白砂糖が恐ろしいと言われるワケ                   Aki Taki


「見た目が茶色い砂糖なら健康にいい」は間違い

白砂糖が体に良からぬ影響を及ぼすという情報は広まりつつありますね。

健康を意識されている方ならすでにキッチンから白砂糖の存在は排除されていること思います。

かつてわたしの家庭では白砂糖こそ使っていなかったものの、砂糖そのものの知識がなく茶色いものなら大丈夫、と三温糖を使用した料理を口にしていました。

おまけに甘党のわたしはお菓子を毎日のように食べ、休日は必ず外食しデザートまで食べる、仕事の合間に市販のカフェラテを飲む、というような生活でした。砂糖からは切っても切り離せない生活を送っていたのです。

 

そのときの体調は、疲れがイマイチ取れない、だるい、寝ても寝ても眠い、イライラする、アレルギー反応が出やすい、体調不良が続く、ごはんをしっかり食べても甘いものを欲する、というような具合。

今思えば砂糖の影響が顕著に体に現れていたのだと気付きます。

今回はそんなわたしでも成功した、砂糖断ちする方法をお伝えします。

 

白砂糖が恐ろしいと言われるワケ

白砂糖はマクロビオティックにおいて極陰の人工加工品、

白砂糖には中毒性があり、「もっともっと」と欲する作用があります。

また女性の天敵「冷え」を加速させる働きも。

なぜなら、精製された白砂糖は完全なる人工的加工品であり食品添加物。

マクロビオティックでは食品添加物は「極陰」とし、体を冷やす働きをします。

 

三温糖は白砂糖よりさらに危険

白砂糖だけではなく、三温糖も同等の作用が起こります。

三温糖は品質表示を確認すると「カラメル色素」と表記があります。

これは砂糖を精製する際に残った蜜を煮詰めてカラメル化させたものを白砂糖に添加しているもので、言うならば白砂糖よりもさらに危険な食品です。

このカラメルは体内で尿素系の化学物質を作り出し、運動機能、学習機能に影響を及ぼす可能性があると、わかってきています。本質を知らずイメージで判断をすることがいかに恐ろしいことか、と考えさせられます。

 

「ガン細胞のエサ」になる、精製された白砂糖が体に及ぼす影響

・血液の酸化、糖化

・体内のビタミン、ミネラル、カルシウムを大量に奪う→虫歯、骨粗鬆症

・鬱やパニック障害など精神的疾患

・アレルギー、アトピーの進行、悪化

・頭痛や記憶障害

・ガン、生活習慣病

・血液に入り込んで血管を痛める

・集中力、記憶力の低下

・短気、イライラ、攻撃的

・老化や肌荒れ

・むくみ、疲労感

・性器トラブル、不妊

・リウマチ

・ウイルスに弱くなる

など、挙げたらきりがないほど様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

外食、調整豆乳、市販のドレッシングやソース類で白砂糖を無意識に摂取しているかも!

できるだけ砂糖の摂取を避けたいところですが、そうは言っても今の日本ではなかなか難しいのが現状。

様々な調味料に紛れて砂糖が添加されているため、自分はお菓子を食べない、という人であっても知らず知らずのうちに砂糖を摂取している可能性が大です。

甘いものを食べない方でも注意は必要です。

外食やコンビニ弁当が多い方、パンや嗜好品の摂取が多い、市販のドレッシングやソース類をよく使う方、アルコール摂取が多い方。

知らず知らずのうちに白砂糖を多量に摂取している可能性があります。

また健康の為にと飲んでいる、野菜ジュースや牛乳、調整豆乳にも砂糖は含まれています。

自分で防いでいくしか道は無さそうです。

 

現代人にはびこる隠れ低血糖症

低血糖症は死に直結する大変危険な症状です。

このようにわたしたちが意図しない形で白砂糖は摂取しており、3人に一人が低血糖症と言われている現代。

気づかぬうちに「低血糖症」となっている可能性も無きにしもあらずです。

低血糖症が起きる原因としては精製された砂糖が持つ作用にあります。

砂糖は体内に入ると血糖値の急上昇→インスリンの大量分泌→血糖値の急下降。

再び血糖値を上げようと甘いものを欲する、という負のスパイラルが働きます。

 

