片頭痛に粉末ショウガ                    Dr. Mercola


味付けのためだけでなく、身体の諸症状にショウガを使うことは、その軌跡が数千年に及ぶ、伝統中国医学と同じくらい古いのです。

東インドアーユルヴェーダ医学が同様にショウガの医療における利用を行ってきています。

 

臨床試験によって、ハーブや野菜が、大昔に伝統的な薬の効能がうたわれたまさにその通りであることが確認されるようになった後の今日では、科学者たちが見直すようになった植物や植物由来の食品が多くあります。

 

根茎、つまりは根っこであるショウガが使われてきた利用法は、予防、治療および軽減することのできる不調や不均衡状態の観点から、間違いなく何百にも達します。

その最も重要な一つが吐き気です。

 

しかしながら、最も目覚ましいことの一つは、ショウガが吐き気が起きた際の効力が偏頭痛に利用されていることであり、これは、吐き気が起きた際の効能です。

臨床で、2800万人もの人が経験する偏頭痛が、頭の血管が極度に拡張する際に起こるということが明らかになっているように、もし知っていたなら、この情報が大勢の人の救済になったかもしれません。

偏頭痛は、頭が割れるような、物凄い痛みとなることがあります。

Migraine.comでは、以下のように伝えています:

 

「成人の13パーセントが偏頭痛を持ち、2から300万人が慢性的な発作に悩まされていると推定している偏頭痛の研究もあります。

また、ほぼ500万人の人が少なくとも1カ月に1回、偏頭痛が起きているのです。」

 

誰が初めに伝統的な植物由来の鎮痛という考え方を科学に伝えたのかは定かではありませんが、より効果的な治療はないかと困った時に、ある医師が ショウガ が偏頭痛の領域に役立つことがあるという噂を耳にしたのを思い出して話が出たのかもしれません。

Michael Greger博士の話です:

 

「ショウガは、まさしく安全な普通のスパイスであることから、(医師)は、自分の偏頭痛持ちの患者の一人に試してみるよう勧めたのです。

偏頭痛が襲ってくるときの最初の兆候で、患者は、小さじ4分の1の粉末ショウガを水に入れて混ぜて服用し、一息入れれば、30分以内に偏頭痛はなくなります。

そして、副作用もなく、毎回効果があるのです。」

 

事例証拠、臨床試験および商品

ある研究の一つで、粉末ショウガは、噂以上のものがあることが示されています。

スマトリプタン(イミトレックスのブランド名)として知られる数十億ドル規模の医薬品に対抗して打ち立てられた、あるランダム化二重盲検比較臨床試験は、世界で最も売れている偏頭痛治療薬の一つで有名です。

面白いことに、研究者たちは、素早く(約2時間以内)、効果的に効くのは、小さじ4分の1の粉末ショウガであることを発見しました。

 

驚いたことに、科学者たちはもう一度試しに、相当な服用量の薬と前回の半分量のショウガを比較してみました。

結果は同様で、どちらも効能があり、どちらも素早く作用しました。

軽度の痛みもしくは激痛を訴えた患者は、軽度の痛みも苦痛のいずれも最終的になくなりました。

 

このような症例報告は、科学的なものとは見做されず、よってほとんどの場合、医学界から差し引いて捉えられてしまいます。

医療関係者の中には、極めてまれなものとして軽視される人もある一方、実際には、臨床試験は、採算性がない限り実施の可能性が少ないのです。

2023年までに、偏頭痛市場は、37億円に達する勢いです。

Nutrition Factsの見方は、冷ややかです:

 

「問題は、誰が出資してくれるのかということです。

偏頭痛治療薬の市場は、数十億規模に値します。

小さじ4分の1杯の粉末ショウガは、1 ペニーほどしかかかりません。

ですから、ショウガを主要な偏頭痛治療薬に対抗させる臨床試験に誰が出資するかというのです。」

 

