病気になってすること                      工藤清敏


検査に行ったら、乳がんだった。

 

さーあ どうする?

 

1. 手術する

2. 抗がん剤

3. 放射線治療

 

びっくりと不安と怖れと心配と。

 

さっさと手術しないと全身に広がるよ!

 

そう医師に言われたら、ワナワナする。

 

迷っていると、ご主人や姑が早くしろよ??って言う。

 

そうした方がいいよね?

 

こういう環境に逆らわない方がいいよね?。

 

4. 自分で治す

 

専門家が難しいって言っているのに、アホな自分に治せるはずがないよね?。

 

他に方法はないのかなあ。

 

自分で気づいて学んでそれで良くなっていくのかなあ。

 

モタモタしているうちに、全身転移してしまったらどうしよう。

 

代替医療とか民間医療とかそんな不確かなことはないと医師は言うし。

 

そもそも病気になる人は、魂が喜ぶことをしていないんです。

 

意識がいつのまにか、どんより曇り空で、それでもいいかと何気に生きています。

 

狭い家庭に自分の心を合わして生きています。

 

世間の常識を気にしながら、真面目にいい国民でいます。

 

血流は悪いです。

 

意識の曇り空は、血液を汚すホルモンを毎日出しています。

 

自分の意識がどんよりで、血液がドロドロで、血流が悪くてどこかが、身体の中で一番酸化して、そこにがん細胞の塊ができる。

 

じゃあどうすればいいの

 

まずは、血流を良くしますね?。摘んだり、引っ張ったり、さすったり、言葉をかけてあげて。

 

それから、塩、酵素(無農薬野菜、果物、ジビエ、刺身、、、)

 

そして意識改革

 

しばらく転地療法

 

大学に入ったつもりで。

 

今までと同じ環境、同じ意識でいたら、がんが促進されるのは当たり前。

 

今までの環境ががんを育てた。

その同じ環境にいるということが問題です。

 

身体環境がAからBに変わったのです。

 

ですからまたAに戻せばいいのです。

 

ですが、常識が1から3ですから、そういう人は、それを選びます。

 

子供が小学生だろうと、子供から離れようと自分で治すことに本当は専念してほしいです。

 

自然とともに魂の喜ぶ時間を。

 

せっかくのこの結果を活かして自分の行動範囲、思考、価値観を変えてみる機会が訪れたのです。

 

がんという免罪符で好きなことをやっちゃうチャンスです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放