白砂糖を多量摂取して、これを繰り返していると常に興奮状態が作られ自律神経のバランスが乱れます。

よって様々な症状として心身に現れてくるのです。

症状としては貧血、めまい、頭痛、末端冷え性、アレルギー、感情の起伏がはげしい、神経質など。

またこれを繰り返した場合、最悪のケースでは死に至るケースもありますので決して軽く見てはいけない深刻な症状だと言えます。

さらに、12歳までの子供に白砂糖を含む食品を多く与えると、落ち着きがない、キレやすい、攻撃的といった状態も作られてしまうので注意が必要です。

 

砂糖を使わず調理する方法

わたしたちの身近な日本食ですら砂糖の使用量は多いです。

そこで砂糖を使わずして料理をする方法をお伝えします。

・無水鍋で野菜を蒸す。このとき塩をひとつまみ。

・無水鍋がない場合、鍋底から1センチほどの水を入れ食材(野菜)を入れた一番上に塩をひとつまみ入れ、弱火で蒸し煮する。

 

天然塩を入れじっくり蒸すことで野菜からの旨味、甘みがグッと引き出ます。

だいたいの煮物ならこの方法で充分甘みを感じるはずです。甘みが足らなければみりんで調整してしてみてください。

玉ねぎ、にんじん、キャベツ、かぼちゃといった甘みのある野菜を使うのがコツ。

 

まずは21日間続けてみて。

料理にお砂糖を控えていくと味覚が変わっていくのがわかります。

21日間この方法を続けていれば砂糖が必要でなくなるくらい変化しているはずです。

 

そうなればしめたもの。白砂糖がたっぷり使われているものを食べたときに違和感を感じるはず。

一度離れてみるとよくわかりますが、白砂糖の甘みはとても刺激的で、もっと欲することが少なくなるでしょう。

砂糖の代用品。マクロビオティックな甘味料を使って、体の負担を減らす。

 

とは言ってもやっぱり甘いものを欲しますよね。

次に砂糖の代用で使える天然由来の甘味料を紹介します。

糖吸収も穏やかでGI値が低く体への負荷が軽いです。

・はちみつ

・みりん(みりん風調味料ではなく本物のみりんを使ってください。)

・メープルシロップ

・アガベシロップ

・ココナッツシュガー

・羅漢果

・ナツメ

・デーツ

・ドライフルーツ(加糖していないもの)

 



砂糖を摂るのをやめると何が起きるか              みんな健康


砂糖の摂取は、便秘などの健康上の問題を引き起こすことがあります。食事から砂糖を取り除くことによって、健康的な体重を維持すると同時に、消化器官の健康を促進することができます。

 

砂糖は世界中で最も消費されている食品の一つですが、残念なことに、最も大きい健康リスクの一つでもあります。

甘いものへの欲求は、人類の歴史を通してずっと存在していますが、砂糖を摂ることは、あなたの生活の質(クオリティ・オブ・ライフ、QOL)を長い間にわたって低下させ、多くの健康問題の原因となります。

 

しかし、全ての砂糖が同じわけではないと心に留めておいてください。

あなたの健康に深刻な影響を及ぼすのは、精製された白砂糖です。そうです、スーパーや食料品店で販売されていて、パンや加工食品、クッキー、ケーキやスナック菓子に使われている白砂糖です。

実は砂糖は、毎日の食事の中に常に含まれているため、砂糖の摂取を完全に制限することは極めて難しいのです。しかし、砂糖を頻繁に摂ることの危険性を知り、砂糖が体に及ぼすネガティブな影響を理解することで、食事から砂糖の量を減らしていくことはできます。

 

エネルギーレベルの向上

エネルギーレベルを高めたいときに、砂糖入りのソフトドリンクやエナジードリンク、またその他砂糖がたっぷり入った飲み物を飲む習慣を持つ人は多いでしょう。

しかし砂糖を摂りすぎると、実際には低血糖症を引き起こすということを研究は示しています。

砂糖の過剰摂取は、可能な限り高いエネルギーを維持しようとする体の働きを妨げます。

砂糖の摂取量を最小限にすることで、低血糖症を防ぐことができるでしょう。

 

心臓がより健康になる

砂糖の摂取が心臓にもたらす多くの危険性を明らかにした、The Journal of the American Heart Associationに発表された研究によると、砂糖の摂取を減らすことは、心臓発作のリスクを低下させることにもなります。

 

身体をガンから護る

様々な研究で、砂糖がガン細胞に栄養を与えるということが指摘されています。

砂糖の摂取を減らすことで、悪性細胞が体内に広がり複製されるのを防ぐと同時に、様々な種類のガンを予防することにもなります。

 

