病は気から                            川嶋朗


「病は気から」という言葉があります。

 

日本では「気」という漢字に3通りの意味があります。

 

空気に代表される「ガス状のもの」を指す場合、

電気に代表される「エネルギー的なもの」を指す場合、

そして気持ちに代表される「心」を指す場合です。

 

日本人のほとんどは「病は気から」の「気」を気持ちの意味だととらえ、「病気になるかどうかは、その人の心の持ち方次第」という意味で使うでしょう。

気合で病気なんかやっつけられる、いわゆる精神論ですね。

でも漢字の本家本元中国では、「気」はエネルギーそのものであり、「気体」や「気持ち」の意味が本質ではありません。

 

中国には「万物のもとは気である」という概念があるのです。

エネルギー(E)=質量(m)×光速度(c)の2乗

これはアインシュタインが発見した、質量とエネルギーの等価性を表す有名な関係式ですが、古代中国の人々も、エネルギーが物質に変換できることを感じとっていたのでしょう。

 

気というのは万物のもととなるエネルギーをもっています。

「気」には陰と陽という2つの要素があり、宇宙にあるすべてのものを形づくっていると推定し、世の中のすべてを解明してきたのです。

 

中国の自然哲学思想としてよく知られている五行説や、漢方医学で大切にされている気・血・水の考え方も「万物のもとは気である」という概念から生まれた思想です。

五行説とは、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという考え方で、方角や色など、あらゆるものに五行が配当されています。

五臓六腑という人間の体内を表す言葉がありますが、この五臓(肝・心・脾・肺・腎)も五行が配当されているのです。

 

気・血・水とは、人間の体を循環して体全体にエネルギーを行き渡らせている3要素です。

万物を形づくっている気を、気(実体のないもの)と血、水(血液以外の体液)に分けて考えたもので、この3要素がバランスよく体内を流れることにより健康が維持される、というのが漢方医学の基本的な考え方です。

 

要するに、人間の体もすべて気からできているというのが中国医学や漢方医学の考え方なのです。

気が正常に作られて正しくめぐっている状態が正気、すなわち健康で、この気が病むのが病気。

 

これこそ「病は気から」の語源です。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放