癌手術のリンパ節郭清は無意味                    内海 聡


癌で手術となるととかく臓器を失いがち。

それでも飽き足りない日本の外科医は、進行期にかかわらずリンパ節までごっそり切るリンパ節郭清を盛んに行っています。実はこれが大問題で、まず癌治療の後遺症の最たる原因はリンパ節郭清にあります。

もっとも代表的なのはリンパ浮腫であり、むくみから体型が変わったり合併症の高熱、象皮症などいろいろな後遺症があります。

しかしこの後遺症さえ大きな問題ではないかもしれません。なぜリンパ節郭清をやるかといえば、建前としては臓器転移の予防ということになります。

一般医学では癌細胞が転移する時、まずは近くのリンパ管やリンパ節に転移すると考えられています。

ところがリンパ節郭清をしてもリンパ節に転移が見つからないケースは多い。たとえば子宮頸癌の場合6~30%、体癌では5~10%です。

 

リンパ管は全身に流れているので、リンパ節やリンパ管にある段階でリンパ節郭清は無意味なのでは、と考える人は鋭いです。

そうなっている段階で一般医学では全身に回っているという考えなので、抗ガン剤投与も行うことが多くなります。こうやってカモができていくわけですが、リンパ節郭清をしても転移を防げないという研究は数多くあります。ある乳癌の試験ではがっつり郭清するグループと、ほとんど郭清しないグループで、生存期間に差がなかったのです。

 

オランダで胃がんのリンパ節郭清に関して研究された時、時代遅れの日本ではリンパ節郭清がお家芸のため、国立がんセンター外科部長がオランダに技術指導に出向きました。しかしリンパ節郭清はやはり生存率を向上させず、合併症・後遺症を増やしただけになりました。

この部長は恥ずかしいことに、リンパ節郭清は勧められないという論文にちゃんと名を連ねています。ちなみにセンチネルリンパ節生検も無意味だということが分かっています。

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放