肝臓を守る

果糖とブドウ糖の過剰摂取は、お酒を飲みすぎたときと同様に、肝臓に毒素が蓄積される原因となります。

専門家たちは、砂糖の摂取によって肝臓に問題が生じるリスクを減らすために、肝臓の定期的なデトックスを行うことを勧めています。

 

より良い睡眠

砂糖の摂取はエネルギーレベルの低下をもたらすと同時に、睡眠の妨げにもなります。

砂糖をほとんど摂取しなくなった人は、睡眠の質が上がったことにすぐ気付くでしょうし、一部の人は不眠症からも解放されることでしょう。

 

肌がより若々しくなる

砂糖をたくさん摂ることは、肌にとっての主要なタンパク源であるエラスチンとコラーゲンの生成を妨げます。

長期的には、砂糖の摂りすぎは、肌の早期老化や、その他の不健康な肌の状態を引き起こします。

 

バランスの良い体重

砂糖の入ったものを食べることで、脂肪や炭水化物、カロリーも多量に摂取する傾向があり、これら全てが体重増加の原因になります。砂糖を毎日の食事から取り除くことで、これらの摂取も制限することになり、バランスの良い健康的な体重を実現しやすくなります。

 

消化を助ける

砂糖の摂取を減らすことで、消化器官の機能を向上させることもできます。

このことは、便秘などの大腸に関連した問題が起きるのを防ぐ助けにもなります。

 

満足感

様々な研究が、砂糖の過剰摂取で、レプチン(脳に満腹サインを送るホルモン)への抵抗力が生じるということを示しています。

 

歯の健康

口内の細菌は砂糖によって繁殖します。砂糖が入ったものをたくさん食べることは、虫歯などの歯の問題が起きる可能性を高めることになります。砂糖の摂取を減らすことは、お口の健康につながります。

 


角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込 700ml 本場三河地方の伝統製法による本格みりんです。もち米のおいしさを、醸造という日本の伝統技術のみで引き出しました。醸造アルコール・糖類・保存料などは一切使いません。だから、そのまま美味しく飲んでいただくこともできます。「米一升、みりん一升」の本格みりんは、上品な甘さを持つ旨み調味料で、抜群の照り、ツヤとノビの良さが特長です。アルコール度 13.5~14.5度契約農家の国産特別栽培もち米使用。もち米(北海道、佐賀県)、米こうじ(愛知県産米)、米焼酎(山形

角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込 700ml 本場三河地方の伝統製法による本格みりんです。もち米のおいしさを、醸造という日本の伝統技術のみで引き出しました。醸造アルコール・糖類・保存料などは一切使いません。だから、そのまま美味しく飲んでいただくこともできます。「米一升、みりん一升」の本格みりんは、上品な甘さを持つ旨み調味料で、抜群の照り、ツヤとノビの良さが特長です。アルコール度 13.5~14.5度契約農家の国産特別栽培もち米使用。もち米(北海道、佐賀県)、米こうじ(愛知県産米)、米焼酎(山形県産米)。濃厚ですので、少量からお試し下さい。本品は独自の純もち米仕込みによる伝統調味料です。 

角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込み 1800ml みりんの本場三河で、創業以来みりん一筋の蔵の中で、特別栽培されたもち米のおいしさを、醸造という日本の伝統技術のみで引き出しました。そのまま飲んでもおいしく、「米一升、みりん一升」の本格みりんは、上品な甘さをもつ旨み調味料で抜群の照り・ツヤとノビの良さが特長です。醸造アルコール・甘味料・保存料などは一切使いません。屋内常温保管、開栓後は冷暗所に保管し、速やかにお使い下さい。濃厚で伸びがあるため、一般的な本みりんやみりん風調味料より控えめの量でお試
角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込み 1800ml みりんの本場三河で、創業以来みりん一筋の蔵の中で、特別栽培されたもち米のおいしさを、醸造という日本の伝統技術のみで引き出しました。そのまま飲んでもおいしく、「米一升、みりん一升」の本格みりんは、上品な甘さをもつ旨み調味料で抜群の照り・ツヤとノビの良さが特長です。醸造アルコール・甘味料・保存料などは一切使いません。屋内常温保管、開栓後は冷暗所に保管し、速やかにお使い下さい。濃厚で伸びがあるため、一般的な本みりんやみりん風調味料より控えめの量でお試



