精神障害を癒す                      Dr. Mercola


精神的健康を改善するために特定の栄養素を使用することは可能でしょうか。

 

はい、可能です。

イリノイ州ネイパービルにある非営利団体「Walsh Research Institute」代表でありNutrient Power:Heal Your Biochemistry and Heal Your Brainの著者であるウィリアム・ウォルシュ博士は、栄養素をベースにした精神医学と栄養療法を専門としています。

 

博士は、オリンピック選手、NBA選手、メジャーリーグ野球選手の栄養プログラムを設計しています。

さらに、栄養状態の改善によって精神的健康を向上させることにキャリアの大部分を費やしています。

 

生化学と犯罪者の脳

ウォルシュ博士は、重金属や統合失調症の研究をしていたカール・ファイファー博士と出会い、貴重な指導を受けました。後に判明したように、犯罪者の体内の銅、亜鉛、マンガンを含む金属のレベルは、一般市民に比べてすべてが異常でした。

 

ウォルシュ博士は、乱暴者の生化学には4つのタイプがあることを発見しました。

これらのうちの1つは社会病質者であり、全員が重度の亜鉛欠乏症、ピロール障害、低血圧スペルミンおよび非メチル化状態にありました。

結論を言うと、悪性の生化学が異常に組み合わさっていたのです。

 

ファイファー博士との共同調査では、行動タイプごとに栄養療法が行われました。

 

ピロール障害は、脳疾患によく見られるストレス状態です。

ナイアシンの専門家のアブラム・ホッファーとファイファー博士が考案した尿検査は、骨髄や脾臓の生化学的変化を伴う遺伝状態の検査方法の定番です。

 

ピロール障害をもつ人々は、ヘモグロビンの形成などの自然反応の副産物であるピロールを通常より5~10倍多く生成することがあります。

無害であるが、ピロールは B-6などのアルデヒドに結合し、引き出します。

また、亜鉛を急激に枯渇させます。

 

その結果、ピロール障害をもつ人は、B-6および脳機能に重大な影響を及ぼし、記憶および書物を読む能力に影響を及ぼすことがある亜鉛のレベルが例外的に低いことが分かりました。

B-6欠損症は注意欠陥多動障害 (ADHD)の小児にかなり一般的に見られます。

 

合成に関与する栄養素が精神機能を決める

後になって、ウォルシュ博士は調査対象を自閉症や ADHD の子供にまで拡大しました。

数学が好きな博士は、膨大なデータベースを蓄積し始めました。

現在、彼は自閉症、うつ病、および行動障害についての世界最大の科学データベースを所有しています。

 

自閉症、統合失調症および産後うつ病に関連する銅蓄積

銅は、主要な神経伝達物質であるノルエピネフリンの合成において明確な役割を果たしているので、もう1つの重要な微量金属です。

二価銅(Cu 2+)は、ドーパミンとノルエピネフリンの比における劇的な要因です。

 

動物実験では、動物の血中銅量が25%になるまで銅を欠乏させると、ノルエピネフリンとドーパミンの比率が3倍以上変化することが示されています。

人間のほとんどは恒常的に銅を制御する能力を持っています。しかし、その能力を持っていない人もいます。

 

亜鉛と銅の状態を測定する方法

亜鉛の専門家は基本的に、プラズマ亜鉛が最も正確な測定値を提供することに同意しています。

味覚テストにもマイナーな利点がありますが、最も信頼性の低いテストです。

正確に銅を測定するためには、血清銅が必要です。

世界中のほとんどの研究所では、良好な銅アッセイを提供しています。

 

ウォルシュ博士は、どれくらいのフリーラジカル銅を持っているかを調べることは可能なので、同時にセルロプラスミン試験を行うことも推奨しています。

これにより、酸化ストレスのレベルの良い指標が得られます。

高感度 C 反応性タンパク質(CRP)試験も、炎症のマーカーとして有用でしょう。

 

残念なことに、私達現代人の生活習慣は、加工食品、加工植物油、過剰な炭水化物、過剰なタンパク質などが酸化ストレスを強力に助長します。

この種の食事は、ケトンの減少、活性酸素種および二次フリーラジカルの急激な増加を引き起こします。

 

人工的に作られる電磁場、グリホサート、およびその他の農薬、フッ化物で汚染された水および他の毒性への曝露は、この問題にのみ加わります。

典型的に、銅およびセルロプラスミンのレベルは、一緒に高い値または低い値のいずれかになりがちです。

 

