糖尿病とビタミンD                        吉冨 信長


糖尿病とビタミンDの関係については何度もアップしてきましたが、新しいメタ分析(2017年9月発表)が出てましたので、これとともに再度おさらいしましょう。

 

Ⅰ型糖尿病発症とビタミンD欠乏の相関は以前から報告されていますが、Ⅱ型についてもビタミンDが充足している人は罹りにくいという発表が多々されています。

 

すい臓のランゲルハンス島にあるインスリンを分泌するβ細胞には、ビタミンDの受容体VDRが発現しています。

インスリン分泌を発現させる遺伝子活性の上流にこのVDRによる作用があるのです。

そのため、インスリンとビタミンDの関係は深いです。またその代謝においてマグネシウムも関わっています。

 

さて、先月ですが、メタ分析において、Ⅱ型糖尿病患者にビタミンDを投与したところ、インスリン抵抗性と血糖を改善したという報告がありました。(J Clin Endocrinol Metab. 2017 Sep 1;102(9):3097-31100)

 

私がこのメタ分析を今回アップした理由は、ビタミンDの投与量です。

過去の報告では、糖尿病においてビタミンD補給しても効果がないという論文も実はいくつかあるのですが、このほとんどが投与量が低かったのです(だいたい800~1000IU未満)。

しかし、今回のメタ分析では、ビタミンDは一日に最低4000IU (100μg)としています。

 

結果、血清25(OH)D濃度(活性型ビタミンD)は増加し、空腹時血糖、HbA1C、HOMA-IRを有意に低下させ、Ⅱ型糖尿病患者の血糖コントロールとインスリン感受性の改善に役立ったことが報告されたのです。

 

インスリン抵抗性の人は、ぜひこのビタミンD投与(できればマグネシウムも同時投与)も視野に入れるといいかもしれません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放