睡眠障害                             藤川 徳美


ナイアシン2~3gは、当院では統合失調症の標準的な治療。

最近では、躁うつ病(双極性障害)や慢性うつ病にも顕著な効果を確認している。

抗躁効果、抗うつ効果、両方あるのは確実。

 

特に、リチウム+バルプロ酸で躁うつ病相が予防できなかった人に効果がある。

上記の慢性疾患を持つ人には、ナイアシン500mg開始でも結構フラッシュを起こさない。

もう一つ、ナイアシンは睡眠障害に顕著な効果がある。

慢性の精神病患者の大多数は、睡眠障害があるため睡眠導入剤を服用している。

ナイアシンを投与することにより、睡眠導入剤を減量、中止できた人が多数。

投与方法としては、500mgの錠剤を朝1錠、昼1錠、就寝全2~4錠と就寝前を多めに服用。

 

L-トリプトファン→セロトニン→メラトニン

 ↓

ナイアシン

ナイアシンを投与することにより、L-トリプトファンからメラトニン合成が促されるのが作用機序。

この睡眠障害改善作用は、フラッシュタイプのナイアシンのみにあり、ナイアシンアミド、徐放型のナイアシン(イノシトールヘキサニコチネート、inositol nicotinate)にはないと推測している。

一時期、ホッファー博士と同じように、朝3錠、昼3錠、夜3錠服用していたが、過眠傾向となったので減量した。

不思議なことに、朝、昼、服用時には眠くならないが、夜服用すると途端に眠くなる。

睡眠導入剤断薬を希望されている方は、ナイアシンを服用すべきでしょう。

 

フラッシュが怖い健常人は、100mgで開始を。

 

*ナイアシン開始1週間前からCの大量服用を行っていれば、ヒスタミンが放出され、フラッシュが出にくくなる。

 量は3~10g(腸耐性容量)。

*アスピリン100mg程度と併用すれば、フラッシュが出にくくなる。

 例えば小児用バファリン。

 

*高タンパク/低糖質食併用は必須。

 もしくは、精製糖質完全除去のオーソモレキュラー食。

*当然他のビタミン、ミネラルも併用することが望ましい。

 A、B50、D、E、Fe、Zn、Mg。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放