米ぬかを使った自然な石鹸                  kahosaito


”自然派”や”ナチュラル”、”植物由来”などと書かれた洗顔料やシャンプー、石けんが増えた気がします。

 

私自身は、肌が極端に敏感という訳ではないもの、やはり自分の体に触れるものだからこそ、できるだけ肌にも環境にも優しいものを使いたいと考えています。

 

しかしつい先日、”自然派”をうたっているブランドのシャンプーを手にしたところ、原材料の表記に「ラウリル硫酸Na」の文字を見つけ、疑問を抱きました。

 

大手企業が販売する安価なシャンプーや石鹸にケミカルな物質がたくさん使われているのはもはや周知のことと思います。

しかしナチュラル系を装ってケミカルなものを入れるのはどういうことなのでしょうか。

 

ネットで検索してみたところ、案の定、いろいろ危険だという情報もあり、”自然派”や”ナチュラル”という看板を背負っているからといって、本当に自然なのかどうかについて考えさせられてしまいました。

今手元にあるシャンプーは、石けんは、本当に安全なのでしょうか。

 

 

まず石けんをはじめとし、私達の体を清潔に保つためのアイテムに含まれる成分のうち、危険性が度々謳われている成分について解説していきます。

 

今回着目するのは、私がこの疑問を抱くきっかけとなった「ラウリル硫酸Na」です。

 

肌に浸透し、体内まで化学物質が入ってくるラウリル硫酸ナトリウムの危険性

 

「ラウリル硫酸Na」は洗浄剤の1種であり、その泡立ちの良さ、洗浄力の強さ、製造時のコスパの良さから活用されている合成界面活性剤です。

 

シャンプーなどに広く使われている成分ですが、若干の刺激により敏感肌や乾燥肌の人は、かゆみを感じる場合もあります。

これらの何が危険だと言われているのでしょうか。

 

理由は主に2つあります。

1つ目は分子量があまりにも小さいため、肌に浸透しやすいという点です。

洗浄力が強い=刺激が強い物質が肌へ浸透してしまえば、「経皮毒」、すなわち皮膚へ有害性のある化学物質が吸収され悪影響を及ぼす危険性が高まるということです。

 

そして2つ目は、その強い洗浄力によって体に本来備わっているバリア機能が失われるということです。

強い洗浄力によって必要以上に皮脂が奪われることがあるのです。

 

また天然の保湿機能でもある皮脂、そしてそれを生み出してくれる表皮常在菌を死滅させる原因にもつながります。

天然のバリア機能がなくなれば、激しい乾燥やかゆみ、フケなどの症状に悩まされることになるでしょう。

 

「ラウリル硫酸Na」に備わっている脱脂力、タンパク質変成作用は肌の大敵です。

体を洗ったり、洗顔する時の影響だけでなく、歯磨き粉に含まれる「ラウリル硫酸Na」への指摘もありました。

発泡剤としての添加量は少ないとはいえ、口内炎など口腔内に炎症がある場合の「ラウリル硫酸Na」を含む歯磨き粉の使用には否定的な意見があげられていました。

 

 

「石けん=安全」ではない!

シャンプーなどに含まれる「ラウリル硫酸Na」が危険なのであれば、最もシンプルな製法で作られている石けんなら安全なのでは

そう考える人も少なくないでしょう。

 

しかし「石けん=安全」ではないことも現実なのです。

というのも、石けんもまた汚れを落とすための洗浄剤であり、”界面活性剤”のひとつに過ぎないといえます。

油などを水に分散させる作用は、シャンプーなどともあまり変わりないのです。

 

そのためシャンプーの代わりに石けんを活用しようとする際は、その洗浄力の強さや成分表記に十分注意しなければなりません。

石けんは原料油脂を脂肪酸とグリセリンに分解した脂肪酸と呼ばれる物質であり、原料油脂の成分を水生生物やバクテリアが摂取するために環境負荷は低いとされています。

 

しかし水中の溶存酸素を消費する速度も大きいため、酸素の供給が少ない水辺では酸欠リスクを高めることも事実です。

 

石けんの一部成分においては、水生生物への毒性が強いことも知られており、環境中に一定濃度以上存在すると生態系へ悪影響を及ぼします。

 

 

では安心できる”安全な石けん”とはどのようなものなのでしょうか。

 

”安全な石けん”を手に入れるために、自分で石けんをつくる「手作り石けん」の存在も注目を集めています。

自然派の方々は手作りにこだわる方も多いのではないでしょうか

 

しかし、手作り石けんには手作り石けんでリスクの高い成分が含まれています。

 

苛性ソーダに要注意!

