生活習慣病を卒業するために                   内海 聡


現代において現代病にかかっている人は常に悩んでいますが、彼らが治らないことには理由があり、クスリを飲み続けていることには理由があります。

クスリを飲み続けていることは治ったことではなく薬物中毒なだけ。癌であれ膠原病であれ難病であれ精神病であれ、すべては同じです。

 

ではどういう人が根本的に治すチャンスをつかむのでしょう。

それは結局のところ非常にシンプルであり、シンプルであるからこそ難しいということになります。

 

以下が治るコツの10か条だと言えるかもしれません。

①あなたが信じている医学とクスリと病院が、すべて嘘であると気付いているかどうかです。

 本来医者や病院とは病気を治すために存在しているわけではありません。

 

②あなたが病気になったことには、すべて根本的理由があると気付いているかどうかです。

 その根本的理由のさらに根本は常にあなた自身にあり、他人や他者にはありません。

 

③あなたが感じている症状は、あなたの体を治そうとしていることに気付いているかどうかです。

 あなたが飲んでいるクスリとやらは実はあなたを治すことを妨げています。

 

④あなたが食べているものが、あなたの体を作っているということに気付いているかどうかです。

 それを取り戻すのは容易ではなく少々食べ物を変えてもうまくいきません。

 

⑤あなたの食べ物だけでなく精神のものが、あなたの病気を作ってきたことに気付いているかどうかです。

 病は心身一如であり肉体や物質的なことと精神的なことの複合体です。

 

⑥あなたが医者やクスリに依存している愚かさということに、気付いているかどうかです。

 それはたとえ代替療法の医者やセラピストでも同じ、自分で調べて考えるのが一番です。

 

⑦あなたの住んでいる社会が医療や食だけでなく、すべて同じシステムであることに気付いているかどうかです。

 社会認識が変わると自分の中でいろんなことが腑に落ちてくるのです。

 

⑧あなたが病気は徐々に治ったりしない、ということに気付いているかどうかです。

 すべては発想の逆転や意識のベクトルがひっくり返ることによってこそ改善します。

 

⑨あなたが目的を見失い、人生の意味を見失っていることに気付いているかどうかです。

 あなたは常識と体裁にまみれ執着を捨てることができない中にいるのです。

 

⑩あなたを治すことができるのは、結局あなただけであるということに気付いているかどうかです。

 どんな人間にも人間を治すことはできず、そう主張する人々はみな嘘つきです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放