老化のカギを握る食生活                                  二村高史


健康で長生きするために、まず大切にしなければならないのが食生活。

シニア世代にとって、要介護リスクを高める原因は病気より老化であり、「老化のカギを握っているのが栄養」であることを解説した。

 

では、栄養状態を見るのに最適な指標は何なのか、そして食事をどう変えていけばいいのだろうか。

老化を遅らせる食生活指導の第一人者である熊谷修さんは、「シニアの5~6人に1人が低栄養状態にある」と警鐘を鳴らす。

 

「粗食の誤解! 『歳をとったら、肉や脂っこいものは避ける』なんてとんでもない」では、シニア世代にとって要介護のリスクを高める原因となるのが、病気そのものよりも老化であることを述べた。

そして、老化はたんぱく質の減少と密接に関係しており、老化を進めるのも遅らせるのも、たんぱく質がカギを握っていることを紹介した。

 

実は、高齢者に多いとされる病気の数々も、たんぱく質の減少が原因になっていることが多いと熊谷さんは言う。

「例えば、背骨を構成する椎骨を見ると、その間にサンドイッチ状にはさまっている軟骨(椎間板)に、多くのたんぱく質が含まれていることが分かります。

平均すると、骨という組織の約52%がたんぱく質でできているのです。

この軟骨組織からたんぱく質が抜けていくことにより、脊椎の圧迫骨折が起きやすくなります。

背骨には神経の束が入っていますから、そうした神経が刺激されて痛みも発生します」

 

「その状態からさらにたんぱく質が抜けると、軟骨だけでなく骨の部分からもたんぱく質が抜けて、骨が固くデコボコ・ゴツゴツしてくる状態になります。

骨の弾力性がなくなって変形してくるために、これが強い痛みの原因となります。

骨が変形することで、神経の通り道である『脊柱管』が狭くなると、いわゆる『脊柱管狭窄症』になるわけです」

 

圧迫骨折も脊柱管狭窄症も、たんぱく質の減少と深く関わっていたのである。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放