病気の原因を知ること                  日本根本療法協会


 

金属の蓄積

金属は体に大きな影響を及ぼす

 金属が体に大きな影響を及ぼすとは、意外かも知れませんが、ミネラルや鉄分が身体に必要であることは、ご存知だと思いますし、社会問題となった水俣病は水銀中毒であり、イタイイタイ病はカドミウム中毒によるものです。人体に必要でもあり有害にもなる金属は、生体へのスイッチとして働くため、微量でも非常に大きな問題として受け止めなくてはなりません。残念ながら、病院では金属がほとんど問題にされませんが、それは対症療法を基本としているからです。

 

歯の金属やワクチンも問題になる

 金属は、大型の魚や貝類などの食品、水道水などから体内に入ってきます。最も多いのは、ムシ歯で詰められる歯科金属や、ワクチンを始めとする薬です。表だけ白い歯でも、金属が裏側に使われていれば金属は溶け出します。こうして意識しないで体内に入れた金属が、大きな問題を引き起こします。例えば、日本では治らない病気とされている自閉症は、治療ではなく社会への適合訓練が中心となっていますが、アメリカでは水銀の排出が積極的に行われたりします。

 

金属は体の免疫力を低下させる

 金属には、体の免疫力を低下させる働きがあるので、皮膚炎や喘息等のアレルギー疾患、リウマチ等の自己免疫疾患、がんなど、全ての病気に関与します。歯に金属が入っていても元気そうに見える方は、症状として出るに到っていないというだけで、個人差や程度の差こそあれ、金属の影響がない病気はありません。実際に、多くの方々が歯科金属を除去し飲み水を換えることで、長年苦しんでいた病気が改善したという事例がたくさんあります。

 

微小電流と金属イオンが病気を招く

 金属が体内に入っていると微小電流が発生するため、絶えず交換神経が緊張状態を引き起こし、免疫力を低下させます。また、金属から溶け出した金属イオンが蛋白質と結合して異種蛋白となり、外敵と見なされてしまうため、自己免疫疾患を引き起こします。金属が、蓄積する部位の血流を悪化させ、本来運ばなくてはならないヘモグロビンなどの運搬を邪魔することもあります。どうしても治らないがん、リウマチ、アレルギーなどは、金属を排除していないことに注目すべきです。

 

電磁波

電気は目に見えないため、医療の世界では、おろそかにされてきました。日本のコンセントが2穴であるのに、諸外国ではなぜ3穴なのでしょうか。3穴コンセントの一つはアースで、電場の人体への影響を地中に逃がすためのものなのです。日本は電磁波に対する危険意識が余りにも低く、自動車や電化製品など、将来を危惧するものがあふれています。

パソコンをアースせずに長時間使用していると、全身、特に頭部(脳や目、耳)に大きな影響を受けてしまいます。

 

電磁波に無関心すぎる日本

 企業が安全基準をクリアしていると主張しても、日本の安全基準は異常に低く、健康よりも経済を優先する傾向にあるため、自分の身は自分で守らなくてはなりません。海外では電磁波の影響から逃れるため、高圧線の400m以内に住居、公園、学校を建てないことにしている国もあります。しかし、日本では子供が遊ぶ公園にも、電磁波の影響を受けやすい高圧線の鉄塔が建っています。また、15歳以下の携帯電話の使用を法律で禁止している国がある一方で、日本ではほとんどの小学生が携帯電話を持ち歩いているのが現状です。

 

口の中で発生する電磁波

 口の中の金属も、電磁波を発生させます。中には、300m mVに達している人もいます。心電図で心臓の健康状態をチェックする場合に、体への影響を考慮して、たった数分間でも3.5mVを越えてはいけないとされていることを考えると、一生涯流れ続ける数十倍の電流は大きな問題です。また、口の中の金属が、電磁波を集めるアンテナとなることも忘れてはいけません。

 

頭痛薬で頭痛が悪化する

 頭痛が起きると、何気なく頭痛薬を飲んでいる方も多いでしょうが、頭痛薬は頭で起きている問題を解決するものではありません。頭痛薬は、血流を悪化させ、体を冷やし、治りを抑制することで、プロスタグランディンという生理活性物質がもたらす痛みを減らしているだけなので、残念ながら飲むほどに頭痛に成りやすくなります。これは、腹痛でも歯痛でも同じことです。痛み止めは、対症療法として、我慢できない一時だけ使うには効果がありますが、長期間続ける治療法には向いていません。

