秋バテ予防                          霜崎 ひろみ


今年は本当に異常に暑かった、、、 

そんな中で、疲れがたまったり、だるかったり、 

 

いつのまにか風邪をひいていたり、体調が芳しくないと感じる方も多い今日この頃。 

みなさまはいかがでしょうか。 

 

先日、「この夏、何か不調はありましたか?」と伺ったところ、 

 

・だるい 

・すぐに眠くなる 

・体が重い 

・お腹から下が重い 

・膀胱炎になった 

・喉風邪を引いた 

・皮膚が痒くてかいていたら、じくじくしてしまった 

 

などの不調を持った方がいらっしゃり、 「元気でした!」という方はいらしゃいませんでした。 

 

たまたま、かもしれませんが、多かれ少なかれ、同じような 不調を感じている(感じていた)方も多いことでしょう。 

 

夏に感じた不調(ちょっとした不調でも)を持ったまま、秋に向かいますか

 

「涼しくなれば、体調もよくなるだろう。」と、何もせず、我慢してしまう、、、それは、避けていただきたいのです。 

今、少しでも解消して、秋に向かっていただきたいのです。 

 

「それは、どうしてか」

「秋バテになる可能性があるから。」です。 

 

秋になっても「夏バテ」のような不調が続く「秋バテ」。 

涼しくて、天高く、実りの秋に「バテ」ていては悲しすぎます。 

 

今のうちに、夏の疲れを解消して、秋を満喫しましょう。 

 

「夏疲れ」を解消するなら今!

「夏疲れ」の2大原因を東洋医学で考える

 

「夏疲れ」、言い換えれば、「夏の不調」を引き起こす原因の中で、 大きなものは、何と言っても、以下の二つでしょう。 

 

1、自律神経が不安定に、、、

 

夏の暑さと、クーラーをかけている部屋の涼しさの間を 往復する私たちの体。言ってみれば、数時間ごと、場合によっては数分ごとに、 

夏と秋冬を行ったり来たりしているようなものです。 

 

私たち人間は、自然界に生きています。自然界のひとつのパーツである 私たちは、気づかぬうちにも自然のリズムに同調しています。 

 

すると夏は、暑さ対策仕様の体にマイナーチェンジして、 毛細血管をゆるめて広げ、熱を放出しやすくしています。 

 

この時に働いているのが、自律神経。 

 

「自律神経」と体温調節

自律神経とは、私たちの体内の環境を一定に保つために、私たちの意思とは無関係に、 そして、常に動いている神経で、交感神経と副交感神経の二つに分けられます。 

 

人間は、体温調節のために血管を拡張して、熱を放出しやすくしたり、 収縮させて熱を逃さないようにしているのですが、 この血管に作用するのは、実は、交感神経だけ。 

 

 

普通の内臓には、交感神経と副交感神経が拮抗して作用しますが、 血管、立毛筋、汗腺には、交感神経だけが分布していて、 体温調節をしているのです。 

 

つまり、温度の変化を感じて、熱を逃すモード、逃さないモードの 切り替えを交感神経ひとりで、必死にやっているのです。 

 

クーラーと外で激しい温度の変化があると、 交感神経が過度に働かされ、疲れてしまうのです。 

このことを、広い意味で「自律神経系の乱れ」と呼ぶことが多いのです。 

 

東洋医学で「自律神経」に関係する臓器は?

東洋医学では、「自律神経」の調節は、五臓六腑(肝・胆・心・小腸・脾・胃・肺・大腸・腎・膀胱・三焦)のうち、

「肝」が関係していると考えられています。 

 

「肝」は、私たちの体に流れるエネルギー「気」の流れを調整する司令塔の役割をしています。

また、「気」は、「血」や「水」(体の中の水分)を 運んでいます。

 

つまり、「気」が順調に流れることで、「血」や「水」も順調に流れていきます。

よって、何らかの原因で「気」の流れが滞ると、「血」や「水」の流れも悪くなり、滞ってしまうのです。 

夏の「温度差」は、「気」の流れを滞らせる原因のひとつなのです! 

