病気の治し方                          内海 聡


慢性病といわれるような病気の発現原因はすべて共通であり、よってすべての病気に対する基本的な治療法は同じになる。

 

すべての慢性病の源は社会毒である。

代表格は砂糖類、甘味料、牛乳、添加物、農薬、GMO、化学肥料、トランス脂肪酸、電磁波、経皮毒系、ホルモン剤や抗生物質、住居毒、塩素、フッ素やフッ化物、ワクチンや薬たち、そして最後に登場した強力な社会毒が放射性物質である。

 

その他にもアメリカ小麦、インチキ植物油、重金属、過度のアルコールやJTのたばこ、カフェイン、ナノテク、詰め物、調整剤や乳化剤など、挙げればきりがないほどに社会毒は存在する。

 

まずはこれらをいかに使わず避けることが出来るかが第一である。

しかし残念ながら一度狂って慢性病とやらになってしまうと、これを避けるだけでは難しいものがいくつかある。

 

その時に行う方法論としてはいくつかあるが原則は基本的に決まっている。

それは・・・

①良い栄養を与える

②必須栄養素だけを与えても回復しない

③解毒を行う

④それぞれの体質を判断する

⑤精神の輪を見つめ直す

ということになる。

 

この場合、どの疾患に対してどの栄養を与えどのような解毒法を行うかということで、病気の治癒に向かえるかどうかが決まってくる。

そしてどの組み合わせを使い、どのような健康食品が合うかとか、断食のほうがいいのかよく食べたほうがいいのか、さらにいえばどうしてその病気になったのかと精神の関係、経絡や全身の調整などを行うことで改善していく。

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 



病気の予防                    難病克服支援センター


健康な身体はPH7.4の弱アルカリ性ですが、現代はこれが酸化に傾きやすいといえます。

 

身体は常に弱アルカリ性を保とうとしますが、酸化が激しくなりPH6以下になると癌になりやすいと言われています。

 

癌細胞はPHが5~6の状態のみで生息する細胞だからです。

 

血液も羊水もPH7.4でほとんど海水と同じ成分。

 

それに海水はPH8ですので、自然塩(天然の海塩)は酸化に傾いた身体を弱アルカリ性に近づけます。

 

化学塩ではなく自然塩を選ぶ理由はここにあります。

 

また、お酢も食品の段階では酸性ですが、体内に吸収されるとアルカリ性になります。

 

身体を酸化させる食べ物は、

農薬や添加物、トランス脂肪酸、時間の経った油料理、白砂糖、化学塩、加工食品など現代人がよく口にするものばかりです。

 

また、これは癌に限らず、あらゆる病気に当てはまり、また病気を克服する上でも酸化させる食べ物は避けるべきですね。

 

そして、薬は強い酸化物だということも忘れてはいけません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放