皮膚がんを流し去る                   Dr. Mercola


皮膚がんは米国で最もよく見られるタイプのがんです。

実際に、皮膚がん発生率は毎年その他のがんを全部合わせたよりもさらに高く、1992年以来300%を超えるまでに増大しました。

 

アメリカ人のサンスクリーンで守ろうと言う善良な取組は明らかにその効き目がなく、その理由の一部を以下ではご説明します。

しかし最初に、非悪性腫瘍皮膚がんを治癒しうる、と研究で示されている画期的かつ完全に自然な物質をご紹介します。

 

それはソラソジン ラムノシル 配糖体(BEC)といって、ナス、トマト、じゃがいも、ピーマン、タバコ等ナス科の植物から取れるエキスの空想を刺激しそうな名前の物質です。

 

がん処置に使用できるナス類植物のエキス

野菜の内ナス科植物エキスが1825年まで遡るほぼ200年間に渡り、がんの処置に効果があると報じられていると、自然な健康の先駆けであるジョナサン・ライト博士は説明しています。

しかし、かなり後になっって1950年代を過ぎて初めてこの効き目については正式な研究が行われるようになりました。

 

チャム博士の報告によると、非悪性腫瘍皮膚がんの処置と管理に米国では毎年14億ドル以上の費用が発生しており、この数値は指数的に増加中で間もなく持続可能性がなくなると説明しています。

 

さらに、一般的な処置、手術や放射線治療には次のような問題があります:

 

手術ではがん細胞は完全に取り除くことができない

治るのが遅く痛みを伴う

傷跡が残り、これはコスメチックからしてアピール性がなく、がんが顔面の場合特にこのことは言える

重篤な健康リスクを与える放射線治療

 

従来的処置後に再発率が高いことが報告されています

手頃に入手できるナスエキスは全く跡を残さずにがん性の損傷を解消する効果があり、副作用としてはかゆみや炎症程度しかないということは印象的です。

 

ナスエキスクリームで素晴らしい効果が得られた2つの皮膚がんケーススタディー

チャム博士の最新研究は臨床医学の国際的専門誌International Journal of Clinical Medicineに掲載されました。

この論叢には約60人の男子について行われた2つの印象的な症例報告が含まれています。

これらの男性は長年苦しめられてきた広範囲の基底細胞がん(BCC)または扁平上皮癌(SCC)に罹っていた方々でした。

 

BEC (ナスエキス)のクリーム調製剤で1日2回処置した結果は驚くべきものでした:

 

前者のがんの場合、ナスエキスクリームで処置したら腫瘍が急速に分解しました。

2週間後に損傷部位は元のサイズの半分までに減少し、14週間後にがんは臨床的に解消し、傷跡の組織も全く形成されませんでした。

腫瘍が元あった場所から髪も再生しました。

後者の腫瘍の場合、ナスエキスクリームで6週間処置後、皮膚がんの損傷は「きれいになった」感じが出てきて、がん細胞の一部は正常細胞になっていました。

それから3週間後に損傷の跡はさらに小さくなり、より多くの正常細胞があることがはっきりしてきました。

治療開始から合計14週間後、損傷は完全に消え、傷跡組織も全くありませんでした。

 

がん細胞のみを殺し、健康な細胞しか残さないBEC5ナスエキス

興味深いことにBECと特殊調製剤BEC5はチャム博士によると、80,000人以上の患者で成功を収めた実績があり、がん細胞のみに作用して正常細胞はそのまま残します。

チャム博士は次のように説明しています。

 

「SRGs [糖アルカロイド ソラソジン ラムノシル配糖体(BEC)]は現在使用されるどの抗悪性腫瘍薬とは異なります。

 

正常細胞にはないが、がん細胞にしか存在しないSRGsの特異受容体がまずがん細胞のみが細胞死に至る第一段階の事象であり、この事実は処置中にがん細胞が壊滅され、正常細胞が死んだがん細胞を置き換えて傷跡の組織が形成されなかった理由の説明要因であると考えています。

 

