生きる意味                                                                     細川 博司


鷹は最高70年生きられると言われていますが、このように長生きするためには、約40年が過ぎた時に重要な決断をしなければなりません。

鷹は約40歳になると、爪が弱くなり獲物がうまく取れなくなります。くちばしも長く曲がり、胸につくようになります。羽も重くなり、徐々に飛べなくなります。

 

ここで鷹は、2つの「選択」に置かれます。

このまま死ぬ時期をまつのか。

苦しい自分探しの旅に出るか。

 

自分の変化の道を選んだ鷹は、まず山の頂上に行き巣を作ります。

その後、鷹はとても苦しいいくつかのことをやり始めます。

まずくちばしを岩で叩き、壊し、なくします。そうすると新しいくちばしが出てきます。

それから出てきたくちばしで、爪を一つずつはぎ取ります。そして新しい爪が生えてくると、今度は羽を一本ずつ抜きます。

 

こうして半年が過ぎ、新しい羽が生えてきた鷹は、新しい姿に変わります。

そしてまた空に高く跳び上がり、残りの30年間を生きていきます。

 

人は誰でも、過去よりは成長することを願います。

成長を望み、もっと新しい自分を見つけるためには、心の底から「変化」を期待し行動しなければなりません。

大切な人生の生きる意味に気づき、「涙」と「笑顔」で成長する自分と向き合うためには、この鷹が見せてくれたとても苦しい「選択」という勇気ある決断が必要なのかもしれません。

 

人生の価値は「速さ」と「広さ」ではなく、「方向性」と「深さ」にあることを忘れない。

あなたが心から探し求めている「生きる意味」とは何でしょうか。

どのような自分を求めていますか。

 

変わりたい自分が「こころの扉」を叩く、のであれば、その気持ちと素直に向き合い、最も大切な事を選ぶ「勇気」を忘れない。

そして「成長」を求める自分を否定しない。

 

これが、生きる意味と向き合う私たちにおくる「鷹」からの「教訓」かもしれません。

 

 

 



生きるという意味                        岡本 よりたか


人は淘汰されるために生きている。だが、それは次の生命のために死していくだけであり、人であろうが、植物であろうが、綿々と続く生命のリレーの中の一つの進化の過程としての淘汰であり死である。

 

どんな障害を持っていようが、人には命のリレーのための大切な役割がある。アブラムシによって間引きされていく作物も、枯れることで次の芽吹きにミネラルを与えるのが役割のように、生きる意味をちゃんと持っている。

 

生命の長さが短かろうが、少々生き辛かろうが、生まれた生命には果たすべき役割があると考えるべきなのである。

 

しかし、常識に囚われた大人たちによって、稀に、その存在意義に疑問を持ち、責任を感じ、心を痛め、自分責め続けることがある。

 

だが、それは、進化のために不可欠な命のリレーを否定することであり、どのような状況であろうと、役割を果たそうとしている生命に対する間違った行為であると僕は思う。

生まれたからには必ず役割がある。健常者に生まれたら気づかないかもしれない、大切な役割があるはずだ。大人がやらなきゃいけないことは、その役割へと導いてあげることである。

 

それこそが命のリレーの根源であるから。

何故、虫が野菜を食べるのか、何故、雑草が生えて作物を覆うのか、何故病気に倒れる作物があるのか、何故、収穫されない作物があり、何故、動物に食べられてしまう作物があるのか。

 

植物を観察すると、そこに必ず答えがある。つまり、役割を果たそうとしているだけなのだ。

 

生きるという意味をもう一度考えてみるべきである。生きることは、役割を果たすことであり、死していくことであるから。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放