発汗と自然治癒力                        吉野 一道


(1)人は加齢とともに脱水傾向が進むため、汗をかきにくくなります。

皮膚に分布している汗腺が汗を分泌して体温を下げますが、暑さを感じたり喉が渇く等の自覚症状が遅れるためでしょうか。

若い人なら熱疲労で済むような場合でも、高齢者の場合は熱射病にまで移行することがあります。

暑さによって体の塩分と水分が過剰に失われた状態が熱疲労です。

 

血液量が減少するため、失神や虚脱を含む様々な症状が生じます。

例えば、めまい・ふらつき・脱力感・疲労・頭痛・眼のかすみ・筋肉の痛み・吐き気・嘔吐等々。

軽い錯乱も生じます。

心拍数や呼吸数が上昇して、血圧が下がります。

 

熱疲労を放置すると熱射病に移行しかねませんから、特に高齢者は強制的に水分を取る習慣を身につけ、快適な環境で過ごすことが大切です。

 

(2)汗をかくことによって、人は以下の効果が得られると言われています。

・腸が活発になる。

・脂肪が付きにくくなる。

・基礎代謝が向上して、体温が上がる。

・風邪をひきにくくなる。

・身体が軽くなり、浮腫も解消する。

・毛穴が浄化され、肌がキレイになる。

・ニキビの改善につながる。

・皮膚で作られる毒素(アンモニア)が排泄される。

・血液循環が良くなる。

・私たちの体内には乳酸・尿酸・分解しきれず残ってしまった老廃物・排泄が難しい重金属等が溜まっているため、これらが原因で疲れやすくなりますが、汗をかくことによって排出できます。

・更に、汗腺機能が弱いと自律神経失調症にも関係し、ニキビや脂性肌トラブルを招くこともありますから、要注意です。

 

(3)フィットネストレーニング場にはサウナがあります。

筋トレで発汗したら、その分をミネラルウォーターのペットボトル等から水分を補給します。

その後、ドライサウナやミストサウナに10分以上入って更に発汗を促し、筋トレの皮膚代謝で生じた毒素のアンモニアを排泄します。

 

日本の高齢者は汗をかかない日々を過ごしていると言われていますが、これは危険です。

人為的に無汗症になっているようなものですから、健康寿命を短くしかねません。

 

サウナ浴や温浴によって汗をかけば、自然治癒力が維持されます。

自然治癒力が維持されれば、健康寿命も延びると言われています。

 

(4)肥満症の人は健常人が発汗しない室温でも大量に発汗します。

身体の自律神経系が働いて、汗をかいて体温を下げることによって、恒常性を保とうとするからです。

そうであれば、室内をクーラー等で冷やして発汗を止めることは自然治癒力を自ら低下させ、病気を引き寄せていることになりかねません。

 

汗をかかない生活習慣を続けると、数年後には遺伝子が後天的に変異して、肥満症の合併症として、高血圧症・糖尿病・高脂血症・メタボリックシンドローム・脳血管疾患・心疾患・動脈硬化症・がん・歯周病・慢性疲労・アトピー・アレルギー疾患・精神疾患等に罹患しやすくなると言われています。

 

(5)なお、睡眠中の発汗は自然治癒力が維持されていると判断されるためでしょうか。

毎朝起床時に発汗を記録しておけば、自然治癒力が維持されているかどうかを簡単に確認できると言われています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放