玄米                                  森下敬一


玄米は「完全食」という呼び方がまさにピッタリの食品である。

どんな体質の人が、どの季節に食べても、体質改善(体質の中庸化)効果を確実にあらわす。

 

慢性病や病的症状は、体質のかたよりによって生まれるものだから、どんな障害も、玄米を食べることで必ず快方に向かうわけだ。

 

玄米がすばらしい効用を持っているのも有効成分の宝庫である胚芽のせいだ。

胚芽とは、コメをまいたときに芽を出す部位で、ビタミンいB1、B2、B6、E、ニコチン、パテント酸、コリン、プロビタミンC、カルシウム、リノール酸などの実に多彩な有効成分を含んでいる。

 

胚芽成分が健全であるかどうかは、水分や温度など適度な条件を与えるとわかる。健全なら発芽する。

玄米を食べることはこの生命のモトを丸ごと食べることなのだ。

体質が改善されても不思議な話ではなかろう。

 

白米は胚芽がすっかり取り除かれているから、常食していると、炭水化物の代謝障害がおこる。

疲れやすくなり肥満やノイローゼになりやすくなり、頭の働きも鈍り無気力になる。

 

昔「江戸わずらい」の名で呼ばれていた脚気は、じつはこの胚芽欠乏症なのだ。

江戸時代には、箱根を越えて上方に向かうと脚気は治る・・・といわれた。

当時は、白米食の普及は江戸を中心としたごく限られた地域だけだったのだ。しかし、完全食である玄米を捨てた当初だっただけに、その害作用は衝撃的で、おびただしい数の人が命を落としている。

 

現代日本人は白米の洗礼をくぐりぬけてきて体質もかなり変わっているため、典型的な脚気になる人はほとんどいない。

けれど胚芽欠乏という事態はいよいよ根深く、日本人の生理機能に根をはっているのである。

 

そんなわけだから、玄米はたまに利用するのではなく、極力、主食として食べたい。

玄米主食に変えた人がだれでもいうことは、体が軽くなって、疲れなくなったということだ。

それもそのはず、玄米は便秘を治し、体内の余分な脂肪を取り除いて、内臓の働きを著しく高めるからだ。

夏バテしやすい人、乳の出の悪い人、肌のハリがなくなった人、精力減退気味の人にぜひおすすめする。

 

玄米は消化が悪いというのは、大変な誤解だ。

その消化に玄米をよくかんで食べていると、胃腸の調子が真っ先に良くなる。胃ガンさえも治す威力を持っている。

 

もう一つ銘記しておきたいことは「玄米はすばらしい抗公害食品」ということ。

玄米は腸の働きを健全化して、公害物質の吸収阻止をはかる。

そのうえ、胚芽に含まれるフィチン酸が、体内に侵入した公害物質をつまみ出してくれる。

 

なお、玄米はお米屋さんやデパートで入手でき、圧力鍋を使えば短時間で軟らかく炊ける。十分にそしゃくすることが玄米の薬効を生かす秘訣である。

 

■ 玄米ご飯

材料(4人分)

・玄米・・・1と2/5カップ

・はとむぎ・・・1/5カップ

・あずき・・・1/5カップ

・自然塩・・・小さじ1/4

・ミネラル水・・・3カップ

・圧力釜

 

<作り方>

①玄米、はとむぎ、あずき、黒豆を水洗いし、ざるに上げ、分量のミネラル水、塩とともに圧力釜に仕込み強火にかけます。

②沸騰して重りがゆれてきたら、2分ぐらいそのままにして、その後弱火(重りが静かにゆれる限度)に落とし、25分間炊きます。

③火を止めてから、5分後に重りを斜めにずらして蒸気を全部抜きます。

④抜き終わったら重りを元に戻し、さらに10~15分蒸らして出来上がりです。

 ゆっくりと時間をかけて蒸らしますと美味しいご飯ができます。

 ※ごま塩をかけて召し上がってください。

 



