脳の働きを活性化                      Dr. Mercola


脳の退化を防ぎ、ニューロンに栄養を与え、さらに神経伝達物質の産生を活性化させるには、ただ美味しいホールフードを食べるのが良いでしょうか。

あなたならそうしますか。

 

答えがYesの方、大変いいニュースです。

あなたの脳は確実に食事で活性化することができます。

それではいったいどの食べ物がベストでしょうか?以下9品目をご覧ください。

 

9品目をしっかり食べて脳を活性化

 

1.カレー

カレーにはウコンというスパイスを使いますが、ウコンには炎症を抑える抗酸化物質であるクルクミンが含まれています。

クルクミンは血液脳関門を通過するので、神経保護物質として様々な神経障害に効果が期待できます。

 

研究では、クルクミンがアルツハイマー病患者の脳内に見られるベータアミロイドの蓄積を抑制するだけでなく、血栓を分解する働きもあることがわかっています。

他にもクルクミンは記憶力を向上させ、ニューロン新生と呼ばれる新しい脳細胞の形成も刺激することもわかってきています。

 

一言助言させて頂くと、カレーパウダーの中には、純粋なウコンパウダーと比べてクルクミンが格段に少ないものもありますので、脳への効果を望む方は後者を選びましょう。

 

2.セロリ

セロリは、ルテオリンという成分が豊富で、神経変性疾患の主な原因である脳内の炎症を鎮める働きがあります。

ルテオリンはマウス実験で加齢に伴う記憶力の減少を遅らせることもわかっています。

セロリに加え、ピーマンやニンジンもルテオリンが豊富です。

 

3.ブロッコリー、カリフラワー

ブロッコリーや カリフラワーは、脳の発達の役割を担うビタミンB群の一つである、コリンという成分が豊富です。

妊娠中の母体がコリンを摂取すると、子宮内の子供の脳にしっかり栄養分が補給され、認知機能を活性化し、学習能力・記憶力を高めます。

 

また加齢に伴う記憶力の衰えを抑える、毒素に弱い幼少期だけでなく成長期以降においても脳を守ってくれる働きがあります。

卵や肉もまた、コリンの供給源として最良の食品です。

 

4.クルミ

クルミは、植物性オメガ-3脂肪酸、天然の植物ステロール、抗酸化物質を豊富に含み、高齢のマウスにおいて、脳を若返らせることが証明されています。

特にオメガ-3脂肪酸の一種であるDHA は、脳機能を活性化させたり、回復させる働きもあることがわかっています。

ですが、クルミよりもオキアミなど動物性のオメガ3脂肪酸の方により多く含まれます。

 

5.カニ

一食分のカニには、神経伝達物質ドーパミン、脳を刺激するアドレナリン/ノルアドレナリン、甲状腺ホルモンの生成を助け、パーキンソン病に対抗する働きもあると言われているフェニルアラニンというアミノ酸の一種が、一日に必要な量以上に含まれています。

また、カニは、脳を活性化するビタミンB12 も豊富に含んでいます。

 

6.ひよこ豆(ガルバンソ)

ひよこ豆は最良のマグネシウム供給源の一つです(昆布や葉物野菜を除いて)。

マグネシウムは、血管を拡張させ、脳への血流を促す他にも、脳細胞の受容体の信号伝達を高速化させる効果があります。

 

7.赤身肉

牧草飼育牛肉の赤身肉は、脳が健康に機能するために不可欠なビタミンB12の優れた供給源です。

ビタミンB12不足のマーカーが高い人は、認知機能テストでのスコアが低く、脳の体積も小さい傾向にありことからも、ビタミンの欠乏が脳の萎縮につながる可能性が示唆されます。

 

8.ブルーベリー

ブルーベリーに含まれる抗酸化成分およびその他の植物化学物質は、学習能力、思考力および記憶力の改善や神経変性酸化ストレスの減少につながっています。

また、ブルーベリーは他の果物に比べフルクトースが少なく、最も健康的なフルーツとされています。

 

9.健康によい油脂

身体、特に脳の働きに最適な脂肪としては、以下のようなものがあります。

例えば、生乳からとれたオーガニックバター、牧草飼育牛の生バターから加工した澄ましバター、オリーブ、オーガニックバージンオリーブオイル、ココナッツオイル、ピーカンやマカダミアなどのナッツ類、平飼い鶏の卵、天然のアラスカサーモン、アボカドなどです。

 

脳の機能を健康に保つために避けるべき食品

ここまでに、脳に良い食品をご紹介しましたが、避けるべき食品も同じように知っておく必要がありますね。

私が思うに全米一著名な自然療法神経学者のDavid Perlmutter医師は、 脳の健康を守り、アルツハイマー病を予防するための食事療法についてのご自身の考えを紹介しておられます。

その方法とは、グルテンをはじめ、砂糖や炭水化物を避ける方法です。

 

グルテンの感受性はほとんどの慢性病に関係があります。

グルテンは免疫系にも影響しますので、脳にも影響があります。

残念ですが、医者を含む多くの人が、セリアック病でなければ好きなだけグルテンを摂っても大丈夫だと、いまだに思っているのです。

しかし、グルテンの影響は誰にでもあるのです。

 

グルテンに反応してゾヌリンという物質が腸内で生成されるからです。

グルテンというタンパク質は、小麦、大麦、ライ麦に多く含まれるのですが、腸の透過性を増加させ、本来なら排泄物となる未消化タンパク質やバクテリアなどの腸の内容物が血中へと流れてしまいます。

その結果、免疫系が敏感になり炎症や、自己免疫を活性化させてしまいます。

 

グルテンがますます腸の透過性を増加させ、体外に排泄されるはずのタンパク質が腸から漏れ出して免疫系を刺激し、自己寛容が破綻してしまう、「自己免疫疾患」を起こすのです。

 

脳の病気をはじめ、現代病の多くは、人類が歴史上一度も体内に摂り込んだことのないタンパク質で免疫系を汚染していることが原因だとPerlmutter医師は述べています。

 

生活習慣が健康なら脳も健康

脳はそもそも、年をとったからと言って「萎縮」や異常が出ることはありません。

私たちが関わる活動の一つ一つ、例えば運動、食事、飲んでいるサプリメント、交友関係、精神状態、睡眠の習慣などが、刻一刻と脳内の遺伝子の発現に影響を与えています。それが全身の健康や病気のリスクとなって現れるのです。

 

ニューロン新生や脳細胞の再生を促すための生活面での対策には次のようなものがあります。

こちらの対策は全て、脳由来神経栄養因子(BDNF)という代謝経路を刺激し、脳細胞の成長や連携を促すもので、MRIでも確認できます。

 

運動。

身体活動をおこなうと、体内に生化学的変化が現れ、身体そのものにも脳にもこうかがあります。

特に記憶と学習をつかさどる領域を強化、再生するとされています。

 

摂取カロリーを減らす、インターミッテントファスティングをする。

糖分や穀物など、炭水化物の摂取を減らす。

 

健康に良い脂肪分を多く摂る。

オメガ-3脂肪酸を多く、オメガ-6脂肪酸(加工植物油)を少なくして、オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸のバランスを整える。

フィッシュオイルよりクリルオイルをお勧めします。

クリルオイルにはアスタキサンチンが含まれており、脳の健康に良い効果があります。

Perlmutter医師も説明しているとおり、アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、フリーラジカルによって脂肪が受けるダメージに特に効果があります。

脂肪といえば、ヒトの脳。60-70%が脂肪分です。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放