腸内環境・リーキーガット                                             Mio


リーキーガット症候群とは、リーク(洩れる)とガッツ(内臓)を合わせた言葉で、内臓(腸)に穴が開いて、栄養も毒素も体内に漏れてる状態の事。

正常な状態だったら滑らかな表面の腸管ですが、この症状は腸管にポコポコと穴が開いて、小腸の善玉菌も悪玉菌も小さな分子(タンパク質や抗生物質の薬の成分など)も漏れ出して、血流に乗って体中を駆け巡ってしまう状態の事です。穴の開いたホースのようです。

 

本来は「腸内」で塞き止められて解毒されるはずの悪玉菌や抗生物質や抗癌剤が、血流に混ざって体中に運ばれると、内臓(肝臓・腎臓)はその毒素を解毒しようと過剰な労働を強いられます。

過労により疲れ果てた内臓(肝臓・腎臓)には処理しきれない毒素が溜まり、その毒素が血液中に混ざり、ドロドロの血液となり全身に巡ります。

 

身体はちゃんとSOSのサインで教えてくれています。

●炎症、アレルギー、皮膚炎は皮膚の問題ではなく、腸の問題である事が多いです。

 (⇒なので、ステロイドなどで炎症を防いでも根本の解決にはなっていません)

●甲状腺、リウマチ、関節の疾患

●便秘、下痢、胃炎、副腎等の内臓疾患

など、人それぞれSOSのサインは違いますが、身体はちゃんと警告してくれています。

 

これに気付く事が「病気の予防」です。 

 

または、クリーンリビング=食生活が整っていて、運動も十分して、健康的な生活をして、ストレスもなく、楽しい毎日を送っていると自分では思っていても、

・なぜか貧血気味(鉄分、亜鉛、マグネシウム不足)

・なぜかコレステロールが異常に高い

・なぜかアレルギーが治らない

・なぜかリウマチなどの免疫系の疾患がある

・なぜか胃腸系が弱い

・重い生理痛や子宮筋腫

など、「健康なはず」なのに、ずっと治らない症状があるというのは、もしかしたら、リーキーガットの可能性もあるという事です。

 

これを放置しておくと、内臓の負担、悪玉菌、血液の汚れが溜まり、結果「癌」などの大病に繋がる可能性があるという事です。 

 

私は乳がん発症以前も比較的、自分では健康的な生活をしてると思っていました。

まさに「クリーンリビング」が当てはまる生活でした。

なので乳がんだと診断された時に「なんで?」って凄く疑問でした。

でも、上記の症状が当てはまる気がする。(診断受けないけど)

自己診断だと、私の乳癌になった原因の一つ(原因は複数あるうちの1つ)だとは思っています。

 

主な理由は、10代の時に過度のストレスから「帯状ヘルペス」になった時の治療で、多量の抗生物質を投与され、その時から体調が変わった事。

また、コレステロール値が異常に高い事。

だから、私にとっては「乳がん治療」も「リーキーガット」も全く同じ事です。

腸が整えば、病は治る、そう思っています。 

 

一般的にリーキーガットの原因は

●食生活

  糖分過多、トランス脂肪酸、精製穀物(炭水化物)、インスタント食品、農薬、遺伝子組み換え、添加物など

 

●毒素

  ホルモン剤(低品質の肉類、牛乳等も含む)、水銀、悪質なスキンケア

 

●薬

  抗生物質、毎日摂り続けてる薬、不妊ピル

 

●ストレス  などが考えられます。 

 

でも、これらは果たして「リーキーガット」だけに限ったことでしょうか。

私は、リーキーガットも乳がんも、風邪もアトピーもその他の症状も、全て根本の原因は同じだと思っています。 

 

それは「腸内環境」です。

 

全ての不快な症状の根本は「腸内環境」に答えがあると思います。

なぜなら、腸内環境が整っていれば、体内の免疫力は活発に働き、悪玉菌(病原菌)を退治してくれる構造になっているからです。 

 

だから、実は「食べたもの」で健康が左右されてるわけではなく、「消化されたもの」で健康は左右されています。

いくら身体にイイものを食べても、「消化」されなかったら「ただの固形物」です。

消化されて初めて「栄養素が分解」されて吸収されるという事を認識する事が必要です。

 

では、どうすれば腸内環境を整えて、「強い腸」をつくるのか。

 ①プチ断食 or 16時間断食

・内臓に「消化」の時間を十分に与えること<16時間断食>

・腸内が完全に綺麗になってから次の食べ物を入れる事<プチ断食>

 

 断食とは免疫力を高めて、血を浄化する最適な手段なのです。  万病のもとは食べ過ぎです。 

 

②腸内環境を整える為には、何と言っても発酵食品

・発酵食品の摂取

 黒ニンニク、麹、発酵野菜(ザワークラウト、漬物、ケフィア漬け等)、納豆や味噌等

・ビワ茶

 ビワ茶の成分に含まれるビタミンB13は、癌細胞のアポトーシス(死滅)の効果があるとされています。

 

私は乳癌になって自分の身体を深く観察していった結果、別にリーキーガットだろうが、乳癌だろうが、根本は同じではないかと思うようになりました。

全ては結局「腸」につながるからです。

そしてその「腸」を健康な状態に保つには、「酵素」が必要で、酵素とは「発酵食品」だという事です。 

 

「病名」とは、誰かがつけた名前です。

身体の不調を治す時、大事なのは「病名」を知る事ではなく「その根本」を診る事。

自分が受けてる身体からのサイン=SOSを受け止めて、その根本を探る事って、実は怖さでも辛さでもなく、自分を発見するという感覚だと思います。 

 

腸の状態を見直すという事は、もしかしたら、自分を見直すという事と同じかもしれません。

それは、特別な事をしなきゃいけない訳じゃなくて、「日常」を大事に過ごすという事だとおもいます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放