玄米                              内海聡


玄米は、放射性物質(セシウム、ストロンチウム等)を中和し解毒(排毒)効果があることが知られています。

また、玄米に含まれるイノシトール、γオリザノールは肝臓の働きを強める効果があるため、解毒(排毒)効果が高められます。

また、アルカリ性食品であり、栄養素の点からもほぼ完全食であることが特筆されます。

 

《フィチン酸》

キレート(特定の物質が、特定の物質を掴んで話さないこと≒排毒)作用が強く、多くの金属イオンを強く結合することで知られています。イノシトールに6個のリン酸基が結合してできたリン酸化合物で、植物には広く分布している天然成分です。

【主な効用】有害物質排出(有害金属類等)、老化防止、脂肪肝の防止、結石(腎臓・尿路)史跡歯垢の予防、抗がん作用、等

 

《イノシトール》

脂肪代謝を促すため、動脈硬化や肝脂肪、高脂血症を防いだり、脳細胞に栄養を補給するなど、とても重要な働きを果たしています。また、人間の母乳、特に初乳に多く含まれ乳児には欠かせない成長物質です。(ビタミンB群)

【主な効用】脂肪肝・肝硬変の予防、動脈硬化防止、高コレステロール血症の改善、等

 

《γ(ガンマ)オリザノール》

コレステロールの吸収を抑え、血行を良くし、頭の回転を助け、更年期障害などの不定愁訴に効用があります。抗炎症、抗アレルギー作用、抗酸化作用にも優れており、シミの沈着を抑える美白効果もあります。

【主な効用】高脂血症・自室神経失調症などの予防・改善(医薬品としても認可)、過酸化脂質の生成抑制(細胞の酸化・老化を防ぐ)

 

《γ(ガンマ)アミノ酪酸(らくさん)[通称:GABA]》

自然界に広く分布している物質であり、アミノ酸の一種。旨味調味料の成分として有名なグルタミン酸が「興奮性」の神経伝達物質の代表とされ、GABAは反対に「抑制性」の神経伝達物質の代表と呼ばれます。糖尿病の食事療法にも取り上げられます。

【主な効用】頭痛・認知症・脳梗塞・動脈硬化の予防・改善、血圧上昇抑制、中性脂肪抑制、肝臓・腎臓機能の改善、アルコール分解効果、匂い(体臭・口臭、尿臭等)の消臭、等

 

《フェルラ酸》

植物に多く含まれる物質で、光合成によってできる植物の色素や苦味の成分でもあるポリフェノールの一種。活性酸素を除去する力が強く、抗酸化作用に優れています。

【主な効用】がん予防・改善、抗菌作用、認知症改善効果、メラニン色素の沈着防止(美肌効果)

 

《食物繊維》

消化酵素でも分解されない食物中の成分で、保水性が良く、腸内細菌類によって分解されにくい性質があり、人体にとって、さまざまな有用性があることがわかっています。

【主な効用】腸蠕動(ぜんどう)の促進(便秘・下痢に効果)、腸内環境の改善(善玉菌増殖等)、活性酸素の抑制、免疫力の強化、有害物質の排出

 

《アラビノキシラン》

針葉樹やイネ科植物に含まれる物質で、食物繊維の一部。免疫調整物質とも呼ばれます。

【主な効用】NK細胞(NK:ナチュラル・キラー、免疫細胞[リンパ球])の活性化、免疫力強化、抗がん・抗エイズ作用

 

《RBA、RBF(Rice Bran A、Rice Bran F)》

玄米から抽出される成分で、RBAは多糖類の一種(αーグルカン)で、免疫力を活性化します。RBFはがん細胞が必要なエネルギーを熱に変えて浪費させることによって、エネルギーを補給できなくさせる作用を持っています。玄米を「炒り玄米」や「黒炒り玄米」のように高温にさらしてから炊くことで溶け出し、吸収されます。

【主な効用】抗がん作用、がん細胞成長抑止効果

これらの成分を人の手で抽出・合成するなどし、薬品やサプリにする取り組みも見られますが、食材そのものからの摂取に勝るものはありません。また、どの有効成分も、単一での働きより、複数の成分(栄養素等)との相互作用によって、人知を越えた効果をもたらすのです。

 



玄米は完全栄養食!                        幸せの扉


老化防止・便秘解消・美肌・デトックス・ダイエットなど美容と健康効果が凄い! 