ショウガ対スマトリプタンおよびその他の処方薬

困難をものともせず、ショウガは、コンテストの勝者と見做すことができます。

スマトプリタンは、 胸やけ, 空間識失調、めまい、眠気などの副作用の連祷を伴うのに対し、ショウガは、数十億ドルも安価で、副作用もほとんどありません。

そうでした、致死もありましたね。

 

事実、スマトプリタン、つまりイミトレックスの副作用のリストは、慣れるのには長すぎ、かつ入り組んでいますが、Drug Libに自分のアカウントがある人は、そこでご覧になれるはずです。

Nutrition Factsは、更に次のように進言しています:

 

「小さじ8分の1杯のショウガは、処方薬の3000倍安価なだけでなく、治療薬を摂取した後で心臓発作が起きたとか、亡くなったとか、スマトプリタンのために起こった惨事を自分自身の症例報告として上げる羽目になってしまう可能性も少なくなるのです。」

 

このようなリスクにも関わらず、米食品医薬品局(FDA)は、2003年にスマトプリタンを承認し、 この決定は決して覆されることはありませんでした。

反対に、ショウガを処方した臨床試験参加者の約25人中の1人が胃のむかつきを訴えましたが、これは、たった大さじ1杯であり、空腹時に摂取したため、胃のむかつきを引き起こした人は、ほぼ誰もいなかった可能性がありました。

小さじ4分の1杯あるいはその半分であっても副作用が全くない、合理的でかつ効果的な量です。

 

スマトプリタン合併症

受難者が店頭販売治療薬(これは、一般的に ひどい偏頭痛には、役に立たない)を入手しない限り、医療関係者の大半から得た標準的な反応は、処方箋を患者に手渡すというものです。

Michael Murray博士が自身の健康ウェブサイトで次のように解説するところによると、一般的に、これはトプリタンのことです:

 

「これらの薬剤は、脳の中にある痛みの経路を遮断すると共に、血管を収縮させて作用します。

スマトプリタン(イミトレックス)は、最も長い実績があり、一番研究されているため、これらの薬剤の至適基準と見做されています。

スマトプリタンは、多くの患者の場合、ほぼ即座に鎮静作用がありますが、ほぼ40パーセントの人は、この薬剤を摂取してから24時間以内に頭痛が再発しています。

 

トプリタンのマイナーな副作用には、吐き気、めまい、眠気および筋力低下などがあります。

しかし、これらの薬物治療は、冠動脈攣縮、心臓発作、脳卒中、異常心拍や心因性発作など、もっと多くの重篤な副作用を引き起こすこともあるのです。」

 

Drugs.com では、スマトプリタンが頭痛の予防とはならず、もしなるとすれば、実際に偏頭痛を起こした場合に服用した時のみで、また、 群発頭痛の安全性については、確立されていません。

服用量は、50から100ミリグラム(mg)と幅がありますが、服用が高くなると「有害反応になる恐れが大きく」なります。

 

禁忌には、「軽度から中度の肝臓障害」、別名肝不全などがあり、以下の不調ならびに合併症を持つ人はもちろん、喫煙者、閉経後女性、40歳超の男性も含まれます:

 

 特定の頭痛薬の直近の使用

 モノアミン酸化酵素 (MAO)A阻害薬(うつ病用)との同時使用

 ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群と関連した不整脈、心臓副伝導路障害

 脳卒中もしくは一過性脳虚血発作(TIA)

 末梢血管病(もしくは動脈疾患)、および狭窄動脈

 虚血性大腸炎、別名虚血性腸炎

 治療抵抗性高血圧

 スマトプリタンに対する過敏症

 

最後の注意事項は、過去の使用のみ過敏性を警告するものであるため、興味深いです。

また、不整脈あるいは「致死につながる心室性頻拍および心室細動などの生命を脅かす心調律の障害および」脳溢血、てんかん発作、梗塞、疼痛、前胸部(心臓付近の胸部)、のど、首およびあごの圧迫および重苦しさの記述もあります。