白砂糖とマクロビオティック                  戸田 耕一郎


マクロビオティックでは甘いもの欲しさについ白砂糖食品を多くとるとカラダがぼーっとしたり、思考力が落ちたり、体調を崩しやすくなると言われています。もし、こういう感覚がないならばカラダが白砂糖に馴れてしまっており、鈍感になっているのかも知れません。風邪を引いたときに白砂糖食品(陰性のもの)を摂ると風邪は直りにくくなります。

 

かくいう私は甘いものが大好きです。おまけにカラダが強烈に特定の食品を欲したときは我慢しないタイプなのでチョコレートを一枚ペロっと食べてしまうことも稀にあります。そのときは明らかにアタマがキュイーンとしてくるんですね。「おぉ、血糖値が急激に上がっているぞ。」という感覚をもろに感じます。こんな血糖値が急激に上がる状態はいいとは言えません。残念ながら身のまわりには白砂糖がいたるところで使われていますので、意識しなければ過剰に摂取してしまう危険性があります。

 

大手飲料メーカーの炭酸ジュースや缶コーヒーには一体どれくらい砂糖が入っているか、という記事(ネタ)を目にした方は少なくないでしょう。四角い白砂糖が積み上げられたその写真は強烈です。しかも中毒性があるのでまた欲するわけです。毎日飲み続ければどれくらいカラダに悪いかを想像するだけでクラクラしてきます。

 

なぜ白砂糖は良くないと言われるのでしょうか。マクロビオティックが砂糖を”嫌う”理由とは?

 

マクロビオティックでは白砂糖を一切使いません。砂糖は”極陰”に分類される食材であり、「体の陰陽のバランスを乱すもの」、「必要とする微量栄養素がない」、「血液を酸性にし、抵抗力を下げる」、「血糖値の数値を狂わせる」、「ビタミンB群を失わせる」というのが理由です。「カラダを冷やす」というのも大きな理由です。食事療法でもあるマクロビオティックがカラダを冷やす要素のあるものを摂り入れるわけがありません。

 

白砂糖のデメリットについてはマクロビオティックがどうこういうよりむしろ一般的な健康知識として知っておいた方がいい教養みたいなものだと私は思いますし、今後一般常識化していくと考えています。

白砂糖って一体何でしょう?

 

白砂糖の原料はサトウキビです。このサトウキビから人工的に白砂糖は作られます。サトウキビの茎を砕き、圧縮して甘い汁を搾り取り、それをさらに何度も加工して純粋な白い結晶になるまで精製します。精製過程では、石灰、炭酸、亜硫酸などを使い、煮詰め、不純物を取り除きます。続いてホウ酸塩や塩素等で脱色して、透明な液が出来上がります。ここから塩酸、その他の無機酸で砂糖を真っ白く漂白する行程を経て、とても食品とは言えないようなものになります。

 

サトウキビは南国で作られますが、ちなみにマクロビオティックは南国のフルーツをおすすめしていません。バナナ、マンゴーなどはカラダを冷やします。南国は暑いのでそこに住む人は適応できていますが、四季明瞭な日本はこの限りではありません。ですので摂り過ぎればカラダを冷やしてしまいます。マクロビオティックはとにかく「冷え」を嫌います。

 

白砂糖を摂ると、体内のカルシウムは失われていきます。白砂糖は、精製過程でミネラル、ビタミンの栄養素を失った酸性食品ですのでカラダに入れるメリットは全くありません。そもそも人間の体は弱アルカリ性ですので、体内に酸性食品が入ると、中和するために体内のミネラルが使われます。その中でもカルシウムが多く消費されますが、白砂糖には、ほとんどカルシウムが含まれないので、 必要なカルシウムは、体内の骨や歯を溶かして供給されます。昔から虫歯や骨が弱くなる(溶ける)と言い続けられるのはそういうことです。

 

もう少し言いますと、糖類は、体内で分解される時に、ビタミンB1が必要になります。ビタミンB1の摂取量が少ないと、欠乏症になって、  鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、心疾患、脳疾患などの症状を引き起こしやすくなると言われています。白砂糖をはじめとした「精製されたデンプン」は、肌のメンテナンスに欠かせないといわれるビタミンB群を消耗させますので、くすみやシワ、たるみの原因にもなるため、特に女性にとっては大敵です。

 

