砂糖を摂りすぎると                        はつらつ


朝食のパンに塗るジャム、オフィスで小腹がすいたときのキャンディーバー、午後のちょっとしたスイーツ、テレビを観ながらデザートにフルーツを入れたヨーグルト…甘いものって、なんだかホッとしちゃいますよね。

 

しかし、身体への影響を考えると少々気を付けたほうがいいかもしれません。

そしてこれは、明らかに砂糖を大く含む甘い食べ物に限った話ではないのです。

糖分は、実は私たちが予想もしていないようなところにだって潜んでいます。

加工食品などを例にとると、例えばソーセージ、缶詰のフルーツや野菜、ポテトチップスなどには、驚くほどの量の糖分が含まれているのです。

 

ところで、糖分を摂りすぎると、身体には一体どのような影響があるのでしょうか

糖分は、身体の中で燃焼しきれないほどの量が摂取されると、やがて脂肪へと変わっていきます。

しかも、それは鏡を見たときに目に見えるような脂肪だけではありません。

 

脂肪は体内の内臓にもついていきます。

いわゆる内臓脂肪と呼ばれるもので、肝臓などは脂肪が現れやすい臓器の代表です。

内臓脂肪が増えていくと、臓器の働きも衰えていきます。

実は近年の研究の結果、脂肪は体に悪影響を与えるだけではないということもわかってきたそうです。

しかし同時に、人体に与える悪影響という意味では実は脂肪よりも砂糖(と塩)の方が深刻であるということも判明してきています。

 

次に紹介する7つの症状は、いずれも砂糖の摂取過多によって引き起こされる深刻なものです。

 

1. 倦怠感

糖分は血流に乗って全身をめぐり、すぐにエネルギーに変わりますが、そもそも人体は糖分を追加しなくても覚醒する機能を備えています。

低血糖症という言葉はよく耳にすることがあるかと思いますが、実はその反対の高血糖症の人の方がはるかに疲れやすい体質だというデータがあるのです。

 

オフィスでの仕事中にエネルギーがほしい…という場合は、チョコレートの代わりにリンゴを食べることをお勧めします。

リンゴには糖分とともに食物繊維も豊富に含まれており、これにより糖分の吸収スピードが緩やかになるため、より効率よくエネルギーへと変わってくれます。

さらにエネルギーの持続力もあり、かつ太りにくいというメリットもあります。 

 

2. 集中力の低下 

食事の後はいつも集中することができず、なんだか頭の中に霧がかかったみたい…そう感じる人は、ひょっとすると食べ物に含まれている糖分が多すぎるのかもしれません。

血糖値が急激に上がったり下がったりすると、認知機能障害や、ひどいときにはうつ病を発生させる原因となることもあるので注意が必要です。 

 

3. 砂糖依存症

砂糖が昔よりもあまり甘くなくなってきたと感じる人はいませんか。

この場合は砂糖依存症に陥っている可能性があります。

長期的に大量の糖分を摂取すると、味覚のグルコース耐性レベルが少しずつ上がっていってしまうことがあるそうです。

こうなってしまうと、甘さを求めて砂糖の摂取量がどんどん増えていってしまいます。

 

砂糖のことを中毒性の高い薬物だと呼ぶ化学者もいるそうですが、納得ですね!

 

4. 体重の増加

お気に入りのジーンズが入らなくなり、自分の体型に嫌気がさした…そんな経験はありませんか。

体形の変化の原因は、実は食べ物に含まれる糖分にあるのかもしれません。

砂糖には多くのカロリーが含まれており、しかもその質があまりよくないものだということが最近研究などで分かってきています。

糖分は空腹を一時的に満たしてくれますが、すぐにより大きな空腹感に襲われることになるのです。

 

これはすなわち、糖分を多く含む加工食品ばかりを食べる人は、自然の素材を使用して家で調理する料理を食べる人に比べてより早く空腹感を覚えるやすいうことを意味します。

結果として、食べる量がどんどんと増えていってしまうというわけです。

 

5. 空腹感

先ほども紹介しましたが、糖分の多い食事を摂り続けると、空腹感もどんどんと増していきます。

これも砂糖の中毒性の一端と見ることができますが、ある専門家によると砂糖の中毒性はコカインなどの麻薬よりも強力なのだそうです!

 

6. 風邪にかかりやすくなる

他の人に比べて風邪やインフルエンザにかかりやすいという人は、ひょっとすると糖分の摂りすぎが原因かもしれません。

砂糖を摂りすぎると体内の免疫システムが弱まり、結果として病気にかかりやすくなってしまうのです。

これだけでも、砂糖を摂りすぎるべきでない大きな理由といえるでしょう。

ずっと風邪気味が続くことほどつらいものはないですよね!

 

7. 肌荒れ

体内に摂取しすぎた砂糖は、毒物と同様に体内で処理しきれなくなってしまいます。

この場合、人体は最終手段として毒物を皮膚から体外へと排出しようとします。

もちろんこれは効率的な手段とは言えません。

こうなると肌にはニキビや湿疹、酒さなどの症状が発生するだけでなく、過度に脂ぎったり、逆に乾燥してカサカサになってしまうのだそうです。

 

スキンケア製品にお金を使うよりも、糖分を抑える方が効果があるかもしれません。

 

もちろん、スイーツは人生に楽しみを与えてくれる重要な存在です。

例えば、特別な日にケーキを楽しんだり、たまに加工食品を食べる、という分には何の問題もありません。

しかし、基本的に身体に取り入れることになる食べ物は、野菜、果物、ナッツ、豆、穀物など、自然の食材を使用したものであることに越したことはありません。

もちろん乳製品や肉も大切な栄養源となりますよね。

 

砂糖の摂取を止めるのは非常に困難です。

しかし、それを乗り越えると、他の食材の味覚を再び楽しむことができるようになります。

偉大な自然にはスパイスやハーブ、その他様々な調味料となってくれる食材があふれています。

砂糖の代わりに、例えばレモン汁を加えてみたり、コショウやクミンなどの香辛料を試してみたり、ショウガやウコンなどの植物の根の力を感じてみてはいかがでしょうか。

パセリやシソ、トウガラシなどの風味を楽しむのもいいでしょう。

 

こうした気遣いを持って食事を楽しめば、体型を維持するだけでなく、身体の健康を維持することにもつながりますよ!

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放