癌になる人の特徴                        萩原 敦


癌になる方は、どなたも共通して糖質が大好きということです。

ごはん(お米)、パン、麺類、小麦、主食的なものが、まちがいなく、好きだとおっしゃいます。

 

これは、癌になられた方、みなさん100%共通しています。

 

お酒は飲めない人もいますし、煙草も吸わない人もいますが、

主食の位置付けである米、小麦、麺類、パン、このうちのどれかが、必ず好き、または全部が、大好きですね。

 

それに拍車をかけるようにそう言った方は、お菓子や果物や栄養ドリンクや糖入り飲料やジュースも好きという人がほとんどなんですね。

 

365日、毎日毎日、三度三度、糖質の高い主食を食べ、間食や夜食やデザートに、お菓子やら果物やら栄養ドリンクやジュースです。

 

癌にならない方が不思議と考えてもいいでしょう。

しかし、権威発信でこの手の情報は、絶対に流れませんので、ほとんどの人が、

「そう、なのかなあ~?」

「そんな、もんかな~?」

「糖質じゃなくて、老化や家系(遺伝子)が、原因じゃないの?」と懐疑的だと思います。

 

こうなれば、権威の思うつぼ、権威のシナリオ通りになります。

そのシナリオ通りになれば、癌患者は二人に一人とか語って、例によって権威は脅しにかかっています。

ですから、安心してください。

 

「糖質摂取→癌発症」に懐疑的な人は、やがて、めでたく、老化だからとか、家系だからとか自分で納得しながら、

素直に、壮大なガンビジネスに飲み込まれ、7500億円の抗がん剤の売上に貢献する運命になっています。

 

主食とおやつと果物と糖入り飲料、ジュース等を絶てば、

癌や糖尿病や動脈硬化、動脈硬化由来の脳卒中や心筋梗塞、鬱や認知症等には決して、なりえないというのが、「まぎれもない真実」ですね。

 

ただ、残念ながら、そんなことしてまで、癌や病気を予防したくないという方がほとんどなんですね。

 

ということで、このように、医療マフィアのシナリオをなぞりたいという日本人がほとんどだということも「まぎれもない真実」ですね。

 

この二つの相反する「まぎれもない真実の中」で我々は翻弄されながらも、生きているのです。

 

自分の健康とその健康が導く実りある人生について、一年に一度くらいは、深くじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

健康に生きること自体は、ごくごく簡単なことで、誰にでもできることなんですから・・

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放