腸内細菌とセロトニン                       吉冨 信長


幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンは、主に小腸にある腸クロム親和性細胞が生成しています。

これは生体内のセロトニンの90%以上を占めるといわれています。

 

セロトニンは神経伝達物質の一つで、人の精神面に大きく関わり、心身の安定に寄与していることから幸福ホルモンと呼ばれます。

セロトニンはこうした精神安定作用の他、体温調節、睡眠周期、知覚、消化・吸収などさまざまな作用にも関わっています。

 

しかし、セロトニンが過剰になると神経系に悪影響を与えてしまうため、その場合は調節機構が働いて腸のぜん動運動により下痢になります。

基本的にはこうした恒常性が保たれています。

 

実は、腸で生成されたセロトニンは脳には届きません。

なぜならセロトニンの分子量の大きさでは血液脳関門を通過することができないからです。

よって脳自身セロトニン生成をする必要があり、そのためにはセロトニンの前駆体であるトリプトファンを食事などによって送り込む必要があります。

 

お肉・卵などに含まれているトリプトファンは脳に運ばれると脳内でセロトニンを生成することができますが、実は腸で生成されたセロトニンも脳内のセロトニンの働きにも影響を与えているのです。

 

実験では、腸内細菌のいない無菌マウスは、腸内細菌が正常なマウスに比べて、脳内のセロトニン濃度が有意に低かったのでした。

具体的な理論はまだわかっていませんが、腸内細菌叢の状態によって脳内のセロトニンの濃度に影響を与えていることが指摘されているのです。

 

腸と腸内細菌は全身の健康の鍵を握っており、やはり腸内環境をより良くしていく必要があります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放