癌難民にならないために                      内海 聡


食だけでなく放射能などの影響もあり、癌患者がどんどん増えてきています。

 

どうすればいいのでしょうか?まず第一には、大学病院や大手有名病院の言うことをうのみにせず、ちゃんと医療の裏側を調べてくださいと言うことです。

いまや抗ガン剤や検査の罠も含めて、本屋には多くの本が並ぶようになりました。

情報を手にするのはまったく苦ではなくなっており、ネットを使えなくても大丈夫になっています。要はやる気だけです。

 

しかしそれを知ったところで癌難民からは抜け出せないのです。

また、よく勘違いされるのが代替療法をやれば癌難民でなくなると思っています。

代替療法をやっても癌難民な人はたくさんいます。

それをやって根本とは無縁の食事療法、温熱療法、東洋医学、ホメオパシー、量子医学、デトックス、健康食品をとって結局悪くなっていく人ばかりです。

 

ここで重要なのは選択なのです。

選択のためにはありがちな御用医者の意見ではなく、反対の意見をしっかり聞く必要があります。

その上で癌難民にならないための最も重要なことは、自分がその選択を納得して行えるかということなのです。

 

なぜこの納得が重要かというと、西洋医学の三大療法で悪くなるのはもちろんですが、代替療法だって神の方法ではないからです。

そしてもう一つは癌の本質とは何かを学ぶことです。

 

これは現代日本人こそそうであり、金銭以上に発想が貧困で御用学者の奴隷となっているのです。

癌難民にならないこととは、その発想の貧困さを抜け出し、原因がなんであるかをより追求し、なにより奴隷をやめて己の選択を腑に落とすということにあるのです。

 

逆に御用医者はそうさせないために脅しを使うのです。

 

これは本来家族が決定するものではありません。

本人がいろいろ調べてやろうとすることを邪魔する権利は、家族にもありません。

違う言い方をすれば、情報は患者に与えてもいいですが、患者が選んだ選択がどうであれ支援するのが家族の仕事です。

共通の認識で家族が癌を直視できれば、飛躍的に癌が治る確率は増えることでしょう。

癌が治らない人の多くは家族が当事者の意見を聞きません。

 

三大療法は確かに良くないし、悪くなったり死んだりのオンパレードですから。

しかし今はそれを選んだのだから、悪くてもその結果は本人が受け入れるしかないものだと思っています。

助かるのも助からないのも本人次第であって、食や免疫なんて二の次なのです。

 

重要なのは本人の認識と選択なのであり、それを得られた時にのみ、その人は癌難民から独立できるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放