畑の嫌われものスギナ                     吉冨 信長


人間にとって都合の良い草はハーブ、人間にとって都合の悪い草は雑草と呼ばれています。

雑草の中でも特に嫌われているのがスギナです。

スギナは畑や田んぼの嫌われものを代表する草であり、土手や空き地にも気づいたら生えているもので、除草作業する人にとってはとてもやっかいものといえるでしょう。

ちなみにスギナは杉に似ているため「杉菜」ということが名前の由来です。

 

実はこんなスギナでも私たちは知らない間にとてもお世話になっていたのです。

スギナの祖先は約3億年前に地球に繁栄したとされています。

このスギナの祖先が中心となって当時の森林を作り、やがて石炭となって、後年、私たちの生活に欠かせないエネルギーとなったのです。

 

また、有名な話ですが、広島に原子力爆弾が落とされ廃墟と化したその土地に、真っ先に生えたのがスギナだったと言われています。

これは被爆後1年以内の出来事だったそうです。

(実際の当時の調査では、スギナの他にハコベ、ナズナ、ドクダミ、ヤエムグラなどの草本も記録されています)

 

被爆後、この爆心地には数十年は生物が住めないだろうと言われたこの広島の土地に、復興の兆しを見せるかのように登場したのが、あの憎き雑草たちでした。

緑の新芽を見せたスギナたちは、悲しみに暮れていた広島市民を慰め、とても勇気づけたという記録があります。

実際に、原爆資料館が新設されたときに、代表的な雑草19種類を標本にし、陳列させたそうです。

 

スギナをここまで生命力の強い性質にしているものは一体なんでしょう。

それは地下茎(根茎)です。スギナは古来より、深い地下にある地獄まで根っこが伸びているという言われがあります。

実際には、地下へ伸びているのは根ではなく地下茎です。

この地下深くまで張ってある地下茎があるからこそ、原子力爆弾によって地上の部分が焼失されても、再生することができたのです。

除草してもまた生えてくるスギナの生命力は、やはりこの地下茎のおかげです。

 

スギナは不思議な雑草のひとつですが、日本に多い酸性土壌に一目散に生え、やがて枯れるとその土壌をアルカリ性にする作用があります。

土壌がアルカリ性になるとスギナはやがてそこから去っていき、また酸性土壌になると再びやって来ます。

 

この憎き畑の嫌われものスギナは、私たちの知らない間にさまざまな働きをする不思議な雑草なのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放