第2の人生                                                     坂口鈴香


人生100年時代――織田信長が「人間五十年」と謡ったように、第二次大戦後まで日本人の平均寿命がおよそ50歳だったことを考えれば、現代の私たちは2回分の人生を持っているようなもの。

定年後は、文字通り「第2の人生」となるわけだ。

 

第2の人生を余生として過ごすにはあまりに長い。

定年後も生涯現役でいたいと願うサライ世代は、けっして少なくないはずだ。

そこで今回は、東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授の秋山弘子氏に、生涯現役でいるために必要なことについてお話を伺った。

 

■定年後も生涯現役でいるために絶対必要なこと

日本全国の高齢者約6千人を30年以上にわたり追跡調査した結果、男性の場合は団体やグループへの参加が後年の健康度と関連しているというデータが出ています(※秋山弘子「長寿時代の科学と社会の構想」岩波書店『科学』2010)。

しかも「身体能力」「認知能力」「社会的つながり」のうち、加齢とともに一番先に衰えるのが社会的つながりなのです。

 

退職すると、それまで仕事を通して構築してきた人的・社会的ネットワークはなくなってしまいます。

その状態で地域に戻ったときに、肩書や名刺なしに新たなネットワークをつくるのは勇気のいることですが、定年後も生涯現役でいるためには、社会とのつながりを維持することが必要です。

 

といっても、退職後の男性からは「することがない、行くところがない、話す人がいない」という言葉をよく聞きます。

そこで、私がもっともおすすめしたいのは「仕事」です。

 

仕事には責任感が伴います。

頭も使うし、身体も使う。そして何より人とのつながりができます。

これが健康を維持する一番の特効薬なのです。

「仕事に行く」と言えば、奥さんも快く送り出してくれます。

それほど大金にならなくても、お金が入れば好きなことに使えます。

 

一方、男性と違って、女性はもともと地域にネットワークを持っています。

ところが夫が退職してずっと家にいると、逆に外に出にくくなってしまいます。

夫が外に出れば、女性側の障害もなくなるのです。

ですから世の奥様方は、ご主人が外に出るための情報を集めて、提示してあげるとよいです。

 

■定年後の「第2の人生」おすすめの仕事とは

私たちは千葉県柏市といっしょに、高齢者の就労の場をつくる取り組みを進めていますが、需要が高いのは「介護福祉」「保育や子育て支援」「農業」といった分野です。

それまでホワイトカラーとして働いてきた人にとっては、未経験の分野には二の足を踏むかもしれません。

 

しかし、大切なのは「一歩、外に出る」こと。

いったん外に出ると、さまざまな情報が入ってきます。

すると、自分に向いた分野も開拓できるし、次のステップに移ることもできるのです。

 

ではどんな仕事を選べばよいのでしょうか?

 

退職後“丸腰”の一市民となると、どうふるまっていいのか戸惑う男性は少なくありません。

そういった方が入りやすく人気もあるのが、「農業」です。

 

高齢男性にとっての農業の魅力は、無理に誰かと口をきかなくてもいいこと。

他人にわずらわされずに、もくもくと作業に没頭することができます。

さらに、休憩時間になると自然と会話のきっかけもつかめます。

 

「農業は重労働」とは限りません。

農業には新しいテクノロジーも入ってきており、水耕栽培など、高齢者でも働きやすい軽作業の農業も生まれています。

また経営面が苦手な農家も少なくなく、経理や販路開拓など現役時代のスキルやネットワークを生かして農業ビジネスのサポートをしているリタイア世代もいます。

 

■「第2の人生」働き方の4つのコツ

充実した「第2の人生」を送るため、退職後にあらためて働こうと思ったら、次の4つのことを心に留めてください。

 

(1)バランスを取る

ただ「働く」だけでなく、「学ぶ」「遊ぶ」「休む」をうまく組み合わせましょう。

50代までは「働く」が中心。

でも第2の人生は、現役時代に忙しくてできなかった「学ぶ」や「遊ぶ」にも時間を使えます。

体力の落ちぐあいやお孫さんの世話や介護など家庭の事情も考えながら、うまく4つのバランスを取りましょう。

 

(2)働く形は柔軟に

リタイア世代は、身体機能や体力といった就労能力のバラつきが大きい世代。

マラソンの後半戦のようなものです。

加えて自由になる時間や経済状態も違います。

それぞれの状態に合わせて、働ける範囲で働けば良いのです。

 

今後、テレワークや起業、ワーカーズコレクティブ、モザイク就労など、働き方はさらに多様で、柔軟になっていくでしょう。

テレワークは、通勤しなくていいので高齢者に優しい働き方ですし、起業は経験が豊富で、ネットワークを持っているリタイア世代の成功率が高いというデータもあります。

また、違う能力を持った人が複数人集まって働くモザイク就労も、高齢者の持つ能力を発揮できるでしょう。

 

(3)「もう働けない」と思わない

AIやロボットは、若い世代では脅威とも受け取られていますが、重いものを持つなど、高齢者が不足している能力をテクノロジーがサポートすることで、高齢者でも安全にできる仕事が増えていくと予想されます。

 

テクノロジーを使いこなせると、就労の可能性は高まります。

だから、学ぶ機会をつくったり、スキルを磨いたりすることも心がけましょう。

 

