癌になったら                           内海 聡


この前提自体がおかしいのですが、やはりニホンジンは一番癌が気になるようなので、少し書いてみたいと思います。

一番いいことは検診や検査や人間ドックなど受けないということなのです。

 

それは癌の誤診や過剰診断、病理検査のインチキにはまり込む可能性があります。

重い症状が出たときにだけ病院の検査を受けるだけでも、かなり誤診率は減ります。

実際検診などしても生存率や治癒率が変わらないというデータはたくさんあり、だからこそ諸外国は検診などをしておらず、するのは利権あふれるニホンだけという構図があるのです。

 

さて、あなたがこの前提で進行癌だと診断されたとき、あなたはどうすればいいでしょうか?

まず常に書いているように情報を集めてほしいと思います。

 

特に現代の癌治療の何が問題で何が嘘で危険なのか、その方面の情報を集めていただきたいです。

しかしそれは、私がなんでも代替療法的な癌治療をしろと言っているわけではないのです。

また放置療法を勧めるわけでもありません。

 

癌放置療法の問題は現代が毒だらけであることと関係があります。

現代は癌になるべき世界であり、自然には癌が治りにくい世界なのです。

 

だから放置療法自体は悪いことではないのですが、現代社会で放置療法をすると実際は寿命は延長しますがほとんどよくはなりません。

この世界の構造や毒物が変われば、放置療法はいまよりも意味を持つことになります。

癌の代替療法については多数ありますが、現代医学的癌の代替療法(リンパ球輸注やビタミンC大量療法など)はお勧めできません。

 

抗がん剤をやるなというのはもはや常識です。

放射線治療は陽子線の場合少しだけ是非があります。

ただの放射線治療は全く無駄だといえます。

陽子線は明らかにピンポイント照射で、リスクよりベネフィットが増すものもあります。

ただリスクは過小評価されているので、もし私がそのような癌になってもおそらく陽子線治療はしないでしょう。

値段が高いということも難点ですし、それでがん保険に入るなどまさに「アホ」がやることです。

 

手術については最も是非があります。

というのは私自身もともと消化器内科の専門医でしたし、手術してその後再発もなく元気という人はたくさんみてきました。

今思えば非常に野蛮な治療ですが、部分的にはメリットもあります。

 

そもそも医者が医療批判に対して「アホ」だと思っている原点は、癌手術にあるといってもいいでしょう。

つまり医者たちは癌の手術で良い結果が残っているではないか!ということに関しては、実体験からもデータからも自信を持っているのです。

 

これは現場の医者でないとわかりませんが、進行癌が臓器破壊や臓器閉塞をして死に掛けで病院に来る、これは多数存在することなので、私は現代の世界を考えればこれを手術するのはあり得る話だと思っています。

 

対症療法しなければいけない時にだけ手術をするという考えでしょうか。

ただし最も重要なことは、癌になるのはやはり理由があり、日々の食生活や環境や過ごし方、この世界が汚れた発がん物質だらけになっているからだ、ということを真摯に受け止めることだと思います。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放