 

吐き気および重篤な反応を含む、その他の精神状態変化、扇動、幻覚、昏睡、自律神経不安定(人事不省や高熱など)、神経筋異常(協調運動障害など)および、もしくは消化器症状に基づくセロトニン症候群もあります。

利用者は、これらの症状もしくはその他の症状があった場合は、使用を中止するよう指示があります。

 

更なるショウガの利点

ショウガは、偏頭痛に劇的な効果がありますが、それに留まりません。

ショウガは、唾液の流れを刺激するため、妊娠、 抗ガン剤治療、乗り物酔いや食べ合わせが悪い時など、数世紀、吐き気や嘔吐の治療(そして更にいいことに予防も)使われてきました。

ショウガは、腸内ガスの排出を促進することから、駆風薬として指定されており、腸管の緊張を解いて鎮静させる、鎮痙薬です。

 

ウコン およびカルダモンと同族植物であるショウガは、ケトン固有のスパイシーな芳香を放ち、最も多い有効成分となるのは、一番重要なギンゲロールです。

「Herbal Medicine: Biomolecular and Clinical Aspect(生薬:生体分子および臨床面)」(第2版)と呼ばれている、徹底した科学的な論文で再話された、古代の物語の最も参照されているのは、「The Amazing and Mighty Ginger」という章で、ショウガ次のトピックと歴史に関するものです:

 

「ショウガは、歴史が正式に記録される前から香味料として使用されていました。

これは貿易の極めて重要な品物であり、2000年超前にインドからローマ皇帝に輸出されており、ここでは、特にその薬効成分が重宝されました。

 

ショウガやその他のスパイス類の貿易は、アラブ系商人によって数世紀、支配されていました。

[13] 世紀および [14] 世紀になると、1ポンドのショウガの価値は、羊1匹と同等となりました。

中世までは、お菓子に使用できるプリザーブドタイプで輸入されていました。」

 

ショウガの取引は継続され、生、乾燥、砂糖漬け、飴掛け、酢漬け、プリザーブド、粉末および挽いたものなど、利用数は驚異的です。甘いとも呼べる、変わった風味があり、あらゆる焼き菓子、炒め物、そしてもちろんお茶にも良く合う、不思議に心地よいスパイシーさがあります。

 

抗炎症および天然の免疫システム効能促進剤として、ショウガは、無数の健康上のメリットを網羅します。

系統的に炎症を低減することから、体重および血糖値に肯定的な影響があり、 非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD)と呼ばれ、成人の最大40パーセントが罹患する、別の重篤な神経変性疾患の防止に役立ちます。

 

肥満 は、ショウガが対処してくれる別の問題で、ショウガに含まれるジンガロールが体脂肪を燃焼することが確認されており、これがメタボリック症候群に有効である理由の一つとなっています。

ショウガオールおよびパラドールなどの微量植物成分は、ジンガロールと協力して作用し、グルタチオンパーオキシダーゼ、グルタチオンS-転移酵素およびグルタチオン還元酵素により、大腸、胃腸、卵巣、肝臓、皮膚、乳ガンおよび前立腺ガンと闘う威力があると、研究の記述にも引用されています。

 

Migraine.com では、妊娠女性および胆石、炎症性腸疾患、および潰瘍のある人の場合、および血液希釈剤やその他の薬物治療を受けている人などは、あまりたくさんおよび長期に渡りショウガを摂取しないよう、提言しています。

服用に関しては、The Raw Food Worldは以下のように提言しています:

 

「何が最も良い摂取源であり、正確な服用量については、意見が未だ対立しています。

あるものは 、[小さじ]3分の1杯の粉末ショウガが要件を満たす[こと]を示しています。

また、あるものは、生のショウガの方が粉末よりも好ましく、にんにく絞り器を使うと、有力な天然絞り汁が確保できるとしています。」

 









          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放