現代病                                                                              内海 聡


クスリを飲む野生動物はいない。

だから人間は野生動物には勝てない。

生命力でも生存力でも病気でも。

 

野生動物は今の人間よりよほど賢いと言える。本来人間は野生動物より賢いのかもしれない。

本当の意味での知恵と有益な文明だけを生かせば、人間は間違いなく野生動物より賢く繁栄することができるだろう。

 

しかし実際は破壊的な肥大だけを続け地球を汚染し続ける、この地球にとってスバラシイ細胞に人間は堕している。

今、人類は野生動物や古典的民族(たとえばイヌイットやインディアンやアイヌやその他多くの民族たち)の生活や食生活をヒントとすべきであり、さらにいえばその後人類が文明を作ってきた良い意味での知恵を、それとミックスして人類の真の繁栄を目指す必要がある。

 

まず昔の病気、野生動物がかかる病気といえばなんであろうか。

 ・感染症

 ・骨折

 ・他の獣に襲われる

 ・死産

 ・食糧難による栄養失調

 ・老衰

などが主体となるだろう。

 

ここでは老衰が病気であるかどうかは横に置いておく。

これ以外に少数ではがんや心臓病なども存在するが、真の野生動物(たとえばサバンナや密林などの野生動物)は、非常にがんや心臓病が少ないことが知られている。

同様に古典的民族もがんや心臓病が少なかったことが知られている。

野生動物がかかりやすい病気は、そのまま古典的民族がかかりやすい病気にも通じている。

彼らは別に不死だったわけではなく、我々と死ぬ理由が異なっていたという点が重要であり、古典的民族が生き延びた場合、非常に長寿の人が多く、痴呆なども少なかったということが重要なのである。

 

翻って現代人や現代で動物園に買われている動物や一般のペットたちは、いかなる病気にかかるのか。

それがまさに現代病といわれるものの種類であろう。

たとえば

 ・

 ・心筋梗塞などの心臓病

 ・脳梗塞や脳出血など

 ・アレルギーと呼ばれる病気

 ・神経疾患や免疫疾患といわれる難病

 ・精神疾患と呼ばれるたぐいのもの

 ・機能性疾患と呼ばれるたぐいのもの

である。

 

もちろんこれだけでなく野生動物でもかかる

 ・感染症

 ・骨折

 ・外傷

なども主たる病気であるが、死産については明らかに昔より減っていると言える。

 

現代人は老衰で死ねる人(癌や動脈硬化性疾患や感染症になどならず、エネルギーの枯渇で安らかに死ねること)はほとんどいないだろう。

これは現代において食を考えるうえで重要なヒントなのだ。

我々は現代において作り出してしまった病気の多くを、自分たちが食べているものや自分たちが周りに振り撒いている毒によって作ってしまっているということである。

 

なので、その食や周りの毒を排除することができれば、人類はかなり多くの病気を予防的に克服することができるということだ。

そして野生動物や古典的民族がかかっていた、現代におけるほんの一部の「真の病気」だけを治療することができれば、医学の価値も高まるし健康で大往生できるということだ。

 

しかしどうやら人類はそうなりたくはないようであると言わざるを得ない。

農薬や化学肥料で育てられる作物、本来不必要な食品にも添加される化学物質たち。

これらを排除し、自然栽培作物、添加物無しの食品等に留意していけば、我々は健康になるし精神的にも充足感を得やすくなるということだ。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放