糖質、脂質のマネジメント                     鈴木 功


インスリン抵抗性に関して、Dr Fungのインスリンそれ自体が原因とする説より、

それは結果であって本質は脂質がインスリンの働きをレセプターレベルでブロックし、ミトコンドリアレベルでランドルサイクルの機序により糖の燃焼をブロックし、

さらに遺伝子レベルに働きかけミトコンドリア自体の数の減少をもたらして代謝が低下するといった複数の要素に関与することが原因とする仮説にもとずくと、

脂質の割合がかなり低いVegan食がなぜ糖尿病に対して治療効果が高いかという説明において非常に整合性がとれます。

 

加工食品が大きな原因となっていることは間違いありませんが、その本質が栄養がないからとするより、加工食品に多く含まれる脂が原因とした方がより分かりやすいと思います。

 

糖尿病を治すためには細胞内にたまった余計な脂質をフラッシュアウトする必要があるという目的は同じであっても、そのために脂質代謝を亢進させ、脂質摂取量を増やすことは矛盾がありました。

 

しかし単純に脂質を減らすというのはとても分かりやすく、本質に迫る治療法になりえます。

 

あくまでも本質は脂質によって障害された糖の代謝の正常化ということになりますから、糖質を避けるだけでは対症療法にしかならなかったということになります。

 

脂質を減らし、糖質を増やすというアプローチでのリサーチが過去に何度も行われたにもかかわらず、

有効な成果は得られなかったという結果をもって、Dr Fungは低脂質は効果がないと結論づけていましたが、

ニールバーナード博士のリサーチ結果は含まれていませんでした。

 

(Diabetes codeで確認するかぎりは)

実際のところ、バーナード博士の低脂質は従来の低脂質よりずっと脂質量が低いものでした。

 

反対側から見れば、糖質制限で一定の効果がみられることも(対症療法的効果ですが)長期的に問題を生じてくる人が増えてくる理由も、LowT3症候群をおこす人がいることも、生理的インスリン抵抗性により血糖の乱高下がむしろおこしやすくなることもすべてがすっきりと説明できます。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放