爪と肝臓の関係                        霜崎 ひろみ


「マクロビオティック望診法(顔や体を見て、お疲れの臓器を予測する方法)」を使った食事相談で、「肝臓がお疲れのようですね。」と申し上げると、「お酒は一切飲みません!」とおっしゃる方がかなり多いのも事実。

でも、「肝臓」が分解しているのは、「アルコール」だけでしょうか

 

沈黙の臓器「肝臓」は何のためにあるのか

「肝臓」は、アルコールの他に、薬、そして、食品添加物なども分解、解毒しています。

それだけでなく、「肝臓」は、私たちの体に入った、糖質、たんぱく質、脂質を体が利用しやすい形に分解し、合成しています。

よって、アルコールだけでなく、日々の生活で、食品添加物をたくさん摂っていたり、何でも食べ過ぎていたりすると、必然的に「肝臓」は疲れてしまいます。

 

「沈黙の臓器」ともいわれる「肝臓」、東洋医学でも、「最も強い臓器」とされています。

「肝臓」がダメージを受けていても自覚症状がないことが多いため、突然「肝臓」の病が見つかるケースも少なくありません。

健康診断で肝機能数値の異常が見つかる前に、東洋医学やマクロビオティック「望診法(ぼうしんほう)」を使えば、未病のうちに対処することも可能なのです。

 

友人の〇〇が私に訴えてきたこと

波打った爪と、白い斑点のある爪・・・

 

先日、女子同窓会が開かれ、中には20年ぶりに会った友人もいました。

学生時代から20年ほど経っているとはいえ、皆、若々しく、変わらず、美しく、おしゃれで!

色とりどりのネイルアートが華を添えていました。

もちろん、ネイルアートをしていない友人もいましたが、その中で、2名の友人の「爪」が気になってしまい、まるで、この友人たちの「爪」が私に訴えかけているように感じました。

 

ひとりは、手の全ての「爪」が「波が打って」いて、もうひとりの友人の「爪」には、「白い斑点」がありました。

特に「爪」が「波打っている」友人が気になり、やんわりと「爪」のことを聞いてみたところ、「アトピーがひどく、夜に掻いてしまっているのではないかと思うの。」と困り顔。

「肝臓がお疲れじゃない?」と聞くと、「何でわかるの?!私、脂肪肝と言われてるの!」と、大変びっくりしていました。

 

 

では、なぜ私が、「爪」が「波打っている」ことで、「肝臓」の不調ということが予測できたのでしょうか

東洋医学・マクロビオティック『望診法(ぼうしんほう)』で体の中を透視する

東洋医学には、独自の診断法があります。

 

●『問診』

「どんな不調か」「いつから始まったのか」などを質問して情報収集する方法。

 

●『切診』

西洋医学の『触診』に近く、脈の強弱や速さ、お腹のやわらかさや張りをみる方法。

 

●『聞診』

声のトーンや強弱、さらに匂いで判断する方法。

 

●『望診(ぼうしん)』

体の外側を目で見て、体の内側の状態を予測する方法

 

私が、友人の「肝臓」の不調を予測したのは、この『望診(ぼうしん)』を使ったからなのです。

まさに、『体の内側が見えるメガネ』をかけてみた、とも言えるものですが、この『メガネ』、ドクターでなくとも、みなさんが少なからず、使っている『メガネ』です。

 

「顔色が悪いね、大丈夫」とか、「顔が赤いね、熱があるんじゃない」というように、普段から、家族や友人、そして、自分の体調を『目で見て予測』していますよね、これが『望診(ぼうしん)』です。

 

さらに、東洋医学では、どの「臓器」が不調なのかを関連づけ、そして、もう一歩進んで、『マクロビオティック望診法』では、不調と考えられる「臓器」が「どんな食べ物」で影響を受けてしまったのか、まで考えていきます。

 

東洋医学の基本『五行論』でみる「肝(臓)」と「爪」の関係

さて、話を「爪」で「肝(臓)」の不調を予測したことに戻しましょう。

この二つの関連とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

東洋医学の基本理論に『五行論』があります。

これは、自然界のあらゆるものを法則に基づいて、また、さらに『木、火、土、金、水』の5グループに分類しました。

 

木火土金水の性質 

木:真っすぐに、あるいは曲りながら伸びる。生長、発散。    

火:燃え上がる。熱い。

土:穀物を育て、生み出す。物事を生み、育てる。 

金:堅い、自由に形を変えられる。

水:下に向かって流れ、潤す。

 

上記の性質に従って、季節、色、味、そして、私たちの体(臓腑)も五行にあてはめて分類しました。

 

五行色体表

『木』→『春』『青』『酸味』『肝・胆』『爪』

『火』→『夏』『赤』『苦味』『心・小腸』『面色』

『土』→『晩夏(長夏)』『黄』『甘味』『脾・胃』『唇』

『金』→『秋』『白』『辛味』『肺・大腸』『毛』

『水』→『冬』『黒』『鹹味(塩辛い味)』『腎・膀胱』『髪』

 

すると、「爪」は、「肝」と同じグループに属していますから、「爪」に何らかのトラブルがあるときは、「肝」の不調を疑うということになるのです。

 

「爪」に出る主なサインでわかる体からの警告

●波打っている爪

食事の変化があったことが予測できます。

または、アンバランスな食事傾向も考えられます。小腸での栄養の吸収がうまく行われていない可能性もあります。

 

●縦筋がある爪

栄養のアンバランス、塩分の摂りすぎ、炭水化物の摂りすぎ、肉などの特定のたんぱく質の摂りすぎが考えられます。

また、体が乾いていても縦筋が入ることがあるため、年を取ってくると、縦筋が入りやすくなります。

 

●欠けている爪

 

食生活の乱れがあります。お菓子、パン、果物、砂糖などの糖分、アルコール、ジュース、薬、サプリメント、食品添加物などの摂りすぎが考えられます。

 

●白い斑点のある爪

 

お菓子、パン、果物、砂糖などの糖分の摂りすぎが考えられます。

都市伝説化している「爪の白い斑点は幸運の印」では決してありません!

