痩せる秘訣                                                    トンプソン 真理子


腸のことをいろいろと勉強していて思うのですが、今までのダイエットって、つくづく間違ったアプローチが多かったなあと。 

体に何をどれだけ入れるか、ばかりを気にして、腸内細菌叢のことを完全に無視してきましたからね。だから、そのことを”Forgotten Organ(忘れられた器官)”と呼んだりするんです。 

 

はっきりいって、カロリーなんて意味がない。糖質制限も、糖質といっても繊維質たっぷりの良い糖質から、ジャンクフードの糖質まで幅広くあるから、糖質すべてがだめかというと、そうでもない。

その辺が分かって来ると、一段上のダイエットが出来るようになってきます。

 

要は、腸内細菌を元気にしてやると、痩せます。というか、太っている人は痩せて、痩せすぎている人は、適正体重になる。体が正常な状態に戻るだけなのです。太っているということは、体の内部で炎症が起こっているということだからです。 

 

前置きが長くなりましたが、痩せる秘訣は、[Inoculate(植菌する)プラス、それにFeed(エサやりする)] これだけです。体の中に、虫を飼っていると思えばいいんですね(笑)

カロリーではないんです。カロリーやGIだけで攻めていくと、思うように痩せれなかったりします。

 

もちろん、砂糖と精製炭水化物はNGです。それらは、腸の悪玉菌が喜ぶエサだからです。

心配しなくても、腸の悪玉菌が減って来ると、それらへの依存性が抜けてきて、それらを食べなくても前ほど辛くなくなるはずです。

それから、添加物や人工甘味料もNGです。それらも善玉菌が嫌がり、腸内環境が悪化するものだからです。

 

痩せる秘訣をもっと端的に言うと、プロバイオティクス(植菌)+プレバイオティクス(エサやり)です。

 

         腸を活発にすると、新陳代謝が上がり、消化もスムーズになる => 痩せる 

 

ですから、痩せたければ、腸を元気にする食材(発酵食品+食物繊維)を意識して摂るとよいです。穀物は抜いて、良質の脂肪をたっぷり摂る。

脂肪では太りませんから、安心してください!

 

それから、運動で痩せようと思っても,実はあまり効果はありません。

運動は、もちろん健康に暮らすためには大切なことですが、代謝を上げるためと、ストレスを減らすため、ぐらいに考えて毎日軽くやるのが理想だと思います。

 

これらを実行すれば、あなたの体重はもっと自由自在になり、健康において新たな境地に立てるはずです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放