さらに白砂糖は血中に素早く取り込まれるのが特徴で、結果血糖値が急激に上昇します。このときインスリンが大量に放出され、 低血糖を引き起こしやすくなります。低血糖とは、血液中のブドウ糖が少なくなりすぎた状態を言います。血糖値の下降程度によりますが、下がりすぎると異常行動や錯乱、痙攣を起こしたりと、危険な状況を招くこともあります。ここまでいくと白砂糖は危険だ、のレベルですが、そんな可能性すらあるということを知っておいて損はありません。先にお伝えした製造過程にあるとおり、人口甘味料の怖さでもあります。

 

思考力が減退し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなる

 

さて、低血糖が続くと、今度は血糖を上げようとするために、アドレナリンが放出されます。アドレナリンは神経伝達物質で、興奮した時に大量に血液中に放出されるものですが、アドレナリンが出過ぎると、思考力が減退し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなると言われています。そういえば試験勉強中に白砂糖が入ったお菓子を食べると急に眠くなったりした経験がありますし、小さい頃から白砂糖のお菓子を食べ続けている子どもはキーキー泣くという話も聞きます。「そんな話は都市伝説だ」などと揶揄されたりもしますが、とても無関係だとは思えません。

 

冷えやアレルギーの原因にすらされている白砂糖

 

冷えに悩む女性は日本ではとても多いのが現状です。白砂糖は、身体を最も冷やす食材とされています。 婦人科系の疾患にも身体が冷えることで悪影響を及ぼします。「妊娠しやすいカラダをつくる」というクラスをやっているヨガインストラクターの友人からは「白砂糖を摂り過ぎると不妊になりやすい」「子宮や卵巣の発育不良、流産や早産の原因にもなる」「生理不順が起こりやすい」という話を聞きました。こういう話は女性だけではなく男性も知っておくべきでしょう。

 

さらにはアレルギーとの関係も指摘されています。白砂糖の摂り過ぎは腸内でカンジタという菌を増やし、アトピーをはじめとしたアレルギー疾患を悪化させる原因とも言われています。 最近の子供はアレルギーが多いと言われますが、母体に原因がある場合がほとんどです。

 

白砂糖の代わりになるもの

 

これまで散々な言い方をしていますが、では何を摂ればいいのでしょうか?

 

甘味料を利用する場合は、甜菜糖、椰子糖、本味醂、玄米甘酒、玄米水飴、 ヤーコン・シロップ、メープル・シロップ、アガヴェ・シロップが良いとされています。これらの甘味料はGI値が低いので安心と言えるでしょう。

 

血糖値の上昇を示すGI値とは?

 

GI値とはグリセミック指数(Glycemic Index)の略です。食事をすると、摂取したものは体内で「糖」になり血液中を流れますが、作られた糖は私たちのカラダを動かすエネルギーとなります。先にお伝えしましたが、これが急激に増えるとインシュリンというホルモンが血糖値を下げようとします。

 

インシュリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要となります。  そこで目安となるのがこの「GI値」で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられるのです。白砂糖は「ジェットコースター」と言われるほど急激な反応を引き起こします。先述した天然性の甘味料は緩やかなものばかりですので安心なのです。極力「白いものは摂らない」と考えている人がいますが、これは精白されたもの(人工的なもの)でGI値が比較的高いものが多いからです。(例:白米、白いパンなど)

 

白砂糖のデメリット

1. 白砂糖で血糖値がジェットコースター状態に

2. 必要とする微量栄養素をほとんど持っていない

3. 血液を酸性にして抵抗力を下げる

4. 血糖値の数値を狂わせる

5. ビタミンB群を失わせる

6. 極陰性なのでカラダを冷やす(女性は婦人科系に影響)

7. アトピー、肩こり、様々なアレルギー、糖尿病、がんの原因

8. 集中力や思考力を低下させ、短気でキレやすくなる

 

こういう「砂糖の危険性」は大手メディアではあまり出てくることはありません。大手メディアは広告で成り立っているいるのでお菓子メーカーや清涼飲料水のメーカーを全て敵に回すことになるからです。この図式が良い方向へとシフトすることはほぼないと考え、個人が参加できるソーシャルメディアで必要な情報を取れる体制に切り替えておく他ないでしょう。こういう情報も男性よりも女性の方がよく知っている印象があり、男性はなぜか無頓着です。

 

