玄米コーヒー                          小泉 沙耶


身体に良いものであることはもちろんですが、食べ物も飲み物も美味しくいただけるものであることがわたしは1番大切だと思っています。

オーガニックな生活をしてるというと、「ストイックに制限をしているんじゃないですか?わたしには無理!」と言われることもありますが、そんなことは全然ありません。

 

むしろ、美味しいものにたくさん出会えることができました。

わたしが、オーガニックな生活を始めて出会った玄米コーヒーもそのひとつ。

 

寒くて飲む量もどうしても減ってしまうこの季節、そして、花粉症が多く出る春前(冬のうち)から始めるのにぴったりな飲み物なんです!

原料は、シンプルに玄米のみです。

 

コーヒーと名前が付いているので、玄米入りのコーヒーなのと思ってしまいますが、玄米コーヒーは、玄米を黒くなるまで焙煎したもので、作り方や入れ方、その香ばしさなどから、“コーヒー”という名前がついたようです。

 

ノンカフェインで、お子様や妊婦さんはもちろん、お子様や妊婦さんに限らず、体調に合わせてカフェインを控える方も多くなってきているので、そんな方にも嬉しい飲み物です。

 

また、中国では、玄米を焙煎したもの『玄神』といい、古くから薬として健康に役立ててきた歴史があります。

 

コーヒーのあの芳醇なアロマには及ばないかもしれませんが、ふんわりホッとする香りがあり、香ばしいお茶のような、少し薄めの飲みやすいコーヒーのような味がします。

 

日本に古くから馴染みのある玄米から作られているからか、何の違和感もなくとても美味しくいただけます。

 

普段のお茶の代わりにも、食事中も、ティーブレイクのコーヒーや紅茶の代わりにもなる優れもの。

 

濃さも自分で調節できるので、好みの濃さを見つけてみてください。

ちなみに、わたしは普段飲みと食事中に飲むときは、薄め。スイーツなどと一緒にいただくときは濃いめにして飲んでいます。

 

ちょうど、去年の花粉症が酷い時期に玄米コーヒーを飲み始めたばかりなので、まだ自分の身体でその効果を確かめられていませんが、そのお声は多数あるようです。

 

わたしが玄米コーヒーを飲むようになって、すぐに身体に変化が現れたこと。

 

それは、トイレの回数が増えたことでした。

大も小もです。

 

むくみやすく、おしっこの回数が極端に少なかったわたしですが、トイレの回数も増えむくみにくい身体になってきました。

これは、玄米コーヒーには身体の老廃物を出してくれるデトックス効果があるからだと考えられます。

玄米には、イノシトールという成分があります。これは、肝臓を強めて老廃物を体外に排泄するという作用があります。

お気に入りの飲み物が見つかったおかげもあり、自然と水分を取る習慣もつきました。

 

そして、便秘が改善。

これは、玄米に豊富な食物繊維が含まれているためだと考えられます。

 

しかも、焙煎された玄米コーヒーは、玄米に比べて食物繊維が2倍になるんです。

実は私、きちんと発芽していない玄米を食べるとかなりの腹痛を伴う下痢をしてしまうんです。

もちろん、無農薬、無化学肥料、無施肥、自然栽培のものでもです。

 

そのため、玄米を毎日食べるという習慣がなかなかつけられませんでした。

 

でも、玄米コーヒーなら、手軽に玄米の恩恵をいただける!

とても嬉しい飲み物に出会えました。

 

お子様や玄米が苦手な方に、特におススメです。

 

また、肌の調子も良くなりました。

それもそのはず。

 

玄米は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

玄米を焙煎して玄米コーヒーにすることで、ビタミンやミネラルも増えるんです。

 

特にビタミンEが増えるのだとか。

 

ビタミンEは、アンチエイジングの代名詞とも言える美肌の成分のひとつですよね。

 

玄米コーヒーの効果とは?現代人にとって、必ず役に立ちます!

普通のコーヒーと甘いものの組み合わせは実は「極陰性」となるので危険です。

 

マクロビオティックには、食べ物を陰と陽と中庸にわけ、調和を取るように食事をするという考え方があります。

 

身体を温める食べ物は陽性、逆に冷やすものは陰性、その間が中庸です。

例えば、玄米は中庸、コーヒーは陰性、玄米コーヒーは陽性になります。

 

現代の食生活、特に冷え性や生理痛、月経前症候群に悩む女性は陰性のものに偏っている傾向があります。

 

甘いものと一緒にコーヒー、やっぱり美味しいですよね・・でもこれでは、極陰性になってしまい、症状は悪化する一方です。

 

いつものコーヒーを玄米コーヒーに変えるだけでも、身体にはきっと優しい選択です。

冷えや生理痛、月経前症候群も少し落ち着くかもしれませんよ。

 

フィチン酸には、ミネラルや放射線の中に含まれるストロンチウムと結合するキレート作用と排出作用がありますが、焙煎することにより、体に必要なミネラルではなく、不要な毒素が排出されるようになります。

有害なミネラルのみならずその他の公害物質と言われるものも排泄する働きがあります。

 

日本にもある放射線汚染の問題。

いよいよ人体にも影響が出てくるのでは・・・というお話をよく聞きます。

 

でも、生活環境を今すぐ変えたくても変えられない方も多いと思いますし、目に見えないものこそ、いきなりゼロにするというのはとても難しいことだと思います。

玄米コーヒーを飲むことで、目に見えないリスクを少しでも減らすことが出来ればいいですよね。

 

さらに、ガンマオリザノールという成分があります。

これは、神経の働きを強め、自律神経の調整にとても大切な成分です。

これにより、自律神経が良く働き内臓の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

 

慌ただしく毎日を送る現代人。

自然に合わせ、無理をせず、朝日を浴びて起きて、暗くなったら寝るというような生活を送っている方は、とても少ないと思います。

また、スマホやパソコン、テレビなどを常に見ている習慣がついているため、自律神経が乱れてしまいがちです。

 

自律神経の乱れは、様々な不調を引き起こす原因になります。

玄米コーヒーを飲むことで、そんな症状が少しでも抑えられたらいいですよね。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放