その成分とは「苛性ソーダ」です。

 

石けんの製造法では、脂肪酸とグリセリンが含まれている油に苛性ソーダ、すなわち水酸化ナトリウムを反応させることで固形石けんが出来上がります。

しかし石けんを固形化させる上で必要不可欠な苛性ソーダは、毒・劇物取扱法、薬事法によって劇物と指定されている薬品です。

 

石けんをつくる上で約30%の濃度の苛性ソーダ溶液が必要になりますが、これは非常に高濃度です。

皮膚につけば皮膚が侵されますし、目に入れば失明の恐れがある成分です。

 

もちろん化学反応をしつくしてしまえば、石けんの成分として苛性ソーダが残存することもないのですが、そのような劇薬を用いるリスクを背負いながら安全な石けんづくりをするのは、少々困難を極めるのではないでしょうか。

 

 

しかし苛性ソーダに代わるアルカリ性の素材を用意することができれば、石けんをつくりあげることは簡単にできます。

そこでおすすめしたいのが「食用の重曹」です。

 

有名な米ぬか石けんのつくりかたを見ていきましょう。

 

材料

水600cc

重曹20g

無農薬の米ぬか200g

 

作り方

1,大きめの鍋に水を入れ、沸騰させる

2,重曹をいれる

3,米ぬかをいれる

4,ペースト状になったら型に入れて乾燥させる

 

重曹を投入時、泡がたつため、泡が落ち着くまでは米ぬかの投入は待ちましょう。

難点としてシンプルな天然素材のみでできている石けんのため、市販されているものに比べ雑菌が繁殖しやすいです。

長く愛用したい場合には、水気のあるところに置きっぱなしにせず、風通しのいい場所で保存しましょう。

 

 

最後に”安全な石けん”を手に入れるために必要なことをお伝えします。

私も”自然派”シャンプーに「ラウリル硫酸Na」の表記を見て以降、必ず実施していることです。

 

疑問に思うような原材料が入っていたらアウト

まず原材料表記の中に、自分が疑問に思ってしまうような見慣れない化学物質が含まれていた場合には、その商品を選ぶのはやめた方がベターです。

シンプルな製法で作られている石けんほど、原材料名が馴染み深い植物油の場合が多いです。

聞いたことのないような化学物質が目に入ったら、購入や使用を即決せず、一度ご自身でも調べてみることをおすすめします。

 

原材料の精製工程も調べてみよう!

また原材料が馴染み深い植物油であっても、その抽出方法で有機溶媒を用いていたのでは気持ちよく「安全だ!」とは思えないですよね。

原材料の精製工程についても問い合わせてみることをおすすめします。

精製工程の全てに納得できたものを選ぶことが、自分にとって”安全な石けん”を手に入れる確実な方法だと考えています。

 

実際につくってみて、製造工程を知ることも大切

「急がば回れ」とも言えますが、”安全な石けん”を手に入れるためには、まず自分自身で石けんづくりを体験してみるのも良い手段なのではと考えています。

 

そうすることによって普段使われているものがいかに不自然なものであるか思い知らされることでしょう。

 

例えば苛性ソーダの危険性についてお話しましたが、混ぜた後の状態で体に悪影響がないのであれば、すでに苛性ソーダの混ぜ込みが完了している「石けん素地」も安全だと思える1つの基準になります。

もし苛性ソーダそのものの存在に不安を感じるのであれば、重曹を用いた石けんがその人にとっての”安全な石けん”ということになるでしょう。

 

”安全”なものを選ぶ場合には、まず何事も疑う、疑問に思うことが大切ですよ!

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放