米・カリフォルニア州のバークリーでは、2015年1月より、ソーダ(炭酸飲料)など砂糖入り清涼飲料への課税が始まります。いわゆる「ソーダ税」です。狙いは深刻化する肥満対策です。糖尿病患者などが減れば、社会的な医療コスト削減にもつながると考えられたものです。(オーガニックやスローフードカルチャーが進むバークリー地区というのも非常に興味深いですね。我が国では大手メディアが力を持ち過ぎているのでまず考えられない施策だと感じます。)過剰な白砂糖摂取による危険性についてはマクロビオティック云々とは関係なしに、多くの人に知ってもらいたい内容です。

 



白い砂糖                           吉野 一道


白砂糖は白い結晶の炭水化物です。

構造が単純であるため、腸壁から急激に吸収され、瞬時に血糖値が上がります。

瞬時に血糖値が上がると大量のインスリンが分泌され、今度は瞬時に血糖値が下がります。

瞬時に血糖値が下がると大脳は空腹やエネルギーの低下を感じ、体が更に食べ物を要求します。食べれば再び血糖値が急上昇します。

血糖値の乱高下という悪循環により膵臓は疲れ果て、やがて、インスリン分泌が十分に行なわれなくなります。

 

そして、細胞内に大量に取り込まれたブドウ糖(グルコース)は皮下脂肪として蓄えられます。

これが肥満のシステムと言われています。

白砂糖は肥満・糖尿病・虫歯・歯槽膿漏・低血糖症等の原因ばかりではありません。

砂糖は精神のバランスを保つために欠かせないエネルギー源とされていますが、砂糖が切れるとイライラ・神経症・キレやすい性格になると言われています。

砂糖は脳機能に強いインパクトを与える食物であり、砂糖依存症の危険度は覚せい剤の6倍以上とも言われています。

 

何故でしょうか。

白砂糖の酸性度が高いことが、その理由とされています。 人間の体内のカルシウムとリンのバランスは1:1が理想的です。

白砂糖は酸性度が高い食品ですから、白砂糖を摂取すると体が酸性化します。

これを中性、あるいは弱アルカリ性にするため、急速に体内のカルシウムが消費されます。

結果、カルシウムとリンのバランスが崩れます。

 

このバランスが崩れるとイライラしたり、心の均衡が乱れると言われています。

更に、糖分の吸収が速ければ、急速に血糖値が上昇します。

特に白砂糖の吸収速度は速いので、血糖値を下げるために多量のインスリンが分泌されます。

 

結果、恒常性が乱れている子供は低血糖状態になり、低血糖状態を訂正するためにアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンの作用により興奮気味となった子供はキレやすくなります。

白砂糖を食べるとカルシウムとリンのバランスが崩れて、イライラする。

白砂糖を食べるとインスリンの分泌バランスが崩れて、アドレナリンが分泌され、興奮気味になる。

結果、更にキレやすい子供が増える。アメリカではこれを「シュガーハイ」と呼んでいます。

 





心身を壊す砂糖                        強健ラボ


塩については、減塩、減塩、テレビを見ても、医者に行っても、減塩という言葉を脳裏に、これでもか!というくらい植えつけられます。

普通の人は、減塩生活を始めてしまいますよね・・・

 

減塩とは実は甚大な生活習慣病を発症するめ、国をあげて病気大国にし、医療利益を膨らませてきました。

さて~、砂糖に対しては、全く、「減糖」なんて聞いた事がありませんね。

要するに、国は、砂糖は、食え食え!たらふく食え!なのです。

 

何故かというと、砂糖を食べると、著しくあらゆる病気になるからです。 

 

全く別の角度からですが・・・一流の老いた、板前さんの話しです。

日本料理とは、本来は、、砂糖を使わず、塩を巧みに活用して、素材から出る甘みを引き出していたそうですが、最近は、そんな伝統の調理法はぶっ壊れ、砂糖を惜しげもなく使っているそうです。

つまり、長年、日本料理においても、砂糖とは、実は、ほとんど使ってなかった・・・

つまりのつまり、日本でも、砂糖を食べる文化は、あまり無かったのでしょう。

そんな歴史が長い間続いてきたのです。

昔の日本は、科学的証明など無くても、体に悪いものは食べず、避けていたといえましょう。

まさしく、神秘ですね、本能がそうさせるのでしょう。

現在ときたら、、本能すら剥ぎ取られているようです。

暑い、暑い・・・といって、清涼飲料水、アイス、カキ氷は、砂糖の塊、お肌、髪ボロボロ、肥満、凶悪病・・・地獄へまっしぐらです。

 

浄水、お茶、自然海塩水などを飲みましょう。 

 

あと、大きな間違いとして、「私は、カロリーゼロ飲料だから、砂糖を食べていませんから、大丈夫!」な~んて方いませんか? 

