生きがい療法                       なるほど健康塾


ガンなどの難病に対処するひとつの治療法として、生きがい療法があります。

言葉自体からある程度見当がつきますが、これは気持を前向きにして、いわゆるプラス思考で生きがいを持って生活するという、患者本人の心のプログラムといえます。

 

難病に罹ると、不安になったり、ストレスがたまったり、さらにこれらが高じると死の恐怖に苛まれたりするものですが、こういう状態を続ければ、決していい結果にはなりません。

イメージ療法のひとつとも心理療法ともいわれるこの療法、伊丹仁朗博士が、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)と「あるがまま」で知られる森田療法をもとにして開発したもので、博士は「生きがい療法実践会」を中心に学集会を定期的に開くなど、幅広くこの療法(心理学習プログラム)を実践しています。

 

ガンを生き抜くという命題のもと、ガン患者のモンブラン登山や富士山登山を実行し大きな成果をあげていることは、すでにテレビでも放映されよく知られています。

伊丹博士も、従来より心理的なものが肉体にどう影響するか、さまざまな実験を試み、笑いと免疫についても興味深い研究成果を得たといいます。

 

毎日、明るくユーモアあふれる生活をすることがガンの予防にも治療にも役立つ。生きがい療法の原点は、笑いにあるのかもしれません。

伊丹博士は、生きがい療法についていくつか挙げていますが、なかでも次の項目はよく理解できます。

 ・心のストレスがガンを悪化させることを知る

 ・心配を作る心の関心を外に向ける

 ・死の不安から逃げず共存するコツを実践する

 ・自分の病名を知り恐れをなくして心構えを作る

 

博士はまた、著書のなかで、大切にしたい基本方針として

 ・自分が主治医のつもりで病気と闘っていく

 ・今日一日の生きる目標にうちこむ

 ・人のためになることを実践する

などの5項目を挙げています。

 

「病は気から」とは昔から言われる格言ですが、まさに病に罹るのも、それを治すのも「気」であるということでしょうか。

ここにも、生きがい療法の存在が見え隠れします。

 

病気を治すのは患者本人であって、医師はサポート役である、とはよく言われる言葉ですが、生きがい療法はまさにこうした考えに立ったものであるといえましょう。

 

「禍を転じて福となす」という諺もあります。

「一病息災」という諺もあります。

 

もし万が一、ガンなどの難病に罹ってしまっても、それを悲観し死の恐怖におののくよりも、自分の体内にあるガン細胞を魚の大群が食べつくしているシーンでもイメージしながら、笑いを忘れずに楽しく過ごしたいものです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放