涙はストレスを解消させる


感動して泣く、悲しくて泣くなど、感情の表現として涙を流すことができるのは人間だけにある行為。

泣くことでストレスが無くなる、眠りやすくなるという。

 

涙を流すことがうつ病の予防や緩和に役立つと考えています。

うつ気味の人は、自律神経の切り替えがうまくいかず、前頭前野の機能が低下していると考えられます。

 

涙には、3種類があると言われています。

眼の角膜が乾燥しないために出る「基礎分泌の涙」、ゴミやタマネギの汁で角膜が傷むのを防護するために出る「反射の涙」があり、これらの涙はストレス解消には効きません。

 

もうひとつの悲しいときや感動したときに流れる「情動の涙」に高い抗ストレス効果があります。

中でも他者への共感から生まれる「感動の涙」には、緊張、不安、敵意などのネガティブな気分を解消させる効果があることが分かっています。

 

人は何かに感動し涙を流すとき、内側前頭前野で血流増加が起こります。それが自律神経に働きかけ、緊張やストレスに関係する交感神経から脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わります。

 

もう少し専門的に言うと、前頭前野が激しく興奮し、その信号が下行性の司令となって脳幹の上唾液核に入力され、その際に副交感神経の活動亢進(こうしん)が起こるのです。それが涙腺から大量の涙を分泌させます。

 

交感神経と副交感神経が、一定のバランスを保ちながら働くことで精神的な健康が保たれるのですが、ストレス社会に生きる私たちの体内では、交感神経の働きが過度に高まり、その状態が持続しがちです。

 

心身がリラックスするべき時間帯や場所でも、うまく切り替えができず、ストレスを受け続けている。この状態が不眠や抑うつ状態などを招く要因につながることは多くの人が指摘しています。

 

涙には、睡眠と同じ副交感神経への切り替え作用がありますので、動画や音楽による「涙活」により短時間で泣くことができたら、それで副交感神経への切り替えができ、スピーディーにストレス解消効果が得られます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放