病気の予防と治癒へのアプローチ                  吉野 一道


(1)人は何故病気になるのか。

適応能力を超えるような無理な生き方をしたからではないのか。

無理な生き方から生まれるストレスが、病気の誘因になっているのではないのか。

そうであれば、がんをはじめとする様々な病気にかかっている人々は自分の生き方を見直すべきである。

それこそが免疫の仕組みによる病気予防や治癒への道ではないのだろうか。

そんなことが言われるようになりました。

 

(2)上記の観点から、がんと診断された際に実施すべきとされる4ケ条が挙げられています。

①生活パターンを見直す。

がんとわかったら、生き方を変える。

内視鏡で早期胃がんが取れたとか、部分切除でがんが取れたとか言っても、同じような生き方をしていれば、いずれ再発します。

 

②がんの恐怖から逃れる。

がんの恐怖から、発がんしたときより更にリンパ球が減り、結果として免疫力が更に減ることがわかりました。

がんに恐怖して絶望的になった人のリンパ球の割合は、がんが暴れ出す数値とされる20%を割っていると言われます。

 

③消耗する治療は受けない、あるいは延々と続けない。

食べることができるとか、歩けるとかの基本的な体力がなければ、がんには勝てないという言葉には説得力があります。

 

④副交感神経を優位にして免疫力を高める。

私達の免疫系は副交感神経によって支配されており、軽い運動や笑いや入浴は副交感神経を刺激し、免疫強化に役立つと言われています。

 

(3)ストレスを緩和して、副交感神経を優位にし、心身をコントロールする。

心を平穏な状態に保てれば、リンパ球が活発化して免疫力が発動し、さまざまな病気が治癒へと向かう。

 

プラセボによる暗示にしろ、宗教による安らぎにしろ、心をポジティブにすることで身体の機能にプラス効果がもたらされ、実際に病気が癒されるといった症例は数多く報告されている。

 

そんな自然治癒プログラムが人間の身体に内在しているのにもかかわらず、その発動を抑えてきたのは、精神領域の作用を軽視した西洋医学ではないのだろうか。

そんな批判が聞こえてくるようになりました。

 

(4)精神領域からのアプローチを重視する代替医療は、総じて副交感神経を優位にしてリンパ球を活性化させ、自然治癒力を発動させるものではないだろうか。 

 

ところが、代替医療で患者が快方に向かう症例がどれほど報告されても、治癒に至るエビデンスが希薄であるとか、未解明な領域であるとかの理由によって、西洋医療から一蹴されてきた。

 

しかし、西洋医療から一蹴されてきた代替医療が病気を快方へと向かわせるのは何故だろうか。

 

免疫学的な見地から新しいアプローチが検討されても良いのではないのか。

最近、そんな提言がなされるようになりました。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放