(4)「人生二毛作」

リタイア世代におすすめしたいのは、「人生二毛作」ということ。

第2の人生は、現役時代と同じ仕事をしなくていいし、副業をしてもいいのです。

 

少子高齢化が進み若年人口が減るなか、高齢者が働かないと日本経済は回っていきません。

必然的に仕事の内容は変わり、高齢者ができる仕事は増えていくはずです。

会社人生はそこで完結させて、人生の第二幕をスタートさせるのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

談/秋山弘子 先生

イリノイ大学でPh.D(心理学)取得、米国の国立老化研究機構(National Institute on Aging) フェロー、ミシガン大学社会科学総合研究所研究教授、東京大学大学院人文社会系研究科教授(社会心理学)、東京大学ジェロントロジー寄附研究部門教授、日本学術会議副会長などを経て、2009年4月から現職。 

専門=ジェロントロジー(老年学)。 

高齢者の心身の健康や経済、人間関係の加齢に伴う変化を30年にわたる全国高齢者調査で追跡研究。

近年は超高齢社会のニーズに対応するまちづくりや産官学民協働のリビングラボにも取り組む。

超高齢社会におけるよりよい生のあり方を追求。

 

 



第三の人生                           印南敦史


今回ご紹介する定年本『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)は、初版が刊行されたのが昭和63年。

大正13年生まれだという著者の小林氏は当時63歳だったそうである。

70歳になった平成7年に文庫化されたが、いずれにしても初版から29年、文庫化から22年も経過しているわけで、読んでいると時の流れを意識せずにはいられない。

 

 

『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)

 

私は定年引退生活を「第三の人生」と呼んでいる。

「第一の人生」は、子供の時代から学校を卒業するまでの修業時代だ。

「第二の人生」は就職し、子供を育て上げる時代である。

さて引退して「第三の人生」に入ると、これがあまりにも、「第一の人生」に似ているのに私はびっくりしているところだ。

(本書「はじめに」より引用」)

 

たとえば、いい例が上の部分。

「第三の人生」という言葉や捉え方は、いまとなってはすっかりおなじみ。

というよりも使い古された感があるだけに、やはり新鮮味には乏しいのである。

 

とはいえ、だからといって、いま読む価値がないということでは当然ない。

時代の流れに抗えない部分は当然あるけれども、その一方には時間に左右されない普遍性があるわけで、そこを意識しながら読み進めていくと、なかなか楽しみがいがあるのだ。

 

本書の最大のポイントは「趣味」に特化している点である。

というのも著者は、60歳になるまでにいろいろな趣味をかじったものの、転勤などの事情から、結果的にはなにひとつものにならなかったというのだ。

しかし、そんな失敗があったからこそ、定年後はその悔しさを原動力にして、ひとつずつ再挑戦していくことになる。

 

本書は私のたどった恥ずかしい趣味の履歴を基にしながら、定年引退後、「今度こそは」と趣味に没頭した経緯をまとめ、さらに、再就職せずに家計を維持している現状を報告したものである。

(本書「はじめに」より引用」)

 

まずは囲碁に取り組み、その後もエレクトーンで「ラ・クンパルシータ」や「オリーブの首飾り」を弾いてみたり、肩を痛めてやめたゴルフの代わりに水泳に挑戦してみたりと、自由を満喫しながらさまざまな趣味にチャレンジしていくさまは微笑ましくもある。

 

ところで、上記の引用部分には、定年退職者の心を多少なりともくすぐる部分がある。

いうまでもなく、「再就職せずに家計を維持している」というフレーズである。

どういうことかといえば、長らく時事通信社に籍を置き、海外生活も長かった著者は、趣味と並行して「翻訳」で生計を立てることを選択したのである。

 

といっても翻訳で得られる収入は決して高額ではなく、そのため苦労も多かったようだ。

しかし、そんな苦労もまた、趣味と同じように脳を活性化させていたにではないだろうか。

本書で確認する限りにおいては、そんな印象がある。

働いていることが励みになっているのだ。

 

私は人生はバランスだと思っている。

拘束されれば金が入る。自由でいれば貧乏する。

これがバランスだ。私は後者を選んだだけのことである。

だから「これだけ稼げばもういいや」と思う時は翻訳依頼の電話を受けても頻々と断ってきた。

(本書220ページより引用)

 

いわば、自分のペースで趣味と仕事を両立させてきたということ。

そういう意味においては、定年後の理想的なライフスタイルのひとつが本書には提示されていると言えるだろう。

 

著者が翻訳のような特殊技能を持ち合わせた人物である以上、ここに書かれていることのすべてを読者が応用できるとは言えないだろう。

しかし、意識しておくべきことがある。

もちろん他の人にはない能力も持ってはいるけれども、それが著者の定年後の生活をイキイキとさせたわけではないということ。

 

つまり、学ぶべき重要なポイントは、著者の前向きなマインドなのである。

「定年だから隠居」どころか、タイトルにもあるように「定年から」に焦点を当てて動き続けてきたからこそ、その後の生活が輝いたということだ。

その点は、定年を迎えた多くの人に応用する価値があるのではないか。

 

著者は平成22年に、85歳で世を去っている。

しかし、70歳だった本書文庫版発行の時点で以後の人生を「第二定年」と位置づけているところを見ると、そこからの15年間もさぞや充実していたのではないだろうか。

 

そんなことを想像すると、さらに「定年以降」の充実度に価値があることを実感せざるを得ない。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放