 

「気」「血」「水」の滞りで出る体の不調

□ 体も気持ちもすっきりしない 

□ イライラする 

□ 肩こり 

□ 腰痛 

□ 頭痛 

□ 生理痛 

□ むくみ 

□ 体の冷え     など 

 

2、飲んでいたのは「冷たいもの」、食べていたのは「火を通さないもの」

これだけ、暑く、蒸し暑ければ、「温かい」ものは食べたくない、飲みたくない。 

火を使って調理したくない、、、という方が、今年に限らず、多いのでは

 

しかし、「冷たいもの」「生のもの」ばかりに偏っていると、 「おなか」が冷えてしまうのは、想像しやすいですよね。 

 

「おなか」である「消化器官」が冷えて働きが悪くなると、 食欲不振、下痢などが起こってしまいますよね。 

 

東洋医学では、「消化器官」にあたる「脾」「胃」が協力して、 私たちが飲んだり、食べたりしたものから、体を作る「気」や「血」の元を作り、 「水」を取り出す働きをしていると考えています。 

 

ということは、「脾」「胃」の働きが低下すると、 「気」も、「血」も、「水」も正常には作り出せないのです。 

「気」が作り出せなければ、「元気」が出ません。 

 

また、さきほど「気」が「血」や「水」を運ぶと書きました。 

ということで、「気」の量が少なければ、「血」や「水」が滞ります。 

「血」が作り出せなければ、体に良い栄養がまわりません。 

 

「水」が取り出せなければ、おなかがチャポチャポしたり、 膨満感で食欲不振などのトラブルが起きてしまうのです。 

 

「気」の不足で出る主な不調

□ 元気がない 

□ 疲れやすい 

□ だるい 

□ やる気がおきない 

□ 体の冷え 

□ 食欲不振 

□ 食後眠くなる     など 

 

「血」の不足で出る不調

□ 動悸、息切れ、不整脈                            

□ 眠れない                              

□ 立ちくらみ、めまいがある            

□ 手足のしびれ、こむら返り起こしやすい など     

 

望診法で夏の疲れをチェック&薬膳的セルフケア

以上のように、東洋医学で、夏疲れの2大原因を考えると、 

「気」の不足

「気」の滞り

「血」の不足

「血」の滞り

「水」の滞り 

に結びつくことがわかります。 

 

「私はどのタイプだろう」と疑問に思われたら、 体の外に現れるサインから、体の中の状態を推測する望診法であたりをつけましょう。 

そして、食べ物の力を借りて、体をいたわりましょう。 

 

「気」の量が足りない人はこんな人

□顔色が白っぽい 

□見た目が弱々しい 

□舌の色が淡い色(本体が白っぽい)でぼてっとした感じ 

□舌に歯形があったり、亀裂が入っていることも 

 

気が足りない人のお助け食材

米、芋、豆、キノコ類、鶏肉、たら、いわし、かつお、うなぎ、えび、高麗人参、なつめ  ほうじ茶、ミントティー など 

 

 

「気」が滞っている人はこんな人

□顔が赤い 

□舌の周辺が赤く、真ん中には苔があることも。 

 

気が滞っている人のお助け食材 

香味野菜、玉ねぎ、らっきょ、かんきつ類、ジャスミン茶、ローズティー  など 

 

 

「血」の量が足りない人はこんな人

□皮膚がカサカサしている 

□顔、唇や舌の色が白っぽい 

□舌が細い 

 

血が足りない人のお助け食材

黒ごま、黒きくらげ 黒豆、プルーン、レーズン、人参、クコの実、ほうれん草、黒豆茶など 

 

 

「血」が滞っている人はこんな人

□舌や唇の色が悪い(紫がかっている) 

□舌の裏の静脈が紫がかって浮き上がっている 

 

血が滞っているのお助け食材

ねぎ、しょうが、にんにく、酢、べにばな、ウコン茶、シナモン紅茶 など

 

 

「水」が滞っている人はこんな人

□イボがある 

□目の下がぷっくりしている 

□舌が太め、歯形があることも 

 

水が滞っている人のお助け食材

ハトムギ、キノコ類、海藻類、蛤、あさり、しじみ、ハトムギ茶、小豆茶 など

 

 

その他おすすめの「体いたわり術」

交感神経ばかり頑張りすぎて、疲れてしまった時は、 体をリラックスさせる副交感神経を優位にしましょう。 

 

*深呼吸 

ゆっくりと、深い呼吸をしましょう。吐くことに意識を向けるとより深い呼吸ができるでしょう。

 

*入浴 

ご自身が快適なややぬるめの温度のお湯につかりましょう。

 

*質の良い睡眠

暗さ、室温などを調節し、ぐっすり眠れる環境を作りましょう。

 

 

以上のようなことに気をつけて、

秋になる前に、ご自身の体をいたわって、秋バテ知らずの 爽やかで健やかな秋をお楽しみくださいね。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放