焼き里芋                           もり くみこ


里芋がいちばん美味しいと思います!

 

皮付きのまま丸ごと焼いて、つるんとむいて、美味しいオリーブオイルと岩塩をつけて食べる。

ほんっとーに、里芋本来の濃厚な甘みと、ねっとり感を満喫できる!

こどものおやつにも良し、白ワインのお供にも良し、

ちょっと感動ものの美味しさです!

 

1、里芋はよく洗って泥を落とす。

  皮つきのまま耐熱容器に並べ、その上にアルミホイルをかぶせてふたをする。

 

2、200度に予熱したオーブンで45~60分ほど焼く。

 (里芋を指で押してみて柔らかくなっていれば焼き上がり。)

 

3、温かいうちにつるんと皮をむいて、新鮮なオリーブオイルと岩塩をつけていただきます。

 

味噌とオリーブオイルをつけて食べても美味ですよ。

 

 

オーブンのスイッチを押して、子供を公園に連れて行って、帰ってきた頃には焼きたてアツアツが食べられます。

(もちろんさつまいもで作る「焼き芋」もいつもこうやって作っています。

ふかし芋よりオーブン焼き芋のほうが断然さつまいもがねっとり甘?くなりますよ!

これはやってみないと分からない美味しさです!)。

 

子供にはチョコやスナック菓子よりこんなおやつがちょうどいいね。

 

西洋から渡ってきたサツマイモやじゃがいもは、日本での歴史は浅いですが、里芋は縄文時代から食べられていた日本のスーパーフード。

 

まさに日本人の腸に合ったお芋といえます。

 

里芋のぬめり成分ムチンは、

動物性たんぱく質や糖質の解毒・分解を促し、お腹の調子を整え、胃腸の粘膜を強くし、ウィルスや細菌から身を守る免疫機能を高めます。

 

もうひとつのぬめり成分ガラクタンは、脳細胞を活性化させる働きがあります。

消化も非常に良いので、下痢・便秘、両方の不調に効果があるんですよ。

 

そして意外にも里芋には「植物性たんぱく質」もしっかりと含まれています。

 

 

オリーブオイルのオレイン酸は腸の働き(蠕動運動)を活溌にし、便秘を解消してくれる優れもの。

まさに里芋とオリーブオイル、腸内環境を良くする相乗効果ですね。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放