 

砂糖よりもっと怖い合成甘味料

 

アスパルテーム、アセスルファムカリウム、サッカリンナトリウム、スクラロースなどの激安人工甘味料で、甘みをつけています。

 

飲んでいる清涼飲料水の原材料の表記を見てみましょう。

変なカタカナ物質が書いてあるはずですが、最近は、原材料表記も巧みに隠せるようになりました。

大企業市販品は、化学物質添加の規制が非常にゆるく、何でもありの商品になっています。

実に恐ろしいことです。

コマーシャルの洗脳、大きな会社の商品だから大丈夫と思わせて、四方八方から判らないように、病気が作られているのです。

 

砂糖は、ガンから全ての病気の元でした。

 

「砂糖の取りすぎは体にさまざまな悪影響を与える」と、よく耳にするが、「脳の活動のためには欠かせない」ともいわれ、リフレッシュしたい時に甘いものを食べるなど、ほどほどに摂取するよう心がけている人は多いだろう。

ところが、実は砂糖は取らないに越したことはないのだ。

 

なぜなら、脳に必要なブドウ糖は、米や芋などの炭水化物から体内でつくりだすことができるからだ。

糖分を摂取する必要性はないのだ。

また、砂糖はタバコ以上に依存性が強いともいわれ、一度甘党になると砂糖のない生活を送ることは極めて難しくなる。

糖質依存症になる前に、生活の中から少しずつ砂糖を減らす意識を持つべきだ。

「砂糖は脳のエネルギー」などとテレビCMを流すことで、さも体に必須の栄養素のように主張している砂糖業界の思惑に乗ってはいけない。

さらに言えば、「百害あって一利なし」だ。

菓子や清涼飲料水などに含まれる砂糖を取り続けることで、糖尿病になるリスクをはじめ、近年は低血糖症のリスクも指摘されている。

 

それは、多量の砂糖を摂取すると急激に血糖値が上がり、体内ではインスリンが大量に放出される。

その結果、一気に血糖値が下がり、体は一時的に“ガス欠”状態になる。

血糖値が下がった状態では、脳が正常に働かず、集中力がなくなるばかりか、無気力になり、体を動かすのも億劫になってくる。

 

このような低血糖状態が続くと、脳はアドレナリンというホルモンの分泌を促し、体内の糖分を血液中に放出して血糖値を再び上げようとする。

しかし、このアドレナリンは「攻撃ホルモン」「脳内麻薬」とも呼ばれ、気分が高揚し、攻撃的になりやすいという特徴がある。

 

近年、子どもたちがキレやすくなった原因のひとつとして低血糖症を挙げる医師や学者も少なくない。

 

心身を蝕む食材、砂糖

実は、砂糖の害はこれだけではない。

偏頭痛やアレルギー、動脈硬化、高脂血症、高血圧症などの病気を引き起こすこともわかっている。

女性であれば冷え性をはじめ月経不順や子宮筋腫などの婦人病の原因ともなり得る。

 

また、免疫力が低下することも明らかになっており、あらゆる病気にかかりやすくなるといえる。

さらに成長期の子どもには成長痛や発達障害などの危険もある上、砂糖が体内で消化される際にはカルシウムを消費することから、骨や歯などを弱くする可能性も指摘されている。

 

最近では、砂糖を日常的に摂取している人は、うつ病などの精神疾患にかかるリスクが高まることもわかってきており、砂糖が心身ともに蝕む危険食材であることがわかる。

砂糖が危険だと指摘すると、「白砂糖を食べなければいい」と言う人が多いが、それは不正確だ。

 

確かに、黒砂糖はミネラルが豊富で弱アルカリ性食品なので、白砂糖よりはマシだ。

しかし、あくまでも“白砂糖に比べたら”である。冒頭でも述べたように、体に必要な糖は普段の食事だけで十分なのだ。日常的に砂糖を摂取するべきではない。

ただし、人付き合いなどの手前、かたくなに砂糖を拒否し続けるわけにはいかないこともあるだろう。

そういう場合にだけ少量の砂糖を取る分には、さほど体に影響を与えずに済むはずだ。

 

