筋肉ホルモン                           内海 聡


筋肉がしっかりある人は健康で若々しく生きれる可能性があります。

「マイオカイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは筋肉から分泌される「若返りホルモン」です。存在が発見されたのは、まだ数年前のことです。

だから、ほとんど人が名前すら知らないのは、当然です。それまで、筋肉とは、たんなるエネルギーを消費する組織だと思われてきました。

 

しかし、近年の詳細な研究で、筋肉を使うと、そこからさまざまな活性物質が分泌、放出されることがわかってきたのです。

研究者たちは、これを「筋肉ホルモン」と呼んでいます。 

筋肉は、活性ホルモンの分泌器官だったのです。

これまでに、すでに筋肉ホルモンは約100種類もの物質が確認されています。

 

「マイオカイン」は、「白筋」の場合、激しい筋肉運動をすると分泌されます。

「赤筋」からは、ふだんの軽い動作でも分泌されます。

「マイオカイン」の分泌量は「筋肉量」と「運動量」に比例することも解明されています。

「筋肉量」と「運動量」を増やせば、若さを保てることになります。

そして「マイオカイン」の発見は、これまでの現代医療にも大きな疑問を投げかけています。

 

これまでの医療の鉄則は「絶対安静」でした。だから入院患者は、一日中ベッドに寝かせきりです。

ところが、この〝寝かせきり〟医療の恐ろしさは前から指摘されています。

日本の寝たきり老人は、欧米の約5倍といわれてます。

寝たきり老人は、みるみる筋肉が落ちて、骨と筋だけになります。

そうして、歩くどころか、起き上がることさえできなくなります。

鼻からチューブで栄養が補給され、排せつも管で行なわれます。

なかには胃に穴を開けられたチューブを差し込まれた異様な姿の老人もいます。

いわゆる胃ろうです。このような状態を病院関係者は自嘲気味に〝スパゲティ〟療法と呼んでいます。

 

ある老人医療の専門医は、恐ろしい警告をしています。

「70歳を過ぎて入院させると、1日1年のペースで老化します」。

欧米では手術した翌日から歩かせるのが常識ですが、日本人は、その〝荒っぽさ〟にびっくりsることが多いようです。

寝かせきりの体力、筋力低下の恐ろしさに、欧米の医学界が気づいているからです。

 

坂道を歩くだけで普通のウォーキングの20倍の運動効果があるそうです。病院なら階段があります。

「アイソメトリクス」も効果的です。わかりやすく言えば「静的筋肉強化法」です。

それは運動生理学に基づいたもので、「筋肉は、最低5秒間、最大負荷の80%以上の力を加えると、急速に増強される」のです。

5秒間でも強力な負荷を筋肉にかけることで、筋肉増強遺伝子にスイッチが入って、急激に筋肉細胞は増殖するのです。

ジムで何十分も筋トレに汗を流している人からみたら拍子抜けでしょう。

 

 ・勝者のポーズ:これはボクシングなど勝者が観衆に向かってとるガッツポース。

  そのポーズを決めて、両腕、胸筋、背筋、さらにお尻を引き締め脚の筋肉にまで、一気に思い切り力をこめる。

  プルプル全身が震えるくらい力をこめないと効果は出ません。

 

 ・祈りのポーズ:両手を合唱して両側から思いっきり圧力を加えます。上腕筋と胸筋肉が鍛えられます。

 

 ・鈎のポーズ:右手と左手の指を胸の前で鈎にして、両側に思いっきり引っ張ります。肩と背中の筋肉が強化されます。

 

 ・重ねのポーズ:左手のひらを上向きに。右手のひらを下向きに重ねて、上下に思いっきり力を加える。

  胸筋と腕全体の筋肉が鍛えられます。5秒やったら、今度は手の位置を変えます。

 

 ・交差のポーズ:これはタオルを用います。背中で交差させ右手と左手でタオルの端を握って思い切り引っ張ります。

  体幹筋が全体的に鍛えられます。

 

 ・加圧強化法:幅広の皮ベルトが必要です。きつく締めて腹筋に思いきり力を入れます。これは加圧レーニングの一種です。

 

あとは実行と継続あるのみです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放