通常は、手の爪は6か月で生え変わるため、どこに白い斑点があるかで、いつごろ糖分摂取が多かったか、または、体に響いたか、がわかります。

例えば、ちょうど真ん中あたりに白い斑点があれば、2~3か月前に、糖分の摂取が多かったことが予想できます。

 

●生え際の半月がない爪

 

体の新陳代謝が良くないことを示しています。

運動で汗を流すようにすると、徐々に半月が現れてきます。

 

『気』の通り道=経絡と内臓との関係

東洋医学では、私たちの体の中には、体を動かすエネルギーである『気』が流れていると考えます。

この『気』の流れる道を『経絡』と呼び、12の代表的な道があります。

それぞれ、担当する臓腑(内臓)があり、手の指に通っている6つの『経絡』は、下のように担当しています。

 

 

親指→肺経

人差し指→大腸経

中指→心包経(実体のない臓腑で、心を包んで守る役割と考えられている) 

    心臓、脳、中枢神経系などと深い関連性があります。

薬指→三焦経(実体のない臓腑で、消化吸収によってつくられた気・血・水を全身に巡らせる) 

    リンパやホルモンと深い関連性があります。

小指の内側(薬指側)→心経

小指の外側→小腸経

 

「爪」に出るサインと『経絡』との関係

上記のようなサインが「爪」に出たら、まずは「肝」の不調を考えますが、同時に、それぞれの経絡が担当する内臓の不調も疑います。

例えば、手の親指だけ縦筋が多ければ、「栄養のアンバンス」または「塩分の摂りすぎ」が「肺」に悪影響を与えてしまっていないかというように考えていきます。

 

「爪」に出るサインを読む

前述の「白い斑点」があった友人は、両手の中指、そして、爪のちょうど真ん中辺りに「白い斑点」がありました。

「白い斑点」は、「糖分の過剰摂取」が予測できます。

そして、「いつ糖分を多く摂ったか」というと、2~3ヶ月前。

「2~3ヶ月前に、甘い物を食べすぎなかった」と尋ねると、何と!家族3人の誕生日が9月で、バースディケーキに、頂き物のお菓子などなど、いつもより、大量に「糖分」摂ったということで、この友人も、大変びっくりしていました。

また、中指は、心包経なので、その「糖分過剰」が、心臓、脳、中枢神経系に響いてしまった、と予想できるのです。

 

食べ物で肝臓をいたわるとっておきの3つの方法

●方法1

「爪」にトラブルを見つけたら、まずは、原因となっているものをお休みしましょう。

それだけで、「肝(臓)」は楽に感じるでしょう。

手の爪は、約6か月で生え変わりますので、結果が出るまで、我慢が必要かもしれません。

しかし、爪の生え変わりを待たずして、体が軽く調子よく感じることも多いのです。

 

●方法2

前出の五行色体表では、「肝」と同じグループの味として「酸味」があげられています。

このことからもわかるように、「酸味」が「肝(臓)」の機能を調整してくれますので、「酸味」の食材をすすんで摂るようにしましょう。

「酸味」の代表食材:りんご、かんきつ類、酢 など

 *特に、動物性油脂を多く摂ってきた方には「酸味」が良く合います。

 

オススメの食材:オーガニックビネガー、無農薬りんご

また、「辛味」食材も、油脂の処理に役立ちます。

「辛味」の代表食材:大根、しょうが、にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら など

 

 

●方法3

*アルコールや糖分を多く摂ってきた方は、ミネラルを補給しましょう。

梅干し、海草、貝類、桜エビ、じゃこ などがおすすめです。

 

 

オススメの食材:有機梅干し

ミネラルが70種類以上含まれるオーガニック・フルボ酸

 

「マクロビオティック望診法」で、先手を打って、年末、疲れない「肝臓」で健やかに過ごせますように。

 

約1億年前の古代植物堆積層から自然のまま抽出した70種類以上の植物性ミネラル、オーガニックフルボ酸

ミネラルは体内で作られず、体内に蓄積することもできません。口から補うことが必要な成分です。

ミネラルは、鉱物にも含まれますが、粒子が大きく、吸収が困難です。

このオーガニックフルボ酸には、3つの特徴があるから、体に吸収しやすくなっています。

 

ナノサイズ

このオーガニックフルボ酸は赤血球の7000分の一というナノサイズだから、体にスムーズに取り込まれやすく、また、余分に吸収したミネラルは体外に排出されます。

 

キレート作用

フルボ酸はミネラルをイオン化し、体内に吸収されやすいかたちに変化させます。

有害ミネラルの排出、分解をサポートします。

 

マイナスイオン

フルボ酸はマイナスイオンを持ち、プラスイオンを受け取って中和するから抗酸化作用があります。

植物性ミネラルはキレート作用と、マイナスイオン化されたナノサイズ(10億分の1m)の大きさにより体内吸収率が98%と高くなっています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放