精神的健康に関する銅の理想的なレベルは、血清中の1デシリットル(mcg / dL)あたり75?100μgの範囲内です。

理想的なセルロプラスミン量は、銅のレベルに関係します。

 

セルロプラスミン中の銅の百分率は約85~90%であるのが理想です。

「銅の状態だけでなく、酸化ストレスのレベルについても、本当に良いイメージを持ち、両方同時に改善に取り組むことは本当に素晴らしいことです」とウォルシュ博士は言います。

 

重金属と自閉症患者の脳

ウォルシュ博士は6,500人の自閉症患者を検査してきました。

グループとして、患者はその兄弟や一般市民よりもずっと高い有毒な金属レベルを持っています。

ウォルシュ博士は、毒性の負担は、毒素の蓄積がより起こりやすく、毒素の影響を受け易くなるような先天的素因が原因で大きくなると考えています。

 

「数千人という自閉症患者のご両親、その半分以上の方から、非常に悲しい話をお聞きしました。

最初、彼らは、子供が正常に成長していること、話し始めたこと、祖父母と歌っていること、かわいらしいのだとと話します。

それからしばらくしたある日、子供が病気になりした。

 

両親は子供を小児科医に連れて行くと、小児科医は「ああ、注射しましょう。予防接種を受けましょう」と言います―

この手の対応を私は何百回と聞かされています。

両親は病気の子供を連れて、その時にチメロサールと水銀を含む複数のワクチン接種をしました。

 

このような体験をした何百という家族は、子供が1日か2日ですっかり変わってしまったと話します。

話さなくなり、人格が変わり、病気になったというのです。

子供は食べ物も受け付けなくなりました。

その小さな体で多くのトラブルを抱えてしまっています。

 

両親が専門家の元へ行くと、最終的に自閉症と診断され、治癒不可能であり、回復の見込みはないと言われました。

私たちは、こうした家族と話すだけでも、多くの人間の悲惨さを見てきました。

衝撃的で恐ろしいことです」

 

ウォルシュ博士は、自閉症児はグルタチオンやメタロチオネインなどの天然抗酸化物質が不足しているため、ワクチンや食事不足などの環境曝露の影響を受けやすいと考えています。

 

自閉症と診断された子供の3人に1人は、後成的変異によって自閉症を引き起こしており、先天的に自閉症を有してはいないことに留意するべきです。

 

こうした子供の多くは回復するチャンスを持っています。

古典的なカナー自閉症は、永続的で生涯にわたるエピジェネティックな状態ですが(1940年代に自閉症を発見したレオ・カナーにちなんで名付けられた症状)、この場合でもいくらか回復の余地はあります。

 

チメロサールについて

ウォルシュ博士はまた、チメロサールの問題を調査し、自閉症児の脳に水銀毒性の証拠を探しました。

実際に、博士は自閉症患者の脳内の水銀量を初めて測定しました。

 

彼はジョン・ホプキンス大学から脳組織サンプルを受け取ることができ、Advanced Photon Source と呼ばれるアルゴンヌ国立研究所の施設を使用して、自閉症児と非自閉症児の脳組織に関する100万を超える化学分析を行いました。

分析されたすべての自閉症児は、チメロサール含有ワクチン接種を受けていました。

 

しかし、脳組織には水銀は検出されませんでした。

この理由の1つに、ワクチン接種の数年後に試験が行われたことが挙げられます。

人体内の水銀の半減期は42日間です。脳内のエチルまたはメチル水銀の半減期は70日間です。

 

自閉症患者向けメタロチオネイン促進栄養療法

自閉症児が異常な銅と亜鉛の不均衡を有する傾向があるという事実は、メタロチオネイン タンパク質が機能していないことを意味します。

メタロチオネインは銅と亜鉛のホメオスタシスの制御に必要です。

 

ウォルシュ博士は、メタロチオネインの遺伝的発現と機能を増強することが知られる22種類の栄養素の製剤を使う、メタロチオネイン促進栄養療法を開発しました。

このプロトコルは、自閉症患者2,000人以上に使用され、測定可能な改善結果をもたらしました。

 

「脳の中で最も重要な抗酸化物質は、脳以外の残りの部分とは若干異なります。

私はその抗酸化物質を「三銃士」と呼んでいます。

グルタチオン、メタロチオネイン、セレンの3つです。

この3つは脳に特有のものです」と彼は説明します。

 

