生命、共生                            吉冨 信長


農薬や化学肥料を使い続けると、土の中の微生物が減少し、ミネラルバランスも崩れ、そこで育った野菜は人間の目にはわかりませんが、非常に弱いものが出来てしまいます。

その弱い野菜に病原菌がはいったり、虫が食べにきたりするわけです。

 

その状況を、現代農業では、菌が悪い、菌のせいだと決めつけ、さらに土壌消毒を行います。

土壌消毒を行うと、病原菌と一緒に、有用な微生物や細菌までもがいなくなり、植物は微生物による代謝物質をもらえませんので、さらに弱くなっていきます。

(抗生物質などの薬づけになった人間も同じ原理ですね)

 

これらが何年も続くと、有用な微生物がいなくなり、病原菌だけが増殖します。

そうすると、土は死に、生産者はさらに肥料を施し、予備的に農薬を撒きはじめるという、悪循環に陥ります。

 

このことについて、大地といのちを守る会の吉田俊道さんが、著書の中でとてもわかりやすい例えをしています。

以下要約。

 

 

映画「もののけ姫」の中の「しし神」は菌を象徴している。

 

しし神が触れると、ある時はそこは生命の泉になり、ある時は死の山になる。

 

「しし神は命を与えもするが奪いもする。」

 

つまり、可能性のない命は食べつくし、可能性がある命は助ける。

すべての菌には意味があり、それは感情でも正しいも誤りでもない。

 

命はすべて循環している。見込みのない命は速やかに新しい命の材料にする。

 

しし神とつながっていない植物や人はいつかしし神に命を奪われる。

共に生きることをやめ、現代のほとんどのもののように、しし神(菌)を敵にまわしてしまった生命は、いったいどうなるか。

 

 

生命である以上、微生物や菌とつながっていく必要があります。

共生こそ、私たちが選ぶべき道なのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放