 

■ 玄米の魅力とは 

玄米は大変栄養バランスが優れているため、世界中で注目を集めています。特に日本びいきのセレブの間では抹茶などと並んで美容と健康に欠かせない食品の一つとされてます。 

我々の祖先は肉類をほとんど口にすること無く、また「一汁一菜」といった言葉が残されているくらい、非常に小食でありながら、現代を生きる我々とは比較にならないほど健康に生きることができたとされています。 

実際に玄米は白米よりも、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいますので、人間が健康を保つために必要とされる栄養素の大半を摂取することができます。

 

 

■ 玄米は完全栄養食 

玄米は、白米よりも、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。

そして、我々人間が健康を保つために必要とされる栄養素の大半を摂取できることから「完全栄養食」と言われています。 

また、マクロビオティック理論(自然の食材をできるだけそのままの姿で摂り入れる)におきましても、玄米の栄養価の高さが指摘されています。 

このため玄米の高い健康効果が国内外で評価されており、ついに玄米を含んだ「五穀米」がファミレスなどの大手外食チェーンでも提供されるほど人気が高まっています。 

 

■ 玄米の凄すぎる解毒作用 

玄米の胚芽の部分に含まれているフチン酸が身体を浄化することから、デトックス作用に大変すぐれています。 

このため玄米を主食にすると体内に蓄積されてしまう環境ホルモン、農薬、水銀といった毒を体の外に排出してくれます。 

玄米は硬いので、すぐに飲み込んでしまいがちですが、しっかり噛むことによって、唾液がたくさん出ます。その唾液が不要なミネラルと結びつくことによって、その吸収を抑えてくれる効果があります。 

 

■ 玄米の凄すぎる便秘解消効果 

玄米には、ビタミンやカルシウム、また、便秘に効く「食物繊維」が白米の数倍以上も含まれています。このため、玄米に含まれる食物繊維が腸内のぜんどう運動を活発化してくれるので、自然と便秘を解消してくれます。 

 

■ 玄米の凄すぎるダイエット効果 

玄米はダイエット効果も非常に優れています。その理由は消化に時間がかかるため吸収されにくいからでして、このため世界中でダイエットに効く食品として注目を集めています。 

また、玄米は白米とは比較にならないほど硬いので、より強く噛むことによって満腹感を感じやすいので、食べ過ぎを抑えてくれます。玄米を食べることを習慣化すると、自然と玄米食べると、一日を通して食欲が激減します。 

 

■ 玄米食の凄すぎる美肌効果 

玄米を食べることによって、美白、むくみの解消、老化防止、ダイエットなど、様々な美容と健康に関する効果が期待できます。 

また、玄米に豊富に含まれている「タンパク」は美肌に欠かせないコラーゲンの素になるため、玄米を食べ続ければ自然と肌がきめも細かくなります。また、次第にコラーゲンの生成される力が活発化するので、弾力性のあるプルプル美肌になります。 

玄米がすごいのはこれだけじゃありません。代謝が良くなりますので、お肌のターンオーバー(再生)がきちんと行なわれますし、毛穴自体がしっかり閉じるので、見た目に大きな差が生じます。 

玄米は抗酸化作用が優れているので、肌の劣化、老化も改善してくるので、本当にお肌が見違えるように生き生きしてきます。 

 

■ 玄米のアンチエイジング効果 

玄米の胚芽部分には、多量のビタミンEが含まれています。またぬかになる部分には、リノール酸も豊富に含まれているので、これらが血行をよくし、動脈硬化を防いでくれる優れた働きがあります。 

また、玄米に含まれるセレニウムという微量のミネラルは、白髪を防ぎ、髪を黒々と保つ作用があるなど、質の高いアンチエイジング効果が期待できます。 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放