専門的に言うと、セレン自体は酸化防止剤ではありませんが、グルタチオンレベルを上昇させ、メタロチオネインの機能を高め、脳内ではグルタチオンとメタロチオネインが一緒に働きます。

グルタチオンは防御の第一線です。

 

問題は、自閉症児は一般的に食生活が悪く(食べるのが難しい)、酸化的過負荷が原因ですぐにグルタチオンが使い果たされるということです。

脳内のグルタチオンが低くなると、メタロチオネインのレベルが上昇します。

 

「メタロチオネインは、グルタチオンが酸化されていないと機能しません。

手袋に包まれた手のひらのような状態です。

これは脳内のグルタチオンのバックアップシステムであり、セレンがなければシステム全体がうまく機能しないことが分かる」とウォルシュ博士は説明します。

 

私は毎日セレンを摂取します。

微量鉱物なので、1日あたり約200 mcg以上取る必要はありません。

過度に摂らないように心がけてください。

ウォルシュ博士が指摘するように、すべての微量金属の中でも、セレンは欠乏と過剰の差が小さいので、補足するときは注意する必要があります。

 

また、亜鉛は、メタロチオネインを機能させグルタチオンをサポートするための第1因子であるため、標準化する必要があります。

ウォルシュ博士によると、心身の健康のためには、血漿中の亜鉛の濃度は90?130 mcg / dL である必要があります。

 

多くの精神病患者は、亜鉛の正常化に遺伝的弱点をもちます。

彼らは亜鉛が欠乏した状態で生まれ、健全な亜鉛レベルを維持するために一般的な量よりはるかに多い量を必要とします。

 

精神医学の顔を変える

ウォルシュ博士は、栄養学的介入を通じて脳の機能を正常化することについて学ぶにつれて、精神医学の使用が最終的に消え去ると確信しています。

「強力な薬物は脳を正常化しません。

異常な状態を引き起こします」と彼は警告します。

 

「強い医薬品はうつ病や不安を矯正するかもしれないが、正常ではない何かに巻き込まれます」

 

Walsh Research Institute は、金銭的利益を目的としない公的慈善団体であり、徐々に、しかし確実に主流の精神医学を変える役割を果たしています。

ウォルシュ博士は、Surgeon General の事務所、米国上院および国立衛生研究所(NIH)を含む最高レベルの機関で講演を行っています。

 

また、米国精神医学会(APA)の年次会議でも数回も講演しています。

 

「最後に私がそこに行ったとき、彼らはついに私に耳を傾けました...

私は約2年半前にそこにいたときは聞き入れてもらえませんでした。

私はうつ病についての招待講演を行いました。

学会の皆さんがうつ病を誤解していると説明しました。

彼らは真剣に私の話を聞きました。

 

私は巨大な化学データベースを示し、うつ病は少なくとも5つの完全に異なる障害に与えられた名前であり、それぞれ異なる症状を含み、それぞれ異なる神経伝達物質が機能しているということを説明しました。

 

次に、各バイオタイプについて説明し、安価な血液検査と尿検査をすれば、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のどの候補者が良いか、ベンゾジアゼピンの方が優れているか、そしてもっと重要なのは、栄養素によってバイオタイプをどのように矯正することができるかということを述べました。

 

SSRI が暴力を誘発する理由

SSRI 抗うつ薬の1つの重要問題は、副作用として自己傷害および攻撃性増加のリスクがあることです。

過剰にメチル化された低葉酸鬱剤は SSRI のように耐容性がなく、この遺伝的不耐症が多くの学校銃撃事件の原因となった可能性があるという証拠もあります。

 

この現象を研究しているウォルシュ博士は、1990年以来の米国内の50の主要な学校銃撃事件のうち42件が SSRI を服用する十代の若者によって犯行されたと指摘しています。

 

「私は米国精神医学会でこれについて議論しました。

私は血液検査ができることを説明しようとしました。

どんな子供や大人が SSRI を服用すると暴力的になる可能性が高いかを知ることができます。

私はこれについて数回書きました。雑誌で掲載しています...

 

Prozac または Paxil を購入した場合、説明書では、一部の人々は...自殺または殺人行動になりやすいと警告しています。

今では私達は「一部の人々」が分かっています!」

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放