ここにご紹介した二つの症例は大型で解剖学的に言って損傷部位の処置が困難でした。

この処置の美観への効果が少なくとも他の利用可能な処置み優る、またはその確率が高いことにほぼ疑う余地はありません。

処置を終了するとき腫瘍があった場所がわかりませんでした!」

 

残念ながら、ナス,、トマト、唐芥子や同類の野菜を単に食べるだけでは、多くの理由でメリットがある反面、以上のことと同じ効果がありません。

有効成分は細胞にまで効果的に貫通することができないからです。

このためには配糖体を添加しなければなりません。

この分子は多種類の簡素な砂糖が付加したもので、皮膚がん細胞に見られる受容体に適合することができるものです。

 

自家製バージョンで得られたある読者の素晴らしい体験

私は鼻に皮膚がんがありました(横の一番下の部分に)。

生検を実施し6年ぐらい前だったか切除しました。

しかし、近年の間に基底細胞がんとして再発しました。二三カ月前に醜くなり始め、小さい黒の塊に変化していました。

 

AAFCO(米国飼料検査官協会)から帰宅してから形成外科医を訪ね、切除するよう説得するつもりでいました。

しかし、その医師は同意しようとしませんでした。

彼は切除に$6,000掛かと提案し、私に健康保険はありませんでした。

そこで私は帰宅し、自分でできることがないものか検索を開始しました。

Dr. Mercolaのナスエキスに関する寄稿を発見しました。皮膚がんへの効能について読みました。

 

ナスエキスを見つけることはできませんでしたが、自家製レシピを見つけ、これが単にナスとリンゴ酢だけのものでした。

両方とも有機の物を買い入れ、自分で作りました。

エキスにガーゼを漬け込んで1日に数時間鼻にバンドエイドで貼るのを習慣にしました。

かさぶたができて(他の場所にはできず、そのガンの部位のみ)は剥がれ落ちが繰り返されました。

 

そして今ではなくなりました。

最後の一点が落ちてからさらに10日間この処置を続けました。

現在その箇所には何もありません。本当に相当素晴らしいことです。

 

悪性腫瘍皮膚がんリスクを増大する日光不足

皮膚がんの高価ではない安全で自然な癒しよりさらによいものは当然、当初から予防することです。

太陽を避け、サンスクリーンをたっぷりと着けるのは皮膚がん予防の最善策なんかでは到底ありません!

実際にはこのため実際に、皮膚がんの致死確率が高い形態である悪性腫瘍リスクが増大します。

これを行えばビタミンD濃度を枯渇させます。

 

体内器官は血流から得たビタミンDをカルシトリオールに変換します。

これはビタミンDのホルモン的または活性化した物質です。

器官はがん細胞や腫瘍も含む、損傷の修復にこれを利用します。

日光に当たるのはビタミンDの健康維持に役立つ血中濃度を維持するための最適な方法です。

従って日光を避けてきたりビタミンDの生産能力を妨害するサンスクリーンを塗ってきた方は、欠乏している可能性が高く、この抗がんメリットを活用できないでいます。

 

ビタミンDの抗がん効果は次のように幾重ものしかたで機能します:

 

突然変異細胞の自己破壊増加(これが反復するようになるとがにつながります)

がん細胞の転移と増殖の削減

細胞を分化させる(がん細胞は通常は分化しません)

既存の血管からの新血管成長の削減。新血管発生は休眠腫瘍をがん性のものに転換する段階です

非悪性腫瘍皮膚がんから保護しないほとんどのサンスクリーン

 

ビタミンD濃度にインパクトがあること以外に、大部分のサンスクリーンはUVAから適切に保護しないので無駄よりさらに害悪があります。

懸念を持つ必要がある紫外線には2つの主なタイプがあります。

ビタミンDを生産するUVB光線と皮膚を損傷するUVA光線の2つがこれです。

 

UVBの方がずっと速く効果があるとはいえ、UVAとUVBともに日焼けや火傷を起こします。

しかしUVAはUVBより皮膚により深く差し込み、光老化、皺、さらに非悪性腫瘍皮膚がんにおいてはるかに重要な要因です。

 