 

携帯電話の電磁波で頭痛になる

 現代の頭痛の多くは、枕元に置いている目覚まし時計替わりの携帯電話から受ける電磁波の影響によるものです。携帯電話やライト、コンセントを頭から遠ざけるだけで、多くの頭痛が軽減されます。パソコン、ドライヤー、電気便座、電気シーツなど、電磁波をいかにして避けるかが、現代における健康維持の大きな要素となります。電磁波を受けていると血流が極端に悪くなり、生体機能を低下させるのです。

 

化学物質

代謝できないものは体に悪い

 私達の生活で本来、体に入れて良いものは、食べ物、飲み物以外にありません。体が代謝できないものは、ミネラルを除いて本来異物であり、体に様々な悪影響を及ぼします。例えば、大地に食べ物を放置してみましょう。虫や微生物が代謝できないもの、食べたり持って帰らないものは、私達の体の中でも微生物が代謝できないことを意味し、栄養にもなりません。

 

腐らないものは代謝できない

 プラスチックやガラスや金属が放置されれば、形を変えずにそのまま残ります。そのような物は、私達の体も同様に代謝できません。また、本来食べ物であった肉や野菜であっても、焦げて炭のようになって腐りにくい状態であれば、私達の体も受け付けません。焦げた物を大地に放置しても、虫や微生物は見向きもしません。つまり、食べるべき物ではないと言うことです。焦げた食べ物に発がん性があるというのは、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

腐らないトランス脂肪酸

 現代人は、食品添加物として化学物質を体に大量に取り込んでいます。食品であるにもかかわらず、常温で何年も腐らないのは、プラスチックオイルと呼ばれるトランス脂肪酸が使われている可能性があります。トランス脂肪酸は、食品として扱われているものの、欧米では何年も前から問題視されています。一時、バターより植物由来で体に良いと宣伝されたマーガリンは、トランス脂肪酸です。放置しても虫や微生物が見向きもしないことで、プラスチックオイルと呼ばれるようになったのです。

 

化学物質は免疫力を低下させる

 化学物質は、食品以外にも殺虫剤、洗剤、シャンプーなど様々な物に使われているため、アレルギーや化学物質過敏症の方が年々増加しています。代謝されない化学物質は免疫力を低下させるため、がんへの影響も忘れてはいけません。病気を治すには、なるべく体が代謝できるものだけを摂取し、免疫力を高め、自然治癒力を最大限に発揮することが望まれます。部屋の中で殺虫剤を焚いて虫が絶命するのに、人間に無害であるはずがないことを認識しなければ、増加し続ける病気を治すことは難しいでしょう。

 

体の歪み

人は体を歪ませてバランスを取る

 人間の体はよくできたもので、外からの強い衝撃があっても、身体を歪ませることによってバランスを保ち、生命を維持します。歩行したり運動したりする時には、下顎の位置を変えてバランスを取っています。左右の足の長さが違うと、ロボットであれば歩けなかったり動きが悪くなったりしますが、人間は体を歪ませることによって歩けるようにします。また、出産時には、産道を通りやすくするために、頭蓋を歪ませコンパクトになって生まれてきます。

 

体の歪みが起こす問題

 歪みは人間に必要なものですが、それが同じ状態として永続的に残ると、様々な問題を引き起こします。脱臼や骨折はもとより、血流やリンパ流の障害、冷え、炎症、椎間板ヘルニア、下顎が後退し軌道を狭窄することによる免疫力の低下、アレルギー、うつや体調不良など、数え切れないほどの問題を引き起こします。

 

体の歪みを取って免疫力を改善

 手術後の縫合による引きつれも、体に与える歪みとして無視できません。歪みを作る原因の除去がまずは必要ですが、体に残ってしまっている歪みを取り、免疫力を改善させなければ、治癒が遅くなるのは避けられません。中には、運動で自ら歪みを取る方もいますが、骨格矯正などオステオパシーや高度な噛み合わせの修復技能が必要となるため、正しい知識を持った専門家に依頼した方がいいでしょう。また、出産時の頭蓋の歪みは、通常は回復しますが、中には歪みが残ったままの方もいます。そういう場合は、オステオパシーなどで歪みを解消すると、体の機能が大きく改善する可能性があります。

