やブドウ糖を栄養として増殖し、発酵を起こして乳酸菌を作り、腸内環境を酸性に保ってくれるような菌は有用ですよね。

ビフィズス菌も酢酸や酪酸を産生してくれる有用菌にあたります。

これらの菌が「有用菌」と呼ばれるのは、腸の働きを助けて便秘や下痢を防いでくれるから。

免疫細胞も活性化させてくれるので、身体の免疫力も高まります。

 

腐敗が進んでしまうのは、たんぱく質を腐敗させて毒素を産生するような、ウェルシュ菌をはじめとする有害菌が優勢だから。

このような菌が増えると腸内で発生したガスであるおならも臭くなってしまいます。

そして、腐敗が進むと便秘や下痢が起こり、肌荒れなどの不調につながることも。

 

発酵を促す有用菌を優勢にするには、3つのことが有効です。

1つめは、有用菌の生育に良い環境を与えてあげること。

腸内を酸性環境に保ちましょう。

 

2つめは有用菌のエサを与えてあげること。

有用菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖などを積極的に取りましょう。

 

3つめは、有用菌に、味方をつけてあげること。

有用菌を優位にして、腸内細菌の中の日和見菌に有用菌へ加勢してもらいましょう。

日和見菌を味方につけるためには、乳酸菌が豊富な食品を摂取することが大切です。

乳酸菌にはヨーグルトやチーズなどの動物性発酵食品や、味噌や納豆などの植物性発酵食品に多く含まれているので、双方をバランスよく摂取しましょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放