しかし、サンスクリーンがUVAから自分を保護してくれると思っているのでしたら、おそらく騙されています。

2011年に環境作業部会が行った分析では、60%以上のサンスクリーン製品がUVAから適正に保護していないこと、実際には、欧州市場なら認可されないはずであるほど効果がないことが発見されました。

 

UVAのほうがその本質からいってより大きな損傷を与え、継続的に日中には高いので、UVAから保護してくれないサンスクリーンを「身にまとえ」ば実際上全くメリットがなく、全身の健康に破壊的影響があります。

従ってサンスクリーンを使用しているなら、UVAから実際に保護するものであることを確認しなければなりません。

 

皮膚がん予防に利用する太陽

皮膚がん保護のための太陽の効果的利用法は、ビタミンD生産を最大化するのと最適な健康を維持するための自然な太陽光に十分当たる間に健康的なバランスを見つけることです。

しかし同時に太陽光に過剰に当たることから発生する損傷から自身を保護することも重要です。

 

便利な原則としては(白人の場合)皮膚がごく僅かにピンク色のシェードを帯びたら日に当たらないようにします。

これ以上太陽光に当たると身体はビタミンDを生産しなくなり、太陽光線による損傷を受け始めます。

身体のどの部位であろうとひりひり感が出るほどの日焼けは健康によくありません。

 

ビタミンDの主な採取源として自然な日光を利用するようにすべきですが、冬の間は安全な日焼けベッドが次善の代替策です(これは磁気的ではなく、電子的なバラストを使用したもので、太陽光線よりUVAレベルが低いものです。大部分の安全ではない日焼けベッドは太陽より高いUVAレベルを使用しています)。

 

これらのどれも利用できない場合、ビタミンD3サプリを飲むことができます。しかし念頭に置くべきこととして、メリットを全然取り込めない可能性もあります。

毎日のビタミンD 摂取量は成人の場合8,000 IUが必要とされており、これで血中濃度が健康維持に役立つ範囲におさまります。

 

皮膚がんから保護するのに役立つ食習慣

栄養素 これらの食品に含まれる

ベータカロチン

 

サツマイモ、ほうれん草、ケール、コラードの葉、大部分の黄色系やオレンジ色系野菜

 

リコピン

 

トマト(ソース等に調理した形態も含む)、スイカ、パパイヤ、ピンクグアバ

 

ルテイン

 

ほうれん草、ケール、エンドウ、芽キャベツ、ズッキーニ、ピスタチオ、ブロッコリ、玉子の黄身

 

没食子酸エピガロカテキン (ECGC)とポリフェノール

 

緑茶、紅茶、ローズマリー、タイム、オレガノ、ニンニク、ココア

 

フラボノイド

 

スダチ、特にスダチの皮

 

プロアントシアニジン

 

ココア、ブドウの種

 

アブラナ科の野菜

 

ブロッコリ、カリフラワー、キャベツ、葉キャベツ、ケール

 

アスタキサンチンと呼ばれる近年重宝がられている高度のメリットを持つカルテノイドも皮膚を太陽によるダメージから保護し、老化の兆候を軽減する効果があるので、研究者の興味を惹き付けてきました。

アスタキサンチンはUV光線に当たると海藻に発生するもので、海藻から抽出されます。

これは海藻が自身をUVBによるダメージから保護する方法なので、この深い色の色素を身体組織に飽和させるまで十分時間をかけて(通常は数週間)適正な用量で摂取すれば、身体の「シールド」として機能することは有意義です。

 

Cyanotech Corporationは中立消費者研究ラボを通してある研究に投資しました。

ここではアスタキサンチンを補給する前後で皮膚のUVAとUVB光線への抵抗力を測定しました。

その結果は1日に4mgを3週間だけ摂取させた治験者の場合、皮膚が赤味をおびるまでのUV放射の所要時間が大幅に増加しました。

 

身体は日に当たるようにできており、適切に当たる限り、日光に晒されると皮膚がんやその多多くの形態のがんリスクを減らすのに役立つ最良の方法の一つになります。

非悪性腫瘍の皮膚がんが発生した場合、総体的ヘルスケアの先生に、ナスエキス等の最も浸撃性の少ない潜在的には最も安価なものを含め、利用可能なすべての処置方法について教えてもらってください。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放