肩こりは血流の滞り                                                     manami sasao


なかなか取れない肩こり。仕方ないことと諦めていませんか。   その肩こり、原因は冷えかも

夕方になると肩がガチガチ、ゴリゴリになっている。  朝起きると肩が凝っている。

そんな辛い肩こりを、もう仕方ないことと思って、放置していませんか。

 

特に冬になると、体がぎゅっと寒くて縮こまってしまうので、肩こりを起こしやすいのです。 

最近、異常に肩が凝るなあ。 という方は寒さ、冷えが原因かもしれません。

肩こりは西洋医学的には、筋肉の疲労による痛み、血行不良が原因と考えられていて、病院にいくと湿布薬、筋弛緩剤、ビタミン剤が投与されたり、牽引治療、電気療法などが行われることもあります。

しかし、なかなかひどい肩こりはそのような治療を受けても治りません。   多くの患者さんが痛みと付き合いながら暮らすことになります。

 

肩こりは現代病

リンパに疲労物質などがたまりやすくなった結果、肩こりのような不調が起こってきます。普段、あまり感じることはありませんが、実は頭部は5〜6kgの重さがあり、首と肩で支えています。  5kgといえば、お米の袋5kgと同じ。かなり重たいことがわかりますよね。

 

重たい頭を支えつつ、常に腕をPCのキーボートにおいて、緊張状態が一日中続いている。 目はPC、スマホ、テレビなどで常に使いっぱなし。

そんな1日を送っていれば、肩が凝って当然です。

 

肩こりが起こる原因をチェック

肩こりを引き起こす原因は、人によって様々です。肩が凝りやすい体質というのもあるでしょう。  次のような原因に心当たりはありませんか。

 ・PC作業でずっと同じ姿勢をしている

 ・ストレスがあって常に体が緊張している

 ・姿勢が悪い

 ・眼の使いすぎ

 ・運動不足

 

などなど、原因は数十種類ともいわれていますが、何らかの思い当たる原因があるはずです。

に、「姿勢、眼精疲労、ストレスおよび運動不足」が、4大原因ともいわれています。

東洋医学的に考えると、肩こりはなぜ起こるのでしょうか。

肩こりは、血流の滞りである「瘀血」があるため起こるとされています。 瘀血は、「古血」、「汚ない血」とも言われる状態です。

血液の流れが悪くなることによって、血が部分的に滞りやすくなってしまうのです。 女性の場合、「瘀血」があると「血の道症」といわれる生理不順や、生理痛などに悩まされることもあります。

 

瘀血がある場合に見られる症状として次のような症状があります。

 ・肩こりがある

 ・しみが多い

 ・顔がくすんでいる

 ・頭痛が慢性的にある

 ・傷跡が治りにくい

 ・あざができやすい

 ・目の下のクマが気になる

 ・体がいつもなんとなく重い

 ・生理の時にどろっとした経血が出る

 ・生理痛が強い

 ・経血の色が黒っぽい

 

など。すべてに当てはまらなくても、2つ、3つと当てはまるものがあれば、「瘀血」状態になっている可能性が高いのです。

 

ではどうして、瘀血は引き起こされるのでしょう。 瘀血になる原因は、

 ・環境の六因 : 風・寒・暑・湿・燥・火

 ・感情の七情 : 怒・喜・思・悲・恐・うつ・りょう

 ・食事      : 食べすぎ、欠食や過度なダイエット、偏食、添加物の取りすぎ

 

怪我、加齢、過労、ストレス、電磁波、環境ホルモン、そして冷え なども関わってくると言われています。

 

瘀血は、リンパが通っている部分に問題を引き起こす

リンパ管は血管と一緒に並走しています。  血液は心臓のポンプの働きによって全身に送り出されます。 しかしリンパには心臓のような大きなポンプがありません。 流れをつくるのは内臓からの刺激や、筋肉の収縮などで、流れがもともとゆっくりなのです。

リンパは、血管から不要物を回収していくのですが、瘀血で血液の質が悪く、流れが滞っていれば、リンパ液にも不要物がたまりやすくなっていくのです。

 

瘀血の次に考えられる原因が、「気滞」です。  気滞とは 「気」のエネルギーが滞っている状態 = ストレスと言い換えることができます。

「気」はそもそも軽い性質。自由に動き回って、上昇する性質があります。  しかし、ストレスが強くなって気の巡りが悪くなったり、運動不足などがあると「気滞」が引き起こされます。

気滞があると、体は緊張状態になってしまいます。

 

ストレスのあるときに痛みやハリが強くなったり、運動すれば解消されるような肩こりならば「気滞」が関係しているでしょう。

「気」は陽の性質があり、上に上がりやすいので、肩こりやのぼせなどの症状を起こしやすくなります。   これを気逆といいます。

気滞による肩こりは、気分転換のために公園や森の中を歩いたり、軽く運動をする、肩をかるくもんだり、シャワーをあてることで改善できるでしょう。

 

肩こりにも陰陽があると言われています。

肩こりにも2種類あって、肩がガチゴチになっているタイプと、肩は柔らかいのに痛みを感じるタイプがあります。

 

ガチガチになっているのは「陽」

肩もみするときに、強くもんで欲しいと思う人は「陽」のタイプといえます。  この場合には、マッサージが有効です。

 

マッサージを痛いと感じるなら「陰」

触っても柔らかく肩があまり張っていないのに、肩がこると感じるのは「陰」のタイプで、冷えが原因になっているかもしれません。

しかし、マッサージすると痛がる「陰」の肩こりの場合は、強くもみすぎるのは逆効果になることも。

かるくさすってあげるだけでも十分です。

肩までお湯につかる全身浴、肩にあずき枕などをのせて温めるのも有効です。

 

肩こりといっても両側が同じように痛むのではなく、いつも右だけ、左だけという方はいませんか。

荷物をいつも同じ側で持っているとか、姿勢のアンバランスということも関係していますが、実は、右と左のどちらの肩が痛むのかは、食べ物との関係が深いのです。

 

右肩の痛み : 胆のう、肝臓にダメージがかかる食生活をしている

 ・お酒の飲み過ぎ

 ・お肉など動物性食品の食べすぎ

 ・野菜不足

 ・添加物の摂りすぎ

 ・イライラしすぎ

 

このようにどちらかというと、「陽性」の力が強くなりすぎている傾向にあります。特に痛みが強い場合には、胆のう炎、胆石炎、肝臓疾患などの疑いもあるので軽視してはいけません。

 

左肩の痛み : 心臓やリンパに負担をかける食事が原因

左側の肩の痛みには、心臓の働きやリンパが関係しています。 リンパ管は小腸から左背骨のあたり、左肩を通って心臓の静脈角へ入っていきます。

つまり、小腸から吸収された栄養は、左肩のあたりに集中しやすいんです。

血液やリンパ液がドロドロになるような食事、つまり瘀血状態になると、左側の肩に痛みがでやすくなります。

 ・脂肪分、糖分など栄養を過剰に取りすぎている

 ・暴飲暴食

 ・食事が不規則で夜遅く食事を摂る

 ・欠食と過食を繰り返すなど極端な食生活

 

野菜を増やした食事を意識する、腹八分目を意識する、お腹が空いたら食べるようにするなど、普段の食べ方を見直すことで、左肩の痛みは和らいでいくかもしれませんね。

 

肩こり解消に良い食べ物

肩こりを食べ物で解決するという方法もあります。 でも、原因によってどんな食べ物が肩こりに効くかは違います。

また、食べる量を減らすだけで改善することもあるでしょう。

次に紹介する食べ物は、万人に効くわけではありませんが、少しずつ取り入れてみて、自分にあったものを探してみてください。

 

瘀血を改善する食品

くるみ

くるみには良質の脂質、ビタミンEが含まれています。ビタミンEは医薬品として末梢循環によるレイノー症状の改善などにも使われることがある成分であり、冷えを改善してくれます。

また、くるみは脳にも良い食品です。頭の使いすぎによる肩こりにもおすすめです。

 

ニラ

ニラには体を温めて、冷えやしびれを改善する作用があります。出血にも良いといわれていて、滞るものを発散し、気血を発散する作用があります。

 

黒きくらげ

黒きくらげには血を補って巡りをよくする作用があるので、瘀血による肩こりにおすすめです。

また冷えによってダメージを受けやすい「腎」を癒す作用もあるので、ホルモンバランスが崩れている方、冷えによって体力が低下している場合も。

 

シナモン

シナモンといえば最強のあたため食材、このシナモンには独特の香りがついていますが、気を巡らせたり、血行をよくしたり、血管を強くする作用があります。

好みのハーブティーにシナモンを一振りして、仕事のお供にすれば、オフィスでも肩こり対策できます。 冬の肩こりにはシナモン、おすすめです。

 

酒粕などの発酵食

納豆のように血をさらさらにしたり、酒粕、麹のように体を温めて、腸内環境を改善する作用が、発酵食にはあります。

発酵食を取り入れることは、免疫力の強化だけでなく、瘀血の改善にも効果的です。

 

青魚、オリーブオイル、アボカドなどの良質の油

痛みの原因物質を作るアラキドン酸を生成してしまう、リノール酸を中心に含むコーン油、大豆油、ひまわり油などの取りすぎは炎症を強くしてしまいます。

血流が悪い瘀血の場合には、青魚に含まれるEPA、DHAのような良質の油がおすすめです。また、オリーブオイルやアボカドなどの植物性の油にも、 血行を良くする作用があります。

 

気滞を改善する食品

香味野菜(大葉、パクチー、ねぎ、セロリ、しそ)

よい香りの薬味につかうような野菜はイライラしたり、気持ちがふさがっているような時に取り入れたい食品です。

ちょっとお味噌汁を飲む時に、お鍋を食べる時には薬味を忘れずに。

 

柑橘系果物(温州みかん、ゆず、いよかんなど)

すっぱい味、そして柑橘系の香りには、気を巡らせる作用があります。 匂いを嗅ぐだけでも良いですが、もちろん食べたり、お風呂にいれたりして柑橘のパワーを活用しましょう。

 

ハーブティー、ジャスミン茶など好きな香りのお茶

香りのあるカモミール、レモングラス、ミントティー、ジャスミン茶などのハーブティーには気を巡らせる作用があります。  普段飲んでいる飲み物を香り

高いハーブティーなどに変えてみましょう。

 

老廃物を出す食品として、ハトムギ、大根の葉、モリンガ、玄米などもおすすめです。  食生活を工夫することで肩こりの解消を目指しましょう。

 

シャワーで済ませずにお風呂につかろう

肩こりで悩んでいるならば、お風呂に入ることが一番簡単で早く効果が現れます。  ゆったりと肩までつかる全身浴で、血の流れを良くしていきましょう。

肩にホットタオルを乗せながら入浴するのもおすすめです。

 

食事から、肩こり知らずの血流の良い体を作っていこう

肩こりは同じ姿勢、目の使いすぎなどが原因となりやすいですが案外、食事も原因になってしまうことがあります。

でも逆に、食事で肩こりを癒していくこともできます。

 

自分の体の声に耳を傾け、日々の生活を見直していくこと。   肩こりはひとつの体のサイン。

肩こりを甘く見ず、放置せずに早めに対処することが、病気を予防することにも繋がるでしょう。

 

食事を変えて、肩こり知らずなもっと身軽な体になりませんか。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放