現在体に不調を抱えている、最近疲れやすくなった、風邪をひきやすい、花粉症の症状が年々ひどくなっている……

このような症状が当てはまる人は、まず生活から砂糖を取り除いてみることをお勧めしたい。

1カ月もすれば、驚くほど体調が良くなるだろう。

 

 

☆砂糖を一年間食べなかった家族のお話

昔々、私は健康でした。少なくとも自分は健康だと思っていました。

 

もちろん、一日をやり抜けるだけに必要なエネルギーには欠けていましたが、テレビのCMではアメリカの疲れた大衆向けのエナジードリンクが派手に宣伝されているのを観ながら、疲労感に悩んでいるのは私だけではないといつも考えていたのです。

 

そして当然のごとく、家族の誰もが風邪やインフルエンザの季節の到来を心配していましたが、ここでも私は、誰もが1月はある程度の細菌恐怖症を持つようになるものだと思っていました。

砂糖の影響についての驚くような新しい情報を耳にするまでは、少なくともそう考えていました。

複数の専門家によれば、砂糖がこれほど多くのアメリカ人を肥満や病気の原因になっているということです。

これについて考えるほど、意味がよくわかってきました。

アメリカ人の7人に1人がメタボリック症候群を患い、3人に1人が肥満です。

糖尿病の率は急増し、心臓血管疾患は国内の死亡原因の一位になっています。

この仮説によれば、これら疾病のすべてやその他の疾患も、私たちの食生活の中で毒物として大きな顔をしている砂糖に遡るということです。

 

私はこの新しく知った知識を全部取り込んで、一つのアイディアを考え出しました。

私や夫、二人の子供(6歳と11歳)の私の家族が、砂糖が加えられていない食べ物だけで一年を過ごすのは、どれだけ大変か確認してみたくなったのです。

私たちは砂糖やはちみつ、糖液、メープルシロップやアガベシロップ、フルーツジュースなどのあらゆる甘味料をすべて断ちました。

また、砂糖の代替品や糖分の高いアルコールもすべて断ちました。

つまり、元の食べ物(果物など)に含まれている甘み以外は、口にしなかったのです。

 

砂糖がどの食べ物に含まれているのか調べ始めたところ、驚くような食品にまで砂糖が含まれていることに気がつきました。

トルティーヤやソーセージ、チキンスープストック、サラダのドレッシング、コールドカット(スライスした冷製の調理済み肉)、クラッカーやマヨネーズ、ベーコン、パン、そしてベビーフードの中にも含まれていたのです!

 

なぜ砂糖を加えるのでしょうか?

それは食品の口当たりをよくし、長持ちさせ、パッキングされた加工食品をより安く製造するためです。

頭がおかしいと言われても結構ですが、一年間、砂糖が添加されたものを避けることは、一つの大冒険のようなものでした。

何が起こるのか、私は興味津々でした。

どれだけ大変か、どんな興味深いことが起こるのか、そして私の料理や買い物がどれだけ変わるか知りたかったのです。

リサーチを続けるにつれ、砂糖を取り除いた食生活によってずっと健康になれるだろうと確信するようになりました。

私が予想していなかったのは、砂糖を摂らないことで、非常に現実的で明白な形でずっと気分がよく感じるということでした。

 

砂糖を加えない食生活を長く続けるほど、繊細な変化でしたが、もっと元気で気分がよくなったことに気がつかないでいられませんでした。

たとえ私が砂糖断ちと元気さの関連性を疑っていたとしても、私の夫の誕生日の出来事では、その考えを変えることになったでしょう。

砂糖断ちの一年の間、一つのルールがありました。

それは家族として一ヶ月に一度、砂糖の含まれたデザートを食べることができ、自分の誕生日のある月は自分の好きなデザートを選ぶことができる、というものでした。

 

9月が近づいた頃には、私たちの味覚が変化し始めたことに気がつきました。

そしてこの毎月の「ごほうび」の楽しみが徐々に、少しずつ減っていったことに気がついたのです。

しかし、夫が誕生日のお祝いに選んだ、退廃的に何層にも重なったバナナクリームパイを食べた時、何か新しいことが起きていることを知りました。

私のパイを楽しむことができなかったばかりか、最後まで食べ終えることができませんでした。

繊細になった私の味覚には、気持ちが悪いほど甘く感じたのです。

実際に私の歯が痛く感じました。</