 

感染

全ての感染が問題というわけではない

 私達は絶えず、菌やウイルスに感染しながら生きています。飲んだり食べたりすれば、少なからず感染します。しかし、全ての感染が問題というわけではありません。納豆を食べて枯草菌に感染しても問題なく、体は健康にさえなります。乳製品は問題あっても、乳酸菌は免疫力を高めてくれます。全ての菌を悪者扱いする必要はなく、問題はバランスであり、有用な菌とは共存することが重要です。

 

菌が腐敗することが問題

 菌が有用か害かの分かれ道は、腐敗か発酵かです。全ての微生物を害と見なして攻撃すると、腸内細菌も一緒に殺してしまうことになります。有用菌を増やし、発酵によって腐敗を防ぎ、腸内バランスをとることが健康維持への鍵となります。体に良い食事を選択することは、他のどの要素より重要かも知れません。体を酸化させる食品を多く摂っていると、腸内は腐敗しやすく、発酵食品や還元力のある水などを積極的に摂っていると、発酵しやすくなります。病気になるか健康でいられるかは、食べた物、飲んだ物の選択で大きく左右されるのです。発酵文化の進んだ日本が長寿国であることが全てを物語っていますが、簡単で便利な食事に変わるに従い、病気が増え続けていることも事実です。

 

血流が滞ると腐敗しやすくなる

 私達の体は血液によって守られていますが、血流が滞ってしまうと、腐敗が始まり、健全な微生物バランスを崩します。血流が無くなった心臓は腐って心筋梗塞となり、肝臓であれば肝硬変から肝臓がんへと進行します。血流が無くなった組織は、大なり小なり免疫が働かずに腐敗しやすくなりますが、この血流の最も滞りやすい場所は、実は歯なのです。

 

虫歯が病気をつくる

 虫歯で神経まで腐ってしまったり、神経を取ってしまった場合には、そこに微生物が停滞しやすく、全身に毒素を散らすことも少なくありません。感染という点でも、歯は重要な要素で、なるべく神経まで悪くならないように、よく磨いておく必要があります。歯科医の多くは、神経を取った歯であっても、薬で微生物のコントロールができると考えていますが、厳密にはできません。私達の体に害が無く、微生物の繁殖を抑えることのできる薬があるのであれば、肉や魚の保存に冷蔵庫は必要なくなり、その薬を注入すれば済むことなのですが、そういったものは存在していません。また、神経を取ってしまった、死んでしまった歯の場合は、微生物の生存できるスペースを極力減らす密閉治療が必要です。歯の感染源を取らなければ、完全に感染を防いでいることにはならず、歯とは遠く離れた部位に病気をつくる可能性が少なくありません。

 

炎症が発がん性を高める

 がんになる可能性も、実は感染と炎症が大きなポイントとなります。がん細胞は毎日3千から1万個できるといわれますが、健康で炎症のない人の免疫は、これらのがん細胞を攻撃して体を守ってくれます。しかし、炎症のある人の免疫は、がんよりも炎症に対処するため、がん細胞への対応がおろそかになり、発がん性を高めてしまうのです。炎症を体に残しておくことは非常に問題であり、そういう意味でも、神経を失った歯の影響は無視できません。

 

食生活

食品の安全基準は健康を保障しない

 食という字は、「人を良くする」と書くように、正に医食同源であり、食べるものが私達の肉となり体を作ります。しかし、食品と表示があれば何を食べても安全ということではありません。食の世界でも、国の安全基準は、直ちに問題とならないレベルなら見過ごすという経済優先の考え方がベースになっています。消費者の健康を長期に保障できる安全基準ではありません。

 

医学部には食に関する教育はない

 食の指導は、時に人を混乱させます。ある食べた方が良いとか、避けた方が良いとか、指導者によって十人十色です。それは、大学の医学部・歯学部で食学が軽視され、食の研究も食に関する教育もほとんど行われないことに起因します。食事は単に栄養を摂るものであり、健康にしたり、病気にしたりするものではなく、体をコントロールするのは、あくまでも医療だという考えがベースにあるからです。

 

過去の歴史や統計から学ぶことが大切

 机上の空論にならないためには、結論が出ていない予測から学ぶのではなく、過去の歴史や統計が明らかな結論を示しているものから学べば間違いありません。そうすれば、統計が誤っているか、統計の分析が間違っていない限り、正しい食生活ができ、結果的に健康を手にすることができるのです。企業が発信する宣伝をベースにした情報が氾濫しています。テレビ、新聞などの広告媒体にはスポンサーが存在するため、スポンサーの都合に反する報道はしません。大学で使われる教科書の作成においても、見えない所で企業の力が働いています。私達が本当に知るべきは、誰かの都合でなく、歴史が示してくれる事実です。

 

ストレスの原因は外的環境にもある

 現代はストレス社会ですが、単に忙しいからとか、複雑な社会だからということだけがストレスの原因ではありません。肉体的に受ける外的環境が、精神的にも影響を与えている場合があるのです。睡眠時間が適切に取れなかったり、日光浴を充分にしなかったり、電磁波を受けたり、ミネラルビタミンバランスが崩れていたり、化学物質を蓄積してしまったり。これらの問題が精神的なストレスとなって、心のバランスを崩しています。

 

精神の不安定が病気を引き起こす

 精神薬を手にする前に、生活を見直して原因を絶たなければ、完治は望めません。また、精神が安定しないとホルモンバランスが崩れ、免疫力が低下して、様々な病気を引き起こすきっかけになります。精神疾患は特に環境要因が重要です。隔離や薬物投与は患者をおとなしくさせ社会に適応させる方法ではあっても、患者自身を治す方法でないことを理解しなければなりません。健康とは、肉体と精神の健全さをもって成り立つものです。互いに影響し合い、どちらも環境の影響を強く受けるため、環境を整えることが治療以上に重要となります。

 

冷え

冷えは万病のもと

 体温は健康維持の重要な鍵となります。ご存知の通り、風邪をひくのは、寝冷え、湯冷めなど、体が冷えた時に免疫が低下し、ウイルスに抵抗でなくなって体調を崩した時です。そして、この冷えは、全ての病気に対する免疫の低下も同様に引き起こします。かつてヴェネツィアでは、1階に大理石が使われ、多くの人間が冷えによりリウマチに成ったため、2階以上の木造フロアに生活空間を移しました。がんも低体温の人間がなるというのはよく知られたことで、かつて日本を恐怖に陥れた結核も、現在国民の2/3が何らかを持っているといわれるアレルギーも、冷えが大きく関与しています。

 

体温が高いと免疫も強い

 「赤ちゃん」は顔の赤さから来た言葉ですが、元気な赤ちゃんは体温が高いものです。しかし、高齢になるにしたがって体温は低下し、やがて人は死を迎えます。確かに体温が若干低めの人の方が、肉や魚が冷蔵状態で長持ちするように、長生きする可能性もありますが、免疫は体温が高い人の方が強く、病気になりにくいのは間違いありません。体温を気にしない人が多いようですが、現代人の低体温化は非常に問題なのです。脂や甘い食品が増えたことも、問題解決を困難にしています。

 

熱を出してウイルスを退治する

 現代医療の盲点は、健康数値絶対主義にあります。健康な人の体温が36.5度から37度だから、風邪をひいて上がった熱を異常だとして下げようとしてしまいます。風邪はウイルス感染であり、私達の体がウイルスを倒す方法は、活性酸素と熱です。熱を上げてウイルスを退治しようとしている時に、解熱鎮痛剤を服用するのは、熱が下がって楽にはしても、実際には治癒の邪魔をしていることになるのです。がん患者であっても、コレラやチフスにかかった貧しい人が、病院に行けなくて1週間以上高熱にうなされると、がんが無くなっていたというのは、実際に有り得ることなのです。がん患者もリウマチ患者もアレルギー患者も必ず低体温であるのは、低体温によって免疫を低下させ、循環障害になっているからなのです。

 

微生物が好まない環境をつくる

 

 一時しのぎの対症療法は、軽度の病気の場合には、症状を軽減し生活しやすくするかも知れません。しかし、病気の原因となる微生物を元気にさせるため、重度の病気や慢性疾患では歓迎されるものではありません。体と微生物のしのぎ合いでは、微生物が好まない温度域に私達の体を保つことが重要です。そのためには、衣類や住居の環境、寒い国の日本人が好んだ風呂、糖分を避けること、電磁波を避けることなども重要です。

 

 

http://causaltherapy.org/metal.html

 









          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放