病院世界から脱出しましょう                    工藤清敏


赤ちゃんの病気はどこから?

 

そもそも命は、男性の精子と女性の卵子が合体して。

 

となると精子か、卵子に何かある。

 

精子はその男性の食生活や精神的生活から。

 

卵子もそんな感じ。

 

卵子は一個。

精子は1億個

 

精子は一番元気なやつが卵子に一番乗りする。

ということで、かなり優れたやつだ。

たぶん毒は持っていない。

 

卵子はどうか。

卵子もおそらく最高の材料で作られる。

たぶん毒は持っていない。

 

やはり合体した後である。

 

羊水がシャンプー臭いという話を聞いたことがある。

 

それで、恋人ができた後、シャンプーを使わなかった女性がいる。

 

その人は、受胎前にシャンプーもリンスもやめた。

 

妊娠したら、食は自然な本物中心にしたいものだ。

 

人は誰もわがままだ。

特に若ければ。余計に。

 

妊娠した後で、喧嘩がもつれて、別れてしまうこともある。

女性の精神的負担は大きい。

 

精神毒が身体を汚すこともあるだろう。

 

どこかで立ち直ってほしいものだ。

 

因果応報 これはきつい言葉だ。

 

お母さんの体内の毒を赤ちゃんが吸い取って生まれてきて、そこにワクチンなら、いろんな病気に発展してもおかしくない。

 

ワクチンの材料をよく見てごらん。

 

でも国の指導があるしね。

みんなの手前もあるしね。

 

赤ちゃんはお母さんを助けてくれた。

 

今度はお母さんが赤ちゃんを助ける番。

 

アトピーはそれ自体が、身体の中にあった毒を皮膚から出していく治癒の一環だからね。

 

醜いし、かゆいし、大変だ。

 

でも必ず治るから不思議。

 

騒いで悩んで、旦那やうるさいおばあちゃんとみんなで心配しているとその心配のエネルギーで赤ちゃんは大変だ。

 

赤ちゃんも犬も好きな人の心配エネルギーは受け取るもの。

スポンジのようにね。

 

子供を産む人は、これからは胎盤を食べようね。

母乳も出て、身体も元気にきれいになるし、肥満の戻りも早くなる。

胎盤はこっそり裏で売られているんだ。

最高のサプリメントだからね。

これは内緒だよ。

 

結局、子供の病気を通して、いろんなことに気づいていくんだ。

 

最初はがっかりするけれど小児麻痺だって恵みだと思えてくる。

障害は障害じゃない。

障がい者っていう人は、僕らを気づかせてくれる鏡のようなもの。

出会ったら、挨拶しよう。

自分が忘れている大切なことを気づかせてくれるよなあ。

 

僕よりリズムが良くてダンスもうまい。

そんな人にこのあいだ会った。

喜びを発散していた。

警備員に注意されていたけれどね。

 

小児がんだなんて、がっかりだよね。

なんでまたと思うよね。

 

まだこれからなのに。

老化ってどういうことよ。

 

毒は巧妙にばら撒かれているからね。

 

怖れや心配をマスメディアがまくからねー。

 

親もジジババも心配性だからね。

 

きちんと最後までっていう文化が日本にはあるからね。

 

真面目な文化でそこはいいとこもあるんだけれどね。

 

もっとおおらかに適当になれればいいんだけれどね。

 

誰かが具合が悪いと、すぐに、 病院って言うからね。

 

そして何で放っておいたのだ、と怒るお医者さんもいるしね。

 

それで消毒の始まり。

 

その消毒で腸内も胃も肝臓もきれいにされちゃう。

 

大事な菌が根こそぎ。

 

常在菌さんが生命の鍵。

 

細胞は彼らの助けがあって生きていられる。

 

子供の病気は、僕は余計な消毒で促進されると思っている。

 

いったいどんな薬を子供に飲ませているのかを親は学ばない。

 

もっと自然で当たり前の治療法があるのに、それを学ぶ機会はない。

 

医者がやることはありませんという時まで、専門家に依存しようとする。

 

動物や鳥を見てみよう。

彼らにはほとんど病気がない。

 

 

僕らは生命体だ。

 

生まれて死ぬまで生きている。

 

生きている、ということは生きる環境が整っているということだ。

 

まずは体温。

常に36.5度前後で保つ。

 

次に酸性度。

常に7.3-7.5前後で保つ。

 

生きるということは、歩くことだ。

たまには小走りで走る。

 

生きるといことは、食べることだ。

息を吸うということだ。

 

そして生きるというのは、出すということだ。

 

つい健康のことを考えると栄養のことを考える。

食のことを考える。

 

しかし身体は循環だ。

食べたら出す。この繰り返しだ。

 

下痢も出すこと。

便秘は出せないこと。

 

ある意味、下痢はいいことだ。

身体に悪いものが入ったので出そうとした。

そして出した。

 

便秘はすぐに死にはつながらない。

 

便秘がちな人は多いだろう。

 

ストレスがあると出なくなるし物理的に、腸の細胞さんや腸内細菌さんが弱まるとぜん動運動もできない。

 

たまるとそこは酸化してしまう。

 

酸化するとガン細胞も増殖する。

 

腸のがんは増加している。

 

ストレスが多い社会。

加工食品、外食が多い。

肉食、揚げ物。

 

日本人は外国人よりも随分、腸が長いという。

肉食はあったが、少なかった。

 

がんは、20年、30年という月日で増えていく。

 

僕らは20-25歳をピークに少しづつ酸化し老化していく。

 

そこに、大きなストレスや、継続した自然じゃない食や化学物質が身体に入れば、酸化は促進される。

 

僕らの身体は小さな池だ。

新鮮な水がちょろちょろ入ってきて、汚れた水がその分減っていけば、水はきれいだ。

 

しかし、泥水が入ってきて、汚れた水は出ていかない。

 

そうなればどんどん汚れた池になる。

 

身体が酸化するのは、食や化学物質ばかりではない。

 

精神が否定的になれば、酸化したホルモンが分泌されて身体を汚す。

 

身体が否定的エネルギーで充満すれば、その池も汚れざるをえない。

 

僕らの身体は、小さな海とも言える。

海から陸に上がってきて、体内に小さな海をつくっている。

塩分濃度は0.9%。

その濃度で体温が保たれ、酸性度が保たれる。

夏に汗をかき、その濃度が下がると、人は突然倒れる。

それで塩分補給が必要になる。

 

点滴にも塩分はしっかり入っている。

 

出すことは、ある意味食べることより大切だ。

 

出さなければ、やはり治らない。

 

じゃあ、どうやって出す?

 

出ない原因はストレスだ。

不安や恐れやイライラやムカッやくよくよだ。

それを止めなければならない。

 

物理的には、身体の塩分濃度、栄養等で、細胞さんや腸内細菌さんを元気にしなければならない。

 

そして歩かなければならない。

運動する。

ジャンプしたり

水分補給をしたり

出す力のある野菜や薬草などを取らなければならない。

 

心を穏やかにし、いい食事をし、プチ断食もし、運動もしっかりしなければならない。

 

最近、腸や腸内細菌の大切さが語られるようになった。

腸内細菌さんが元気なら身体全体も元気だということだ。

 

歩くこと、出すこと

 

くよくよし過ぎないこと

 

さあ、今日も淡々と。

淡々と目標に近づいていこう。

1000里の道も一歩から。

 

決して諦めてはならない。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放