脳の再起動ボタン                                                           幸せの扉



ストレス社会の救世主「脳の再起動ボタン」をたった数秒押すだけで辛いストレスを抑制し、目の疲れ、頭痛を解消! 

 

■ 疲れている人が増えています! 

目からくる頭痛、疲れ、めまいに悩まされている人がここに来て加速的に増えています。しかも中高年ではなく、20代の人たちにそうした傾向が強く見られます。その原因としてスマホの長時間利用が大きな割合を占めています。 

スマホによって姿勢がだんだん前かがみになると体への負荷が比例して大きくなり、心と体へ与えるダメージが大きくなるので、ある日突然目から来る頭痛、体の痛みやコリに襲われることになります。 

仕事でPCを一日中操作し、プライベートで長時間スマホを利用すれば体が悲鳴をあげるのも無理ありません。しかし、日本では目から来る頭痛程度で会社を休んで病院へ行く人はほとんどいません。 

大抵の人は、そのまま放置してしまうので、さらに症状が悪化します。そうならないためにも心と体の疲れを回復させるためのケアが必要になります。ということで今回はTwitterで話題の頭脳労働の疲れをすっきりと取る疲労回復の方法をご紹介します。 

 

■ あなたの疲労度をチェック! 

以下のチェックシートから3つ以上あてはまったら要注意です。是非「脳の再起動ボタン」を押して、脳の疲れを解消してください。 

(1)寝付きが悪く、よく眠れない

(2)色々と考えすぎてしまう

(3)一日中憂鬱などきがよくある

(4)何もやるきがおきない

(5)自分でやったことが思い出せない

(6)ちょっとしたことでイライラする

(7)休日は寝て過ごすことが多い

(8)集中力の低下 

 

我々日本人は勤勉であるため疲労に対する認識が非常に低いため、上手に休息を取ることができません。つねに疲れを翌日に持ち越してしまいます。実は疲労のメカニズムは老化と同じなです。つまり、疲れを放置してしまうと、老化が加速してしまうんです。 

ですので、もし疲労を感じているのであれば、そのまま放置するのではなく、しっかり疲労を回復させましょう。そのためには休息がどうしても必要です。しかし、休息するための時間すら取れない人が多いのが現状です。 

そこでオススメしたいのが、スキマ時間を利用して、どこでも実践することができる健康法を習慣化することです。これだけでかなり疲労を抑えることができます。 

 

■ 「脳の再起動ボタン」のネットでの反応 

脳の再起動ボタン=風府のツボ押しを試した人たちの感想についてですが、「最初は痛かったけど気持ちよくなった。疲れてるんだなと実感」「ツボじゃなくて秘孔でしょ!?」といった痛がる声が多数寄せられていました。 

やはり、TwitterをはじめSNSを中心にスマホのサービスを幅広く活用されている方は普段から目を酷使している人が多いので、強い痛みを感じる方が多いようですが、中には私のように数秒間でスッキリしたといった感想をあげている人も結構いました。 

 

■ 脳の再起動ボタン=風府をツボ押しするポイント 

後頭部にある「風府(ふうふ)」というツボがありまして、このツボを押したときの感覚で脳の疲れ具合がわかるとされています。Twitterで「脳の再起動ボタン」に関する記事が投稿されるやいなや、瞬く間に一般の人たちの間でも広がりを見せています。  

頭を後屈させて天井を向いたときに首の後ろに「くぼみ」が出来るので、そこを目の方向に押す感じであてて下さい。目の後ろや頭全体にひびくツボが「風府」です。ここを刺激すると目を取り出して洗ったかなような爽快感と頭の疲れが取れてスッキリします。  

もし、私のように気持ちよいと感じたら脳は、少し疲れ気味程度の状態にあります。また、逆に風府を押して強い痛みを感じた場合は、かなり疲れている状態です。 

そうした場合は上図にあるように両手を重ねて1回3秒~5秒程度ツボ押し(1セット3回から5回程度)しながらもみほぐしてあげると次第に痛みが取れていきます。

 

詳しいツボの位置や効能は動画内で詳しく解説されています。特別な技術がなくても手軽に押せるツボなので、疲れ目や頭痛でお困りの際は